Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

Football Manager 2019 - チェルシーで長期政権を築きたい Ep. 9 第2節 エバートン戦

そんなわけで開幕戦はレスター相手に3-0の勝利。

暫定1位…かと思ったがマンCがボーンマスを4-1で破壊。結局総得点の差で、そのまま1位にマンCが入った

f:id:tommy______m:20181210135333p:plain

 

そういえばシーズンチケットは25,000枚売れたようだ。何より何より。

f:id:tommy______m:20181210135339p:plain

 

そしてU-18の試合があったようだが無事勝利。

f:id:tommy______m:20181210135343p:plain

 

そしてエバートンのスカウト・レポート。

4-2-3-1の今のフォーメーションではチャンスをよく作れており、特に相手が4-3-3の場合は、その傾向がより強いようだ。

一方で4-4-2に対しては弱いようだが…もちろんフォーメーションを変える気は無い。なぜならチェルシーだから。

マンCだろうが、来年以降レアルやバルサ、PSGと当たることになろうが、フォーメーションを変えたり戦術を大胆に変えたりして戦うつもりはない。なぜならチェルシーだから。

f:id:tommy______m:20181210135347p:plain

 

…そういえば今週は守備中心の練習のようだ。

f:id:tommy______m:20181210135943p:plain

 

個別トレーニングの調整。若手選手は何人か新しいポジションの練習をしたり。

どうもアントニオ・リュディガーはロングパスが苦手?なようで、個別トレーニングでそのセッションを追加することに。

あとはコーチの担当領域が多すぎるらしいのでいくつか削るようアドバイスが。

f:id:tommy______m:20181210135947p:plain

 

第1節の締めくくりはリバプール vs. ブライトン。無事リバプールが2-0で勝利。ギリギリ得失点差で2位キープ。マンCの一強か、マンC・リバプールの二強に見えるものの、ビッグ6のとこが勝つかわからないし、それゆえに、ビッグ6との戦いでポイントをしっかり取ることも、格下にあたるチームとの戦いで取りこぼさないことも、いずれも大事になるだろう。休める試合なんてなかなかないのが、苦しいところではあるが…

f:id:tommy______m:20181210135952p:plain

 

そして今週のベストイレブン…には誰も選ばれず。残念。

f:id:tommy______m:20181210135958p:plain

 

センターバックのマイケル・ヘクターがローン先のシェフィールドで3か月の長期離脱。にしても、26歳かぁ、ちょっとローンから戻ってきても…感あるなぁ。

f:id:tommy______m:20181210140003p:plain

 

そして18歳・若手右サイドバックのデュジョン・スターリングも、ウェイトトレーニング中の怪我で、5-6週間の離脱に。

f:id:tommy______m:20181210140435p:plain

 

そしてひっそりとモーゼスが代表引退。37試合12ゴールはまぁ立派だよね。。。

f:id:tommy______m:20181210140438p:plain

 

そういえば「調整不足の選手はU-23チームに出してもええで」ということなので、カンテやアザールら主力選手には調整目的で、20分~45分程U-23の試合に出てもらうことにする。

f:id:tommy______m:20181210140442p:plain

 

そしてエバートンの前戦レポート。

バーンリーを2-0で撃破していたようだが、ポゼッションは48%-52%で劣勢。シュートも11-10とわずかに押した程度。基本的には中央突破のチームなようだ。

f:id:tommy______m:20181210140445p:plain

 

そして気づいたらシンジ・オカザキが移籍している。£4.7Mで週給£34,000での移籍。静岡バレーナとかいう謎のクラブに移籍金の2.5%が行くことになっている。ライセンスの生々しい問題を感じる。

f:id:tommy______m:20181210140449p:plain

 

そして試合の予測記事。オッズはエバートンの勝利が13-8、引き分けが2-1、チェルシー勝利が6-4

わずかながらチェルシーが優勢にみられているようだ。チェルシーからローンで出ているクル・ズマが出場不可能なのが大きいかな?個人的には期待していた選手なので復活に期待したいのだが、このシリーズではどうなるかなあ…

f:id:tommy______m:20181210140900p:plain

 

…しかしチェルシーも、ダビド・ルイスが試合直前に怪我。これはヒヤリとする。

f:id:tommy______m:20181210140904p:plain

 

そして第2節はリバプールとマンUという激戦から始まる。前節はアウェイでのトッテナム戦に敗れたマンUが、ホームでリバプールを撃破。

史実では未だ無敗のリバプールが第2節で敗れるあたり、混戦のにおいがするぜ。

f:id:tommy______m:20181210140907p:plain

 

U-23はアーセナルとの戦い。2-1で辛うじて撃破

アザール・ケーヒルが調整目的で出場したが、活躍したのはゴールを決めたルーク・マッコーミックと、MoMのイーサン・アンパドゥなようだ。

f:id:tommy______m:20181210140913p:plain

 

ジョルジーニョが相変わらずトレーニングで好調。

f:id:tommy______m:20181210140917p:plain

 

そして週末へ。

強豪同士の激突は、すでに終わったマンU・リバプールくらいか。

f:id:tommy______m:20181210141749p:plain

 

そして試合前の訓示のお時間。

前週に続きペナルティエリア内での動きは高評価な一方で、ロングシュートが相変わらず決まらないみたい。

f:id:tommy______m:20181210141754p:plain

 

まぁ訓示はゾラ様に託すんですけどね。
リュディガーには「ポジションから外れすぎるなよ」、ケパには「もっとリスク取って積極的に行け」とのこと。

f:id:tommy______m:20181210141757p:plain

 

そしてアーセナルとはU-18でも対戦した模様。こちらは0-0の同点。

f:id:tommy______m:20181210141801p:plain

 

結局ダビド・ルイスは試合には間に合うようだ。

f:id:tommy______m:20181210142153p:plain

 

マンCがニューカッスルを5-1で破壊し、アーセナルも順調に勝利を収める中で、エバートン対チェルシーは少し遅い時間の開始。

f:id:tommy______m:20181210142158p:plain

 

ホームのエバートンが青いユニフォームでチェルシーはアウェイユニフォームの黄色。

よく見たらカーディフ・シティが開幕2連勝なようだ。

f:id:tommy______m:20181210142204p:plain

 

スタメンは前節と同じ。アザールはまだフィットネスが72%なのでスタメンにするにはちょっと微妙かな…

f:id:tommy______m:20181210142211p:plain

先制点はなんとかチェルシー。モラタが2戦連続ゴール60%近いポゼッションは保っており、シュート数も圧倒していたが、1点勝ち越すのがやっとなようだ…

ペドロがアタッキングサードに持っていくときにいい動きしているものの、ポゼッション失いがち。リュディガーが最終ラインでうまくボールを奪えているとの評価。ちょっとジョルジーニョのミスが目立つようだが…

f:id:tommy______m:20181210142217p:plain

後半は、89分にカンテのゴール。試合終了間際に1点返されたが結局カンテのゴールが大きく、2-1で勝利。後半はエバートンがうまく調整してきたようで、若干押し返されたが、何とか逃げ切れた形に。前半はよかったペドロの動きが、後半は悪かった気がする。2点目を決めたカンテがMoM

f:id:tommy______m:20181210142758p:plain

こうやってみると、チェルシーの攻撃は、だいぶ右サイド中心だった。アザール入らないとこの辺のバランスがだいぶ変わるのかな。

f:id:tommy______m:20181210142807p:plain

クロスが全く決まらなかったし、ジョルジーニョはミス5回というのが目立っているが、総じてパスをうまくまわしているし、サイドバックや中盤の運動量が光る。

f:id:tommy______m:20181210142815p:plain

ゾラ様「ジョルジーニョは言語の問題抱えてそうだぞ」

ぼく「せやな… (イタリア代表だからイタリア語?ブラジル生まれだからポルトガル語?)」

ゾラ様「セットプレーの守備練習しないとな」

ぼく「そうですね… (あれ先週もそれ言ってたけど練習メニュー全く変わってなくね?)」

f:id:tommy______m:20181210142824p:plain

それにしても、エバートンのタックル数が尋常じゃない。なんだよチェルシーの18に対して41って…
パス数はチェルシー361に対してエバートン302。いずれも多いなぁ。

f:id:tommy______m:20181210142832p:plain

結局この勝利でなんとか2位キープ。

f:id:tommy______m:20181210143212p:plain

f:id:tommy______m:20181210143218p:plain

MoMのカンテはやはりニュースにも取り上げられた。よく見ると、総走行距離13.7kmというとてつもない運動量

f:id:tommy______m:20181210143300p:plain

カンテのゴールと運動量がMoMを勝ちとり、ウィリアンは2アシストで7.7、モラタも先制ゴールで7.1。それ以外は6点台とちょっと微妙。

特にペドロは、「定期的にゴールを脅かすことができなかった結果、存在感のうすいゲームとなった」という酷評。

f:id:tommy______m:20181210143305p:plain

 最終的にフラムがサウサンプトンを2-0で下したところで2節が終了。フラムも開幕2連勝を飾ったようだ。

f:id:tommy______m:20181210145447p:plain

 

そんなわけで、他チームに食らいつくように開幕2連勝。第3節以降、どこまでいけるか。やはり、史実とはスケジュールが異なるとはいえ、サッリ監督のように開幕12戦無敗くらいはいけたら嬉しいなあ。

 

Football Manager 2019 - チェルシーで長期政権を築きたい Ep. 8 開幕編

そんなわけでコミュニティ・シールドは1-2で負けてしまったが、セットプレーが課題というのが見えただけでもよかった気がする。開幕してから穴が見えるのでは遅いしね…

 

開幕戦は史実とは異なり、ホームにレスターを迎え入れての一戦

チームとしての統率力も高くスルーボールに要注意。一方でクロスや左サイドに弱点という要旨。

f:id:tommy______m:20181209003007p:plain

 

チェルシーは、コバチッチが試合直前まで復帰できないようだ。ウィリアンは無事復帰。

f:id:tommy______m:20181209003012p:plain

 

にしても試合した直後だからか、W杯休暇から復帰したての選手が多いからか、故障リスク高めの人が多い

f:id:tommy______m:20181209003016p:plain

 

送られてくる選手の成長アドバイスレポート。どうやら選手たちとの関係は良好といえるようだ。

f:id:tommy______m:20181209003020p:plain

 

しれっとポール・ポグバがマンUと大型契約。週給£300kの総計£81Mなようだ…

f:id:tommy______m:20181209003523p:plain

 

レスターの前戦レポートが来た。ポゼッションは64%-36%で圧倒相手にシュートを打たせないくらい圧倒しているのだがこれはレスターが格下相手に戦ったと見ていいよね…参考にはあまりならんかなあ…

f:id:tommy______m:20181209003526p:plain

 

スカウトの選手にコンチネンタル・プロ・ライセンス取得コースに行ってきてもらう…予定なのだが経費全部自腹ってどんなブラック企業やねん。そんなもんなのか?

f:id:tommy______m:20181209003530p:plain

 

そして移籍市場も終わり、ドルトムントからマンCへユリアン・ヴァイグルが、FIFA19でも注目の選手となっていたマタイス・デ・リフトがアーセナルへ移籍。ちょっとくらいはネームバリューのある若手を取りに行けばよかった気もするが…それは冬にでもやろう。

f:id:tommy______m:20181209003533p:plain

 

レスター戦のプレビュー。

オッズはチェルシー勝利が4-6で引き分けが9-4、レスター勝利が7-2。チェルシーが優位の予想はまあこんなもんか。
レスターの離脱選手が多いように思うが、だからこそ、こぼせない一戦になりそう。

f:id:tommy______m:20181209003538p:plain

 

記者「最初の一戦で勢いに乗ることも大事だよね。 自信はあるかい?」

ぼく「チームはよくなってきているし、そうなると信じているよ(意訳」

ペドロ、ダビド・ルイス、モーゼス「お、ええこと言うやん」

f:id:tommy______m:20181209003641p:plain

 

そういえばアザールの友人を連れてくる約束の期限が、今シーズン中ではなく、今回の移籍市場中だった。。。

アザールさん激おこ。でも諸悪の根源はアザール弟の代理人なんだよなあ。

f:id:tommy______m:20181209003646p:plain

そしてそれをすっぱ抜かれる。

f:id:tommy______m:20181209003650p:plain

SNSも「なんとかするしかない」「なんとかなってほしい」の嵐。

f:id:tommy______m:20181209003655p:plain

記者「アザールからの信用を失っていて、チェルシーを出ようとしていると噂になっているが、どうするか考えはあるかい?」

ぼく「今の状況は誰もしないから、解決しようと全力を注ぐよ」

アザール「せやな」

…多少機嫌を直してくれたようでよかった。

f:id:tommy______m:20181209003852p:plain

そして開幕週のトレーニング結果。サッリ・ボールの申し子、ジョルジーニョも徐々に上げてきているか。

f:id:tommy______m:20181209003856p:plain

 

シーズンの目標おさらいメールが来た。

シーズン前の目標設定「EL優勝する」「プレミアリーグ優勝する」「FAカップ優勝する」「カラバオ・カップはどうでもいい」というのが今更重くなってきた…

f:id:tommy______m:20181209005039p:plain

 

プレミアリーグは、トッテナムとマンUが開幕戦から激突するスケジュールに。

f:id:tommy______m:20181209005042p:plain

 

そして試合前の戦術指示のリマインダー。最近の戦いぶりだと、相手のペナルティエリア内でいい動きができている一方で、ロングシュートの精度が要改善みたいだ。

f:id:tommy______m:20181209005046p:plain

…というのは分かったうえでゾラ様に訓示を投げる。

(レスターが左サイドが弱いので) 右サイドから攻めてケパはもっとリスクを取って積極的に行こう、という指示。

f:id:tommy______m:20181209005049p:plain

「あと1年でホームグロウン」という若手選手のリストが送られてきた。
さて、彼らのうち何人が今後チェルシーで活躍してくれるかな…

f:id:tommy______m:20181209005051p:plain

ウィリアンとコバチッチの両選手がコンディション不良気味。まぁ100%じゃない、というだけで、試合には「要注意」で出れるようだが…

f:id:tommy______m:20181209005138p:plain

いきなりのビッグマッチは、トッテナムがマンUを下し、史実では苦しむフラムがニューカッスルを下す展開。さて、この日の最終戦はチェルシーの試合だが…

f:id:tommy______m:20181209005142p:plain

ホームのチェルシーが青いユニフォーム、アウェイのレスターが黒いユニフォーム。4人ほど「出場できるか怪しい」となっているレスターにつけこみたい。

f:id:tommy______m:20181209005147p:plain

スタメンは、史実通りのメンバーに。

後ろからGK: ケパ、DF: アスピリクエタ、リュディガー、ダビド・ルイス、マルコス・アロンソ、MF: ジョルジーニョ、カンテ、バークリー、FW: ペドロ、モラタ、ウィリアン。アザールはW杯休暇から復帰してぶっつけ本番になるので、格下チームとなる相手には、しばらくは史実通り温存

カンテも同じくW杯休暇から復帰してぶっつけ本番だが、ボールを奪える中盤はおらず、やっぱり必要不可欠だと思ったので強行。怪我しないことを祈る。

f:id:tommy______m:20181209005219p:plain

 

…はい先制。

序盤は相手にポゼッションを握られ気味だったが、見事巻き返し、ウィリアンとバークリーにゴールが飛び出した。

レスター、チェルシーともども、ボールを握っても相手陣地で支配できずに終わった前半なようだが、相手PA内での動きの良さは健在だったようで、それが2-0につながったか。あとは、「大事なエリアでファールを献上しない」メリハリの良さも高評価。

f:id:tommy______m:20181209005225p:plain

そのまま後半にモラタのゴールもあり3-0で大勝。アロンソがタックル成功率100%だったこともあり、7.9と高評価。後半はシュート数8本-2本、レスターに枠内シュートを打たせない圧倒ぶりを発揮した。

ただしポゼッションは45%-55%と劣勢。

f:id:tommy______m:20181209005236p:plain

こうやって見るとチェルシーが最終的には押し気味だったといえるか。

ポゼッションは握っていたレスターだが、自陣内でのボール回しに終始していた形か。

f:id:tommy______m:20181209005246p:plain

こうやって見るとダビド・ルイスにミスが多かったか。パスの質がちょっと悪い。

f:id:tommy______m:20181209005255p:plain

ゾラ様「今後はセットプレー時の守備もちゃんと練習しないとな」

ぼく「ぐうの音も出ない」

ゾラ様「イージーパスのミスが多いぞ」

ぼく「すみません」

ゾラ様「でもセットプレーからの攻撃練習しといてよかったな、ウィリアンの1ゴール目もセットプレーだしな」

ぼく「よかったです」

f:id:tommy______m:20181209005319p:plain

あと、「ジョルジーニョがプレスそこまで慣れてない」ってどういうことなんだろうか。ナポリの戦術に寄せきれてないんだろうか。

 

こうやって見るとパスの数字は完全にレスターが上回っている。パス573本中431本成功ってチェルシーが出すべき数字なんだけどなぁ…

f:id:tommy______m:20181209005327p:plain

よく見たらケパ以外は7点台。まぁ悪くない。

f:id:tommy______m:20181209005335p:plain

 

パスの本数が今一つ多くないということは、今一つジョルジーニョが絡んでいないのか、最終ラインからのロングパス中心になっているのか。

一方でカンテがチーム最多のパス成功回数とタックル回数で大活躍。これはぶっつけ本番でも結果オーライだったようだ。

f:id:tommy______m:20181209005343p:plain

 

そんなわけで得失点差で1位スタート。一応。おそらくマンC・リバプールの結果次第だけど…

f:id:tommy______m:20181209005355p:plain

f:id:tommy______m:20181209005428p:plain

f:id:tommy______m:20181209005433p:plain

 

そういえばダビド・ルイスがチェルシーでのリーグ戦125試合目らしい。記者会見で「偉大な数字だし、どれだけチームに貢献してきてくれたかを示しているよね」と言ったらルイス様もご機嫌になってくれたようだ。

f:id:tommy______m:20181209005437p:plain

MoMはアロンソだったようだ。ケパがチーム最低点だったが、それでも「堅実な動きで完封に貢献」とある。要は非の打ち所がない完璧な開幕戦になったと言ってもいいくらいだろう。

f:id:tommy______m:20181209005441p:plain

 

総じて、いい開幕戦になったのではないだろうか?さて、第2節以降もこの勢いが続いていくことを願おう。 

Football Manager 2019 - チェルシーで長期政権を築きたい Ep. 7 ついにコミュニティ・シールド編

そんなわけでプレシーズンも終わり、ついにコミュニティ・シールドから、シーズン本番が始まっていく。

 

そんなコミュニティ・シールドを控えた練習では、ロス・バークリーが絶好調だったようだ。 プレシーズンの練習は、だいぶ調整メインだったが、4-3-3の習熟度もだいぶ上がってきている

f:id:tommy______m:20181208021003p:plain

 

試合前に、マンCの前戦レポートが来る。

アトレティコ相手にポゼッションもシュートも圧倒しながら、1-0で勝利やっぱりマンCは強い

アトレティコに71-29でポゼッション圧倒できるのは半端ないって…逆によくアトレティコが1失点で耐えたな、ってレベル。
f:id:tommy______m:20181208020910p:plain

 

試合前の戦術指示こうしたら?というアドバイス。もっと守備に集中したら?だそうだ。まぁごもっともだよね…

f:id:tommy______m:20181208020916p:plain

 

「ウェンブリー・スタジアムでのコミュニティ・シールドでシーズンが始まる。ファンも、スタジアムも待ちきれないぜ!」的な。いやこっちは緊張してるわ

f:id:tommy______m:20181208020921p:plain

 

そしてもちろんとみー監督は公式戦初采配となる。

f:id:tommy______m:20181208020927p:plain

 

オッズはマンCの勝利が6/4、引き分け2/1、チェルシー勝利が13/6。意外と競っている。

クラウディオ・ブラーボがアキレス腱の損傷で離脱、アグエロも際どいところらしい。この辺がどう影響してくるか。

f:id:tommy______m:20181208020932p:plain

 

コーチ「いやだから4-3-3以外も練習したほうがいいっすよ」

ぼく「うるせええええええ」(n度目

f:id:tommy______m:20181208021019p:plain

 

そして試合も近づく頃のソーシャル・フィード。最近は割愛していたが…

ウィリアンが怪我

 

…え?

 

「(試合直前だが) 練習でウィリアンがケガ

 

チェルシーファンや公式の「勝つしかないぜ!」という書き込みに並んで怪我の投稿がいるのがなお悲しい。

ウィングをペドロ・ウィリアンで固める予定が完全に崩れた

f:id:tommy______m:20181208021024p:plain

 

不幸中の幸いで、1日~2日で戻ってくるので、開幕戦は大丈夫だろう。

f:id:tommy______m:20181208021030p:plain

 

プレシーズンはずっと4-2-3-1のチームが多かったが、ここで4-3-3のチームが登場。大ボスがいきなり初見のフォーメーションとか最悪だわ…

f:id:tommy______m:20181208021035p:plain

 

試合前の訓示はまたもゾラ様に託していく。

f:id:tommy______m:20181208021057p:plain

 

ペドロ・ザッパコスタは、問題なく出場可能。ウィリアン・アンパドゥ・ハドソン=オドイの3名は要注意という診察結果でいざ試合へ。

(ウィリアンはコミュニティ・シールドで怪我されて長期離脱されるのが一番困るので、スタメンで出すつもりはないのだけど…)

f:id:tommy______m:20181208021100p:plain

 

そんなわけでウェンブリーでの試合へ。

マンCがホームの水色のユニフォーム、チェルシーは黄色のユニフォーム。

f:id:tommy______m:20181208021106p:plain

 

結局ジルー・カンテ・アザールの主力3名は、W杯もあり最後まで合流せず。それを除けばベストメンバーだろう。

ケパがGK、右からアスピリクエタ、リュディガー、ダビド・ルイス、マルコス・アロンソのディフェンス、中盤にはジョルジーニョ・コバチッチと、カンテのポジションにセスク。
パスを散らすタイプ、という意味ではジョルジーニョとセスクが完全にかぶっているのだがまぁ気にしない。

前線はアザール不在でペドロとウィリアン…と言いたかったのだがやはりリスクは取れない。ウィリアンを入れるつもりだったウィングの片方には、モーゼスを入れて勝負

モラタを下げてジルーを入れて、前線のプレースタイルを少し変えて…というのができないのがどう出るか。 

f:id:tommy______m:20181208021113p:plain

開始21分にコバチッチが叩き込んで、先制したのはチェルシーだったのだが、セットプレーから2連続で失点。結局1-2でハーフタイムを迎える。

開始直後はポゼッションを圧倒されていたのだが、最終的には盛り返している。
とはいえ、シュート数は3-6で圧倒されたし、特にチェルシーの枠内シュートが1本で終わっているあたり、やはりマンC半端ないって…

f:id:tommy______m:20181208021120p:plain

あまり試合の数字とかは見てきてなかったのだが、FMもなかなかに充実しているようだ。

f:id:tommy______m:20181208021355p:plain

ジョルジーニョはパス42本試行とチーム最多だが、成功率が69%と著しく低い。FIFAのときは、ショートパスをつなぎまくっていたのもあるが、95%以上がデフォルトだったのに…

f:id:tommy______m:20181208021404p:plain

ポゼッション・マップ。マンCの前節レポート (アトレティコとの試合) では、だいぶ赤いゾーンが多かったゆえ、赤いゾーンがない今回は、お互いにボールを握り切れていないのがよくわかる。

というか、よく見たらコバチッチが軽度の怪我をしているではないか。

f:id:tommy______m:20181208021413p:plain

ジョルジーニョのミス4回とか、モラタの真っ赤っかな感じが気になるが…よく見たらチャンスに絡めずヘディングは勝てず…というところか。てかデ・ブライネがいねぇ

f:id:tommy______m:20181208021423p:plain

こうやってゾラ様のコメントを見ているとチームの課題が浮き彫りになるなあ。

・試合前

 → コバチッチをチームになじませるためにもっとプレー時間を与えるべき

 → ジョルジーニョには言葉の壁がある

・試合中

 → ジョルジーニョのミスが多い

 → シュートは打てているが枠外が多すぎて脅威になっていない

 → セットプレーからチャンスを与えすぎている。練習しないとだめだ。

 → コバチッチ怪我してる。とりあえず医療チームで何とかできると思うけど…

・試合内容

 → ロングパス失敗しすぎ

・戦術

 → コバチッチはもっとダイレクトに攻撃に絡む方が得意だ

 → ジョルジーニョはそんなにプレスする戦術を得意としない

 

…ぼく「ナポリの戦術に合わせたはずなんだけど。。。さいご。。。」

f:id:tommy______m:20181208021432p:plain

 

…結局負けた!!

唯一のゴールに絡んだコバチッチとペドロ以外は、だいたいが6点台中盤と総じて低調。まだ戦術になじめていないというのが実情なんだろうか…

とはいえ、お互い主力不在ながらも、マンC相手にポゼッションもイーブン、後半の巻き返しでシュート数は若干優位という結果になったのは、収穫ではあるか。

f:id:tommy______m:20181208021517p:plain

ポゼッション・マップ。なんとなくお互いに攻め切れていない感じ。

f:id:tommy______m:20181208021530p:plain

後半はややリュディガーにミスが目立ったか。

f:id:tommy______m:20181208021539p:plain

相変わらずスタッツは充実している。これといった感想が思いついていないが。。。

f:id:tommy______m:20181208021548p:plain

f:id:tommy______m:20181208021558p:plain

f:id:tommy______m:20181208021619p:plain

そんなわけで、コミュニティ・シールドで歓喜したのはマンチェスター・シティ。やはりプレミアリーグは彼らを倒さないといけないなぁ。

f:id:tommy______m:20181208021626p:plain

f:id:tommy______m:20181208021632p:plain

…やはりカップ戦は注目度が高いのか、複数記事出回るよな。

 

そして試合中にケガをしたコバチッチは、3~4日の離脱とのこと。まぁ開幕戦間に合うし…

f:id:tommy______m:20181208021638p:plain

 

ちゃっかりジョルジーニョとケパはチェルシーデビュー。おめでたい。

f:id:tommy______m:20181208021644p:plain

 

そして開幕戦に向けてのトレーニングが始まる。

f:id:tommy______m:20181208021655p:plain

 

「キャプテンを決めろ!」と言われたので、とりあえず史実通りキャプテン・ケーヒル、副将・アスピリクエタに。

f:id:tommy______m:20181208021701p:plain

 

試合後の分析図。チェルシー唯一のゴールをアシストしたこともそうだが、13.4kmという走行距離も高評価だったようだ。アザールも開幕でぶっつけ本番になるので、アザールはベンチスタートのウィリアン・ペドロのウィングという、今日やりたかったスタメンでいい気がするなぁ。

f:id:tommy______m:20181208021706p:plain

 

そんなわけで、勝ちたかったけどコミュニティ・シールドは敗戦。とはいえエフェクト全開だったFIFAよりはよっぽどリアルな着地。

次回からはついにプレミアリーグ開幕!2~3試合まとめて進めていこうかな。

Football Manager 2019 - チェルシーで長期政権を築きたい Ep. 6

昨日は一休みしたが、粛々とFootball Managerシリーズも続いていく。

プレシーズンはよかったり点が入らなかったり、そもそも選手が揃わなかったりと色々あるが、もうそろそろプレシーズンの終わりと、コミュニティ・シールドが見えてくるころだ。

 

…ちなむとプレミアリーグの得点王予想は今年もモハメド・サラー一体なぜチェルシーはこの逸材を手放したのか。永遠の謎である。

f:id:tommy______m:20181207174131p:plain

 

シーズンチケットは順調に売れ続ける。

f:id:tommy______m:20181207174229p:plain

 

そして次節のサンプドリア戦のスカウト・レポートが来た。

f:id:tommy______m:20181207174240p:plain

 

というか練習スケジュール見たら、サンプドリア戦があって、中2日でインテル戦があって、中1日でコミュニティ・シールドか。これはきついな。

f:id:tommy______m:20181207174247p:plain

インテル戦は完全に捨てることを決意した。

 

そして、プレミアリーグの最優秀選手予想は、モハメド・サラーケビン・デ・ブライネアザールとチェルシーが1〜3位を独占。(現実逃避

f:id:tommy______m:20181207174257p:plain

 

サンプドリアの、前戦のマッチ・レポート。

f:id:tommy______m:20181207174305p:plain

 

コーチ「4-3-3 (4-1-4-1) 慣れて来てるっぽいけど他のフォーメーションも練習させた方がいいんじゃね?」

自分をサッリだと思い込んでいる僕「うるせえ!」

f:id:tommy______m:20181207174410p:plain

…とはいいつつもなんだかんだでシステムの習熟度も上がって来ているようだ。ありがたい限り。

 

コンテ政権の3-4-3や、それより前の4-2-3-1も、個人的には思い入れがあり、なんなら日本代表もそうだったから過去作FIFAも4-2-3-1だったのだが、ここはサッリ・ボールに拘ろう

 

はい試合前の訓示はまたも投げていくスタイル。

f:id:tommy______m:20181207174415p:plain

 

プレミアリーグ最優秀若手選手賞予想。オッズ系多いな

我らがケパ・アリサバラガがランクイン。いやアリサバラガって言いづらいよもう…

f:id:tommy______m:20181207174421p:plain

 

とりあえず故障者やコンディション不良もどんどん減っていっている。

f:id:tommy______m:20181207174431p:plain

 

そんなわけでプレシーズンも残り2戦。まずはサンプドリア戦。

f:id:tommy______m:20181207174520p:plain

 

スタメンもようやくレギュラークラスが並ぶようになって来た。大黒柱ともいえる、アザール・カンテが未だ不在ではあるが…

f:id:tommy______m:20181207174534p:plain

とりあえず、ベンチは若い選手で固めた。

 

はい45分で決着。

f:id:tommy______m:20181207174549p:plain

ポゼッションも3:1近い比率で圧倒し、相変わらずシュートを打たせない試合の支配ぶり。まあプレミアリーグのビッグ6と、セリエAの中堅どころなので格はチェルシーの方が上ではあると思うが、この内容なら、文句のつけようがない

 

あっ…

f:id:tommy______m:20181207174613p:plain

後半戦は若手にどんどんと変えていったり、まさかのPK献上があったり。てかもしかしてプレシーズン3失点目?

まあでも前半戦の内容が良かったので、それを続けてくれればいいシーズンになりそうだ。

 

 試合後のレポート。まぁ良い感じだ。

f:id:tommy______m:20181207174624p:plain

 

協力関係にある、アフィリエイト・クラブには、毎年幾分かの費用を払うようだ。

アルダーショット・タウンは£55kか…

f:id:tommy______m:20181207221808p:plain

 

試合後レポート。まぁ良い感じですね。

f:id:tommy______m:20181207221812p:plain

 

8月のスケジュール。まぁインテル戦→コミュニティ・シールドさえ終われば週1だから…

f:id:tommy______m:20181207221820p:plain

 

試合が多いために負担の大きな週になりそうだ。

f:id:tommy______m:20181207221826p:plain

 

インテルのスカウト・レポート。4-2-3-1あげいn…

f:id:tommy______m:20181207221832p:plain

 

エバートンのプレシーズン・レポート。順位予想はビッグ6に続く7位。安定だなぁ。

f:id:tommy______m:20181207222211p:plain

 

コーチ「4-3-3 (4-1-4-1) 慣れて来てるっぽいけど他のフォーメーションも練習させた方がいいんじゃね?(2度目」

自分をサッリだと思い込んでいる僕「うるせえ!(2度目」

f:id:tommy______m:20181207222222p:plain

そしてインテル戦も試合前の訓示はゾラ様に託して…

f:id:tommy______m:20181207222229p:plain

そんなこんなでプレシーズン最終戦。

f:id:tommy______m:20181207222658p:plain

主力もだいぶそろってきたし、ローテーションもできるくらいの選手層になっているのもあり、何より明後日にはコミュニティ・シールドなので、思いっきりローテーションする。

f:id:tommy______m:20181207222705p:plain

開始2分でチェルシーがイエローを食らい、24分でインテルがレッドカードを食らう、荒れた展開。前半はそれでも0-0で終わった。1人ぶんのハンディキャップを感じさせない、インテルの押しっぷり。

f:id:tommy______m:20181207222717p:plain

…も、最後はチェルシーが振り切った。

f:id:tommy______m:20181207222728p:plain

ポゼッションの質でチェルシーが勝ったと言われているが…まぁよかろう。勝てばいいんだ。

f:id:tommy______m:20181207222739p:plain

僕が17歳で英検1級を取れたのはアメスポのおかげだと思う

Football Managerも粛々とやっている中で、ふと思うことがあり、毛色の違う記事を書いてみることにした。

いつかは書いてみようと思っていたネタなのだが…

 

と、いうのも、ツイッターでフォローさせていただいている方のブログで、こんな記事があった。要は「アメフトって英語の勉強にめっちゃ役立つべ!」という話だが、これ、ずっと僕が思っていたことに近い。

もちろん、このブログをざっと流し読みしていただければ薄々わかると思うが、僕の場合はNFLに限った話ではない。NHLや、MLB、ひいては海外サッカーもこの例に当てはまる。

いずれにせよ、海外スポーツは"楽に"英語力を高める最強のツールになりうると思うのだ。

 

…とはいえ、論理だけでは説得力がないのは当たり前だ。
僕の過去を僭越ながら話させてもらおうと思う。

 

・中の人のスペック

→ 5歳の時にアメリカに行くことが決まり、日本の英会話スクールに行く羽目になるも、"I will show you 〇〇..." と言われたのを「え?なんでこいつ急に醤油とか言い出すの?」と思う程度の英語力と吸収力の無さ。

→ 6歳の時にアメリカに飛ぶ。現地の小学校にぶち込まれて通うことになったが、当然英語がわからないので、「帰りたい 帰りたい」とユニコーンの某曲ばりに叫ぶ日々。

→ 1年でなんとか最低限度の日常会話は覚えるも、3か月の夏休みですべてが吹っ飛ぶ。再び「帰りたい 帰りたい」と叫ぶ毎日に。

→ 2年目は多少会話できるようになった。と、いうのも、現地のクラスメイトと仲良くなり、一緒にアイスホッケーを見たり、野球・サッカーをしたりして遊ぶ毎日だった。その反動で日本語の勉強はだいぶ怠っており、8歳で日本に戻るころには「日本に帰ったらヤキスキを食べるんだ!」というパワーワードを生み出す程度には語彙力が壊滅していた (らしい)。

→ 日本で言う小学校3年生時に帰国。小学校卒業までに、英検準2級・2級をゲット。この時のTOEICは630点。今振り返るとよく集中力が持ったもんだ。

→ その後は勉強嫌いが災いし中学受験に失敗w 英語はろくに授業も聞かなかったが、中3で英検準1級を取る程度には伸びていた。

→ 高校2年時に親にTOEICを受けさせられる。受験当日まで猛反発して、家を出るときも扉をたたきつけたくらいめんどくさかったのだが、思いのほか余裕だった。親もびっくりの915点をたたき出す。

→ TOEICいけるやん!と調子に乗っちゃったところで、英検1級を目指すも、2回1次試験で不合格人はこれを二浪と呼ぶ

→ 二浪の末、高3のうちに英検1級に合格。なおこの時の2次面接が合格点ぎりぎりだったのは今だから言える話だ。

→ 大学では英語系のサークル (所謂ESS) に入っていたこともあり、語彙力が多少上がった影響もあり、TOEICは935→955→980と伸びていった。毎年受けさせられるTOEICに興味を失い、最後の方は、終了何分前に解ききってトイレにいけるか選手権の優勝を目指していた。

→ 社会人になって3日目くらいに受けたTOEICは、前日全く寝れず3時間睡眠で985点。この時「それでは聞いてください『あとひとつ』」と言いながら成績表の写真を貼ったら、Twitterでやたらいいねが来たのが未だにいい思い出だ。満点を取ったら"I'm a perfect human."ってツイートしながら写真載せるつもりだったのに…

 

振り返ると、就職活動の面接では、「へぇ~君TOEICの点数すごいね!」と何度も言われた。見るべきはそこじゃないとずっと思っているが、面接官の目を引ける程度の英語力は身につけられたと言っていいだろう。

(余談になるが、個人的には、実際の会話も試されない言語テストに何の意味も感じていなかったので、実際に自分の喋りで合格 ラインに滑り込んだ した英検1級を評価してほしかった。この辺は書き出すと長くなるのでこの辺で終わらそう。)

 

それはおいておいて、中高生という多感な時期に、自分の個性やら自分の強みとやらを見失いそうになっても、英語力だけは、誰にも負ける気がしなかった。

そりゃ「英語力では歯が立たないな」と思った人もいるし、自分より英語ができる人なんて腐るほどいる。このくらいのレベルで3~4か国語操れる人だってざらにいるだろう。まだ英語で課題は多いし、「明日からアメリカね」って言われたらたぶんボキャ貧で死んでしまうだろう。

それでも、人に見せられるような能力の少ない僕の、数少ない「平均以上」だと思う。

  

…まあ、残念ながら帰国子女だ。「2年なら帰国子女というか留学でしょ」と言われたこともあるが、残念ながら帰国子女だ。(2度目)

言語が一番定着しやすい6〜8歳で海外に行ったのは事実だし、それが今の英語力に対する最大の要因なのは重々承知している。とはいえ、6〜8歳で行った人でも、英語力が思うように伸びなかったり、だんだんと喋れなくなっていった人も知っている。

日本に戻ってからも、英会話学校に通わせてもらうなど、十分に機会は与えてもらった。それが大きいのも、もちろん承知だ。

それでも、現地ではあくまで小学校レベルの英語力だった自分が、ビジネスで使えるレベルの英語力まで上げることができたかというと、アメスポ×英語という組み合わせが自分にとって最強だったからだと思う。

 

続きを読む

Football Manager 2019 - チェルシーで長期政権を築きたい Ep. 5

そんなわけで第5話にしていまだにプレシーズン。

 

次戦はハンブルガーSVとのプレシーズンマッチ。

てかハンブルガーってそこそこ強い印象だったのだけど実は降格していたのね。知らんかった。情弱が露呈した。

f:id:tommy______m:20181204221843p:plain

 

ルーカス・ピアゾンのローン移籍が決まりそう。

…なのだが前回の記事の通り4チームからローンオファーが来ているため「1週間待ってくれ」ということに。

f:id:tommy______m:20181204221851p:plain

 

これまでは自分でやっていたのだが、試合前の戦術指示はゾラ様に投げることにした。

これまでよりも指示が細かい。個別に指示出してくれてるし、ありがたい。

f:id:tommy______m:20181204221933p:plain

 

そしてトレーニングの結果。

今週一番いいパフォーマンスだったのはマルコス・アロンソのようだ。ザッパコスタがしばらくトレーニングでチーム1のパフォーマンスだったし、サイドバック勢がプレシーズンから飛ばしている形だろうか。

f:id:tommy______m:20181204221940p:plain

 

ザッパコスタもアロンソも、小さな怪我をしていたが、無事次戦は出場可能なようだ。

f:id:tommy______m:20181204221956p:plain

 

ハンブルガーSVとのプレシーズン・マッチへ。

f:id:tommy______m:20181204222004p:plain

 

スタメンは相変わらず揃わない。故障リスクはない、と言われていたものの、ザッパコスタとアロンソは、まだ状態が100%じゃないこともあり、念のためベンチスタート。

f:id:tommy______m:20181204222010p:plain

 

ブンデスリーガは写真あるんかーーーーい( ^ω^ )( ^ω^ )

f:id:tommy______m:20181204222016p:plain

 

前半。圧倒するも決めきれず。ポゼッションはイーブンだが、シュート数は13-0と圧倒。
前半戦だけでシュート13本なのに、枠内が7本というのもなんともいえない。

f:id:tommy______m:20181204222030p:plain

 

そのまま0-0で試合終了。シュート数も21-2と引き続き圧倒していたのだが…

前半戦高評価だったエメルソンがフルタイム後に酷評されているの笑えない。

f:id:tommy______m:20181204222047p:plain

 

新聞「チャンスはあるのに決めきれなかったよな!」

ぼく「うるせえ!わかってるわ!!」

f:id:tommy______m:20181204222131p:plain

 

そして試合中にペドロが怪我。

こーーう、誰か復帰すると誰か怪我するのなんとかならんかなあ。

f:id:tommy______m:20181204222143p:plain

 

エバートンの20歳、トーム・デービスのスカウト・レポートが来た。

ポテンシャル的にもいい移籍になりそうかな。

f:id:tommy______m:20181204222149p:plain

 

マッチ・レポート。初出場のリュディガーが7.0なのは大きいね。

f:id:tommy______m:20181204222154p:plain

 

シーズンチケットの売れ行きも順調なようだ。

f:id:tommy______m:20181204222215p:plain

 

そして次戦のスカウティング。相手はトルコのカスムパシャ。珍しく情報がそろっている。

f:id:tommy______m:20181204222220p:plain

 

トレーニングの予定。少しずつトレーニングも、赤色 (ハード目) の日が増えて来た気がする。

f:id:tommy______m:20181204222229p:plain

 

故障リスクの評価。相変わらずまだ試合に出れる状態じゃない人が多い。

f:id:tommy______m:20181204222245p:plain

 

「優勝ボーナスを決めてくれ、これ支払いは移籍金予算から出るからよろしくな」

「おう、勝ってくれた暁には盛大にやろうじゃねーか(ポチッ」

f:id:tommy______m:20181204222328p:plain

…ということで、ボーナスは最大額で設定しておく。これにより移籍金が多少落ちるけどしょうがない。

 

そしてU18、U23は相変わらず試合数が多い。U-23は無難に2-0で勝利。

f:id:tommy______m:20181204222351p:plain

U-18は、トップチームが数名調整目的で出ているためか、バーンリーのU-18相手に4-1で大勝。

f:id:tommy______m:20181204222407p:plain

 

そして史実通りなら開幕戦を戦うことになるハダースフィールドのスカウト・レポート。降格圏内予想か… 

f:id:tommy______m:20181204222414p:plain

 

カスムパシャに偵察に行ったスカウトのレポート。
ドルトムントとの前戦ではだいぶ押されていたようだ。

f:id:tommy______m:20181204222441p:plain

 

シーズン前の優勝オッズ予想。

チェルシーはマンC・リバプールに続いての3位。

f:id:tommy______m:20181204222447p:plain

 

そして「1週間待ってくれ」と言っていた、ルーカス・ピアゾンのローン移籍が、1週間経ってしまった。

本当はローン移籍金欲しかったけどしょうがなくふつうに放出する。

f:id:tommy______m:20181204222452p:plain

 

今回も試合前の訓示はゾラ様に投げた。

f:id:tommy______m:20181204222458p:plain

 

トレーニングではアスピリクエタが好調だったようだ。

褒めたら「え?そんなことないよ」って不機嫌になったけど…

f:id:tommy______m:20181204222502p:plain

 

そしてプレミアリーグのチームを提出。背番号を確定させた。

まぁだいたい史実通り。

f:id:tommy______m:20181204222543p:plain

 

だいたいの選手が試合出れる状態まで仕上がりつつある。

f:id:tommy______m:20181204234547p:plain

 

そんなわけでカスムパシャとの試合へ。

f:id:tommy______m:20181204234559p:plain

 

ようやく、少しずつ主力が出れるようになってきた。

f:id:tommy______m:20181204234605p:plain

 

前半から先制する。内容的にもシュート17-0、ポゼッション63%-37%と圧倒。

f:id:tommy______m:20181204234612p:plain

 

そのまま後半にも1点入れて、2-0で勝利。相手のシュートは1本だけという圧倒ぶりだった。

f:id:tommy______m:20181204234624p:plain

 

まぁ前回のハンブルガー戦が決めきれなかっただけに、ちゃんと点を入れた (数打ってなんとか入った感はあるが…) ことが大きい。

f:id:tommy______m:20181204234637p:plain

 

さてそんなわけでまだまだ続いていくプレシーズン。

Football Manager 2019 - チェルシーで長期政権を築きたい Ep. 4

そんなわけでプレシーズンも細かいのがFootball Managerのすごいとこだなと思ったりする。まだ2試合やったところなのにエピソード4突入。

 

シーズン・チケットの売れ行きとかまで律儀に報告が来た。あと20%くらい上積みしたいらしい。

f:id:tommy______m:20181204005534p:plain

 

トレーニングメニュー2週間分。まぁプレシーズンだし、戦術的な理解はシーズンを通してやりながら、まずはコンディション整えてもらうのが最優先だね。

f:id:tommy______m:20181204005542p:plain

 

アザール弟のスカウトレポートが来た。

f:id:tommy______m:20181204005717p:plain

スカウト「総じて見たらいい補強になりそうやで」

ワイ「承知した」


そんなわけで移籍交渉を吹っ掛ける。

f:id:tommy______m:20181204005600p:plain

 

そして兄からのプッシュも依頼。

f:id:tommy______m:20181204005537p:plain

 

£25Mで移籍決定へ。

史実の移籍が全く反映されていないので、見かけ上は今年の夏の補強第一号に。

f:id:tommy______m:20181204005737p:plain

 

【朗報】兄「弟来たがってるっぽいよ」

f:id:tommy______m:20181204005741p:plain

 

…結局給料で合意できなかったんですけどね!ガハハっ!!!()

 

予測週給の下限で交渉しに行ったらあっさり決裂した…()

 

そんなわけで切り替えて行くスタイル。

イングランドの若手選手らによるエキシビション・マッチがあるみたい。

これを見る限り、契約切れした若手選手のトライアウト的なやつかな?

f:id:tommy______m:20181204005743p:plain

 

チェルシーのU23はもう試合が結構な頻度であるようだ。まぁいいことだよね。

これ史実通りの相手ではないにしても試合の日程とかは史実通りなのかな…?

f:id:tommy______m:20181204005749p:plain

 

バーンリーのプレシーズン・レポート。予想順位は14位。フルアム⇒マンU⇒バーンリーとは順番が総じて謎だ。

f:id:tommy______m:20181204005807p:plain

 

ルーカス・ピアゾンに対して完全移籍のオファー。

…やっす!!!

f:id:tommy______m:20181204005813p:plain

しょうがないので、「ローンならええで」ということにしておいた。

 

イスラム・フェルースのトレーニング・レポート。なんだかんだで成長の痕跡が見える。気がする。

f:id:tommy______m:20181204005818p:plain

 

そんなわけでトライアウト・マッチ。

f:id:tommy______m:20181204005828p:plain

 

チーム1がチーム2に3-0の圧勝をしたようだが誰が誰だか全くわからない。w

f:id:tommy______m:20181204005845p:plain

 

スカウト「そんなに目立つやついなかったわ」

ぼく「ウィッス」

f:id:tommy______m:20181204005854p:plain

 

そしてその試合に視察いっていたことをスクープされる。どうでもいいだろ。w

f:id:tommy______m:20181204005859p:plain

 

マルコス・アロンソが練習中にケガしたらしい。まぁ1~3日で戻るらしいのでいいや。

f:id:tommy______m:20181204005939p:plain

 

そしてアーセナルが接触しているde Ligtのスカウト結果が来た。総じてよさそうな選手だ。 

f:id:tommy______m:20181204005951p:plain

 

そんなわけで移籍交渉。

f:id:tommy______m:20181204005946p:plain

…£70M!?

諦めた。

 

次戦のシャフタールとのプレシーズンマッチに向けて…

スカウト「あんまいい情報なかったわ」

…まぁしょうがないけど大丈夫なんだろうか。

f:id:tommy______m:20181204010214p:plain

 

そして相変わらずトレーニングで絶好調なザッパコスタさん。
f:id:tommy______m:20181204010219p:plain

 

結局 de Ligtはアーセナルへ。ちーん。

てか£26.5Mってなんですかじゃあチェルシーへの£70Mってなんなんですか(ㆀ˘・з・˘)

f:id:tommy______m:20181204010344p:plain

 

U-18チームも試合。エバートンのU-18チームを3-1で撃破したらしい。

f:id:tommy______m:20181204010348p:plain

 

同時にU-23チームも勝利。

f:id:tommy______m:20181204010353p:plain

 

アフィリエイト・チーム…というかまぁ兄弟チームのフィテッセのスカウト・レポート。

うん。微妙じゃね。総じて「いい選手が少ない、選手層が薄い」というコメント。

f:id:tommy______m:20181204010455p:plain

 

そしてトレーニング予定。

f:id:tommy______m:20181204010459p:plain

 

そしてトレーニング・キャンプも終了。

まだ試合に出れる状態じゃない選手が多そうだなぁという円グラフ。

f:id:tommy______m:20181204010504p:plain

 

 

f:id:tommy______m:20181204010510p:plain

 

ルーカス・ピアゾンへのオファーが殺到。

完全移籍のオファーになっていたところを、無理やりローン移籍に切り替えた。早くどれかに決まってくれ。

f:id:tommy______m:20181204010516p:plain

 

そしてプレシーズン第3戦はシャフタール・ドネツク。ウクライナから遥々スタンフォード・ブリッジに来てくれるらしい。

f:id:tommy______m:20181204010622p:plain

 

そんなわけで試合開始。

f:id:tommy______m:20181204010645p:plain

 

にしても選手がいねええええええ。

モラタが本調子じゃないらしく、かつU23の試合が裏番組的に開催されているため、U18の選手をかなり起用している。

f:id:tommy______m:20181204010652p:plain

そんなわけで前半戦から0-1。

f:id:tommy______m:20181204010659p:plain

そして後半戦にもう1点入れられて終戦。

f:id:tommy______m:20181204010710p:plain

まあ0-2だしポゼッションもイーブンだしチャンスの数は同じくらいでもその質はだいぶ違うし、まあでもU18の選手が半分くらいいる中ではしょうがないか、という感じ。

f:id:tommy______m:20181204010722p:plain

 

ザッパコスタが怪我した…これもまた軽傷っぽいけど…

f:id:tommy______m:20181204010729p:plain

 

そして裏番組・U23の試合もしっかりもU23が勝ったようだ。

f:id:tommy______m:20181204010735p:plain

 

ここにきて突然のマンUのプレシーズンレポート。

5位予想。マンUには負けられない。

f:id:tommy______m:20181204010931p:plain

 

そしてシャフタール・ドネツク戦のマッチレポート。

f:id:tommy______m:20181204010938p:plain

Football Manager 2019 - チェルシーで長期政権を築きたい Ep. 3

そんなわけでチェルシーシリーズ第3話へ。

 

前回"Director of Footballを雇えば?"と言われていたのだが、推薦されていたローマのモンチを強奪。£5.5Mの補償金が地味に痛いと言えば痛いけど…

f:id:tommy______m:20181202001111p:plain

 

そしてマルセル・ルイスもホームグロウンに。

早くホームグロウンの選手でチームを回したいものだ。(大事なことなので2回連続2度目)

f:id:tommy______m:20181202001203p:plain

 

一週間がたったので練習のレポートが来た。ザッパコスタが練習でいい動きをしているらしい。

f:id:tommy______m:20181202001209p:plain

 

そして契約が今年いっぱいの選手のリスト。セスクとダビド・ルイスは今すぐにでも契約延長せえ!ということみたいですが。

f:id:tommy______m:20181202001214p:plain

 

アザール契約延長で歓喜のソーシャル・フィード。「当然」「それだけのことをやってきてるから」という肯定の声が多い。

f:id:tommy______m:20181202001259p:plain

 

そして7月へ。

f:id:tommy______m:20181203125013p:plain

 

移籍市場でソーシャル・フィードがなかなかに大変なことになっている。

f:id:tommy______m:20181203125028p:plain

 

そういえばアザールに「エデンの友達を一人獲得するよ」と宣言したうえで契約延長交渉をしたので、誰か取らなければいけない。
筆頭候補はボルシアMGで大活躍している、弟くんじゃない?

…と思って調べてみた。意外と移籍金かかりそうだな…

f:id:tommy______m:20181203125039p:plain

 

トレーニングのアドバイスまでいろいろといただけるようだ。

f:id:tommy______m:20181203125045p:plain

 

そしてプレシーズン2戦目へ。

「スカウトが情報足りないって!情報ないって言ってる!!」

f:id:tommy______m:20181203220020p:plain

…なんか悲しい。

というかニイガタ・ユニコーンってなんだ

 

そしてローン組の状況。ナタンがもうすでに試合をやっているようだ。
にしても数が多いなぁ。

f:id:tommy______m:20181203220030p:plain

 

プレミアリーグのフラムのプレシーズン・レポート。17位予想らしい。

ロンドンのライバルとはいえまぁ17位予想相手には負けたくないよねぇ。

f:id:tommy______m:20181203220036p:plain

 

そしてトレーニング・キャンプがはじまった。ローン組とU-18、U-23の一部、故障しているファン・ヒンケルが「不参加選手」に。

f:id:tommy______m:20181203220042p:plain

 

そういえばFIFA19のキャリアモードでも見た、オランダのDe Ligtがアーセナルから接触されている模様。

f:id:tommy______m:20181203220049p:plain

 …これは取りに行かなきゃ。と思ってオファーを出してみる。

f:id:tommy______m:20181203220055p:plain

ばいざうぇい。移籍市場は現状こんな感じ。

f:id:tommy______m:20181203220101p:plain

期待の若手・マサンプがトレーニングで調子がいいらしい。 

f:id:tommy______m:20181203220108p:plain

 

…そしてDe Ligtへのオファーが断られてしまった。悲しい。

f:id:tommy______m:20181203220114p:plain

 

トレーニングの結果がまた今週も送られてくる。相変わらずザッパコスタが好調なようで。

f:id:tommy______m:20181203220120p:plain

プレシーズン2戦目を前に、また「戦術的な指示を出そう」というゾラ様のお達し。

f:id:tommy______m:20181203220126p:plain

マンCがドルトムントからユリアン・ヴァイグルを獲得したらしい。他チームは結構積極的に補強している中で、あまり補強しないのもなぁ…ということで、1人くらいは補強しておいた方がよさそうかなぁ…
とはいえCLじゃなくてELだしそこまで急いで補強することもないんだろうか…

f:id:tommy______m:20181203220132p:plain

そして前節で故障したバークリーは「出せないこともないけどリスクあるからやめとけよ」ってチームドクターの判断。

f:id:tommy______m:20181203220142p:plain

 

そしてプレシーズン第2戦へ。

f:id:tommy______m:20181203220149p:plain

 

プレシーズン1戦目は、主力が大半プレシーズン休暇ゆえにMFのドリンクウォーターをウィングで使うくらいの苦境に立たされていたが、ペドロが復帰したりと、多少はまともなメンツになりそうか。
とはいえGKやCB、中盤等々、まだいない選手も目立つ。ベンチにはU-23の選手を入れて穴埋めをする。

f:id:tommy______m:20181203220155p:plain

「情報がない」くらいのチームなので、まぁレベル的にも、多少は落ちるだろうと思っていたが…

開始3分でモラタがゴールを決め、その後ジョルジーニョやセスクにもゴールが入り、前半で3-0。

相手にシュートを1本も打たせずポゼッションも62%-38%と圧倒した。

f:id:tommy______m:20181203220216p:plain

後半からは、U-23の若手を積極的に起用していく。

双方とも得点は入らなかったが、3-0のまま勝利。

引き続き、シュートも一切打たせない圧倒ぶりだった。

f:id:tommy______m:20181203220227p:plain

試合後は選手をベタ褒めするコメントを残してみた。

…ら、この日GKだったマーティン・バルカが気が抜けた的なリアクションをしたようだ。うーん。君はちょっとそういう立場じゃないぜよ…

f:id:tommy______m:20181203220237p:plain

ニュース記事でもチェルシー大勝!とざわついているようだ。まぁいいことだ。

f:id:tommy______m:20181203220245p:plain

試合結果のフィードバックが返ってきた。いい感じ。

f:id:tommy______m:20181203220253p:plain

まぁあくまでプレシーズンなので、そこまで勝利にこだわりすぎず、コミュニティ・シールドまでに選手の調子を整えることを目標にしていこう。

 

次回もプレシーズン編…

 

Football Manager 2019 - チェルシーで長期政権を築きたい Ep. 2

そんなわけでFootball Managerの圧倒的な設定項目の多さに感動とやばさ (いい意味で) を覚えているが、前回の記事 (の、あの画像の多さ) でようやく1日目が終了。2日目に進んでいく。

 

まず、チーム予算を決めるメールが来る。

チーム目標がより高くなるなら予算も積んでやる」というオーナー様のコメント。 

現実的に、プレミアリーグ・ヨーロッパリーグ・カップ戦のうち1つは勝ちたいし、願わくは2つくらいタイトル獲れる気がするので、3つとも優勝するぜ!という強気な予算設定。

達成1/3でも、残り2つもいい線行っていれば1年目で切られることはないでしょ(フラグ 

f:id:tommy______m:20181202000147p:plain

 

練習設定をしろ~とのことだったので、アシスタントのゾラ様に丸投げした。

f:id:tommy______m:20181202000205p:plain

 

そして、ソーシャル・フィードなるものがあるらしい。まぁ要はゲーム内の仮想SNSみたいな。

"Tommy Mじゃ無理だよ"って複数書かれててまぁまぁふぁぼられてるのが悲しい。辛いです。チェルシーが好きだから。

f:id:tommy______m:20181202000211p:plain

 

そしてチェルシーのシーズン前分析。

主な補強は1月のエメルソンと6月のジョルジーニョ。これらを中心に累計で£121Mを移籍金で払っているらしい。すげぇ。

それでも予想はプレミア3位らしい。マンCとりばぽーが上かな?

f:id:tommy______m:20181202000300p:plain

 

そして昨日も出てきたチーム内ヒエラルキー。生々しい。

f:id:tommy______m:20181202000324p:plain

 

このメールでは、「とりあえず、チームに自己紹介したら?」とのこと。

まあよろしく。これからみんなでタイトルに挑戦することを楽しみにしてるよ。的なベタな挨拶をしておいた。

f:id:tommy______m:20181202000332p:plain

f:id:tommy______m:20181202000338p:plain

…一部の選手はモチベーションを上げてくれたようでよかった。

 

気づいたらプレシーズンマッチがまた1つ増えている。

f:id:tommy______m:20181202000407p:plain

 

そしてホームグロウン選手も増えた。

長期的には、イングランドの選手中心のチームを作れたらいいよねえ。

f:id:tommy______m:20181202000415p:plain

 

プレシーズンマッチが1つ増えたゆえ、練習日程が少し変わった。

f:id:tommy______m:20181202000424p:plain

 

そして相変わらず、まだ試合に出るような状態じゃないゆえ故障リスクが高いみなさま。まあ、W杯とかもある中で休みも少ないしね…大変だよね…

f:id:tommy______m:20181202000429p:plain

 

そしてメディアとの初対面となる記者会見。

実際の中の人が記者会見なんか開くことは一生無いだろうから、なんかシュールだ。

f:id:tommy______m:20181202000523p:plain

 

この若手が有能だからまだ18未満だけどU23に移しちゃいなYO!!的なことを言われた。

けどU23に移したら出番減る気もするし、少し考えよう。

そして、「こいつらポテンシャル高いぜ!将来はコイツみたいになるぜ!」という評価も。

f:id:tommy______m:20181202000533p:plain

 

記者会見のやりとりがニュースになったらしい。

チェルシーでの監督生活を楽しみにしているよ」というベタなコメントしかしていないのだけど…

f:id:tommy______m:20181202000538p:plain

 

そんで、最初のプレシーズンはチェルシー内の紅白戦とでも言うべきか、U23チームとトップチームの一戦。U23チームの情報とともに、「戦術的にちゃんと指示出しとけよ」というゾラ様のお達し。

f:id:tommy______m:20181202000544p:plain

 

そして、ファイナンシャル・フェアプレーについて。うん。

 

うんうん。

f:id:tommy______m:20181202000614p:plain

 

うんうんうん。

f:id:tommy______m:20181202000617p:plain

 

全くわからんかった*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

 そんなわけでプレシーズン最初・トミー政権最初の試合はチェルシーU-23チームとの紅白戦。

こちらは4-3-3 (表記は4-1-4-1)。U-23チームは4-2-3-1。

 

いや実際さ、中の人はこれまでもずっと4-2-3-1を好んで使ってきたので、実際U-23, U-18含めて一貫性を持たせる意味でも4-2-3-1でもいいんだけどねぇ…

でもやっぱりサッリ・ボールに寄せたいのもあるし。。。

f:id:tommy______m:20181202000707p:plain

 

…ってトップチームの選手ほとんどいねえええええ

悲しいがな選手がほとんどまだプレシーズン休暇中。

しょうがないので、いる選手で組める範囲で組んで、あとはU-18チームから強制召喚した。

結果的に、ドリンクウォーターをウィングに、マルコス・アロンソを中央に無理やり指名して、そしてU18のキーパーで、なんとかチームとしての体を保った。

f:id:tommy______m:20181202000717p:plain

 

そんなわけでモラタのゴールで先制したらしい。

f:id:tommy______m:20181202000729p:plain

が、追いつかれて、前半戦はお互い1ゴールずつ。

 

f:id:tommy______m:20181202000738p:plain

しかし後半にPKを献上して、そのまま2-1でU-23が勝利。

 

まあ負け試合になってしまったけど、U23の選手が活躍したのはいいことだし、トップチームも主力は結構な数が休暇中なのでしょうがない。

f:id:tommy______m:20181202000750p:plain

 

バークリーが怪我してしまった…やはりリスクは取るべきじゃなかったか…

f:id:tommy______m:20181202000755p:plain

 

そしてU23のマッチ・レポート。

いやまあ見てたんですけどね。笑

f:id:tommy______m:20181202000805p:plain

 

そして、試合後に大量に送られて来る「予算も枠もあるしコーチを大量に雇っちゃえば?」なメール。

f:id:tommy______m:20181202000811p:plain

 

一斉にオファーを出したらソーシャル・フィードがすごいことになった。w

f:id:tommy______m:20181202000819p:plain

 

そういえばプレシーズン・トレーニングをトルコでやることになっているらしく「人選はよやれ!」というお達しが来た。

f:id:tommy______m:20181202000915p:plain

ので、とりあえず33人選ぶ。基本的にはファーストチームのメンバーと+α。

f:id:tommy______m:20181202000924p:plain

 

ウィリアンがイギリス国籍を取ったらしい。

f:id:tommy______m:20181202000929p:plain

 

そして。

アザール契約延長だああああああああああ!!!!!

f:id:tommy______m:20181202001100p:plain

 

これはうれしい。ク〇トワみたいにレアルに逃げられる確率はぐんと下がったかな。

 

ここから先も、なんかいろいろあるんだけど次回に続く。

Football Manager 2019 - チェルシーで長期政権を築きたい Ep. 1

そんなわけでFIFA19のエフェクトが酷すぎたので、チェルシーのキャリアモードをFootball Manager 2019に乗り換えて行く

 

そんなわけでTommy監督爆誕見た目は全く似ていない

FIFAがJリーグのライセンスを取った影響なのかなんなのか、Football Manager 2015ではあったはずのJリーグのデータがない。そんなもんか。悲しいけど。

 

f:id:tommy______m:20181130010728p:plain

 

監督としての能力値を、調整できるようだ。

デフォルトのままにしたが、こういうビッグクラブは、選手の能力値を上げるより、選手の能力を引き出すモチベーター的な能力の方が重要なんじゃないか?今更気づいた。まあいいや。www

f:id:tommy______m:20181130010735p:plain

 

そんなわけで早速監督就任。

マウリツィオ・サッリの後任とされているが、そんな「出会って4日で交代」くらいの勢いであっさりクビにされるわけがないから、監督が変わりたてのチームは、「前任監督に変わって〜」みたいにニュースが出たらいいなあと思う。

f:id:tommy______m:20181130010740p:plain

 

まあそれはおいておいて。ポゼッションサッカーをしろ攻撃的 (で面白い) サッカーをしろというオーナーからのお達し。

わかっとるわい!!結局目指すのはサッリ・ボールじゃ!!

f:id:tommy______m:20181130010746p:plain

 

そしてその次のメールが「戦術を立てようぜ!フォーメーションとスタイルと各選手の役割だ」とのこと。

f:id:tommy______m:20181130011145p:plain

そんなわけで、予定通りだが、戦術設定も、「縦のティキ・タカ」に。

f:id:tommy______m:20181130010906p:plain

ポジションも、勝手に最適な4-3-3にしてくれた。でもよく見たら4-1-4-1ってされてる。それよか4-1-2-2-1だよね…

f:id:tommy______m:20181130010916p:plain

 

ただし、「最適な選手当てはめとくで〜」と言われたもののよく見たらバークリー/コバチッチの位置にセスク。アンカーにコバチッチ。

いやアンカーはジョルジーニョじゃないとダメなんだわ。あとで直さなきゃ…

f:id:tommy______m:20181130010925p:plain

 

そして有能すぎるアシスタント・ゾラ御大から移籍リストが届く。長ぇ長すぎる。読む気にならないw

f:id:tommy______m:20181130010933p:plain

 

そんで故障者リスト。ファン・ヒンケル怪我しとったんか…(情弱なのでどこかにローン移籍していたのかと思っていた)

f:id:tommy______m:20181130010938p:plain

 

とりあえずスカウトの設定やら予算やら、もろもろ全部自分でやるよ。

f:id:tommy______m:20181130010944p:plain

 

そしてプレシーズン・トレーニング開始時点で状態のよさそうな選手一覧。

f:id:tommy______m:20181130010949p:plain

 

そしてこれまでの移籍たち。移籍金最高額はケパらしい。まぁどうせどこか超えてくるでしょ。

f:id:tommy______m:20181130010955p:plain

 

そしてチェルシーの強みとか弱みとか。

<強み>

・アンパドゥ、ハドソン=オドイ、ダイショーン・レダンなどの期待の若手が多い

・アザール・ウィリアン・セスク・ジョルジーニョらいい選手が多い

・ロングシュート、ロングスロー、判断力の高い選手、予測やドリブル、視野の広い選手など、能力の高い選手が多い

・チームとして運動量が多い

・予算が多い (週400k£の予算がある)

<弱み>

・選手層が比較的薄い。特にフォワード。

・ゴールキーパーの能力が全体的に高くない

・チームの士気が高くない

・チームの状態が良くない

f:id:tommy______m:20181130011003p:plain

 

セットプレーやらの選手設定を変えれば?というゾラ様の助言。

PKにモラタ・ジョルジーニョ、フリーキック・コーナーキックにアロンソ・セスクを追加するのがいいらしい。まぁそうしておこう。

f:id:tommy______m:20181130011008p:plain

 

そして若手選手の契約切れの通知。

「まだ今の契約の早い段階だし、まだいいんじゃない?」的なことを言われた。

f:id:tommy______m:20181130011016p:plain

 

そしてスカウトからのごあいさつ。人数多いなおい…

まぁこれだけスカウトがいたら、若手選手も掘り出すチャンスもあるだろうしいいね。

f:id:tommy______m:20181130011021p:plain

 

そしてトレーニングへ。

とりあえず、今のフォーメーションにあったトレーニングを提案してくれるみたい。

f:id:tommy______m:20181130011028p:plain

 

チームのデプス・チャート。まぁこんなもんだろう。

実はセスクが一番評価高い。本当は史実通りコバチッチとバークリーの併用でいくつもりだけど。

f:id:tommy______m:20181130011035p:plain

 

クラブ内部のヒエラルキーとかも出るのか、、、すげぇ、、、

f:id:tommy______m:20181130011046p:plain

コアグループ、2番手グループA・B、その他って…露骨すぎる…

f:id:tommy______m:20181130011054p:plain

各選手の満足度とかも出るらしい。

f:id:tommy______m:20181130011101p:plain

メンタリングというか、グループを組んで練習する機能があった。とりあえずポジションごとにまとめてみたの巻。

(でもコーチに任せればよかったかなぁ…)

f:id:tommy______m:20181130011110p:plain

そして財政状況とか。

まぁ今のところは特に解雇の危機とかなさそうだね。

f:id:tommy______m:20181130011117p:plain

 

就任して最初にやることは、アザールの契約延長。

代理人「え?延長したいの?クライアントはこのチームの長期展望にちょっと疑問を持っているけど…」ということらしい。

そんなわけで「PK担当として固定する」「給料大幅に上げる」等々いろいろな条項をつける。

f:id:tommy______m:20181130011127p:plain

 

そしてインセンティブをいろいろつける。

給料は現状の£225,000/週から£250,000/週へ。あと代理人費用高い。

f:id:tommy______m:20181130011132p:plain

…って最初にオファーしたらめっちゃ文句言われた。

そんなわけで結局£375,000/週でなんとか5年契約でまとまりそうか。「クライアントと最終確認をしてから連絡する」らしい。さあどうなる。

f:id:tommy______m:20181130011140p:plain

 

【結論】設定項目めっちゃ多い。まだ初日。だけどこれがいい。

 

ゾラ様有能すぎる。

いずれにせよ、ここまで細かく設定できたり、見ることができたら、チームマネジメントも楽しいだろうね。

 

次回はプレシーズン前半編。