Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

SarriballをFIFAで再現したい 〜第1話 移籍市場とチーム戦略編〜 ​

そんなわけでFIFA19のキャリアモードを、粛々と進めていく。

 

移籍市場の設定をする前に、実際のチェルシーの移籍を振り返ってみる。 (主要な選手のみ抜粋)

IN

ジョルジーニョ (ナポリより£57Mで加入)

マテオ・コバチッチ (レアルよりローン加入)

ケパ・アリサバガラ (ビルバオより£71Mで加入)

 

OUT

ティボー・クルトワ (レアルへ£35M+コバチッチのローンで放出)

 

クルトワが抜けた時はどうしようかと思ったGKだが、ケパを補強。クルトワの移籍時にマテオ・コバチッチもローン移籍してきたが、調べる限り特に買取オプションはついていないようだ。クルトワの契約やら、移籍前後の状況で、完全に買い叩かれた感じがするなあ。

 そしてサッリ・ボールの核となるジョルジーニョもナポリから移籍。これはマンチェスター・シティへの移籍が決まる寸前でチェルシー移籍が決まった。

 

…そんなわけで、これらの移籍を反映した、現在の選手リストはこんな感じ。

(Squad Hubなんて画面2年前はなかった。)

 

f:id:tommy______m:20181012001231j:plain

GK。ケパのポテンシャルは一流と言われているが、クルトワの能力を考えると、どうしても劣ってしまうのが実情。CLが来るであろう来年以降を見据えると、この1年でどこまでケパの能力を伸ばせるかが大事になりそう。

唯一のRB登録となっているダビデ・ザッパコスタだが、実際はアスピリクエタが本来のRBに戻る。ザッパコスタは、史実通り、アスピリクエタのバックアップでいいだろう。

CBは、80超が (実質RBのアスピリクエタを除いて) 4人。能力値だけ見ると、もう少し能力値の高い選手がほしいところではあるが、ターンオーバー出来る程度に層は厚いといえるだろう。比較的若いルディガー・クリスチャンセンを育てるのが良いか、85強の選手を1人補強するほうがよいのかは悩みどころ。

f:id:tommy______m:20181012001242j:plain

f:id:tommy______m:20181012001252j:plain

LBはマルコス・アロンソを、エメルソンがバックアップする史実通りの構図。能力値だけを見ると、エメルソンで欧州リーグはやや不安か。

中盤は3枚だが、まずカンテは不動だろう。ジョルジーニョも、サッリ・ボールの方針を考えたらレギュラーは堅い。残る1枠をコバチッチとバークリーが争う構図。セスクは若干ジョルジーニョと被る気がする。

f:id:tommy______m:20181012001313j:plain

f:id:tommy______m:20181012001317j:plain

右ウィングはウィリアン・ペドロの争い。モーゼスはローンに出してもいいが、アザールを休ませる際のバックアップとして残しておく。ウィングバックの控えとしても使える点も価値が高い。

ストライカーはモラタ・ジルーの2枚。もう1枚くらいほしいかな?とも思うが困ったらアザールの0トップでもやるか。

そんなアザールは不動の左ウィング。今年は針の穴を通すようなドリブルから、バンバンゴールを決めているが、FIFAでも再現なるか。休養時はウィリアンまたはペドロを左に持ってくる方針。

f:id:tommy______m:20181012010826j:plain

 

能力や市場価値を見ると、アザールがやっぱりいずれも飛びぬけている。長期の故障離脱は記憶にないが、彼の不在なんてことがあれば、チームの勝敗には大きく響いてしまうだろう。

他の選手を見ると、カンテもチェルシーでの2年間で大きく市場価値を上げている。アスピリクエタも、チェルシーでは7年目。最初は能力も80行かない選手だったが、左サイドバック、センターバックも起用にこなしながら、ここまで能力値が上がってくるとは。本当に器用な選手だ。

全体的に80を超える選手が多く、やはりレベルが高いなと思わされる。

f:id:tommy______m:20181012010833j:plain

f:id:tommy______m:20181012010829j:plain

 

・移籍リスト

夏の市場での移籍も反映されているため、選手の放出は特に行わず、出場機会の無さそうな若手選手をローンにて放出する方針。リザーブ・リーグが実装されればいいのに。

チェルシー加入後今ひとつ出番をつかみきれないマルコ・ファン・ヒンケルやドリンクウォーターも、ほとんど出番がないだろうという予想でローンへ。

また、アザールだけはどうあがいても不動なので移籍オファーはすべてブロックすることに。

f:id:tommy______m:20181011223024j:plain

f:id:tommy______m:20181011223021j:plain

 

そんなアザール、移籍されると困るので、3年の契約延長に動く。

f:id:tommy______m:20181011230955j:plain

こんな風にエージェントとの交渉シーンがあるのはいいね。この演出はFIFA18からだと思うけど、2作ぶりにやるとこれは新鮮だ素晴らしい。

ちなむとアザールは、週給£230kでいいよ (現状£300kだったので減俸になる) と言ってきたので現状維持にしてあげたがそしたらテロップはなぜか「£230,000だと高いから£300,000な!あと契約ボーナスで£2.3Mな!」ってなってる。この辺は要改善かも。

 

その裏で、りばぽーから「アスピリクエタをくれ」というオファー。残念ながら、出すわけがない。

f:id:tommy______m:20181011231445j:plain

 

・チーム戦術

f:id:tommy______m:20181011231622j:plain

基本的に現実に忠実に。ストライカー、右ウィングと、中盤1枚(コバチッチのポジション) は併用、他は基本的には固定するつもり。

攻撃は、パスをテンポよくまわしていくポゼッションサッカーを目指す。

守備は、「ボールを失った後にハイプレス」というオプションがあったので、そっちのほうが現実に近いかな?と思い変えてみた。

細かい戦略のパラメータは試合を重ねて調整していこう。

f:id:tommy______m:20181011231812j:plain

ベンチはこんな感じ。GK、サイドバック、センターバック、アンカー、中盤、ウィング、ストライカーに1枚ずつ控えをおく。

こんなメンバーで、プレシーズン・トーナメントに挑む。

 

…よく見たら当たりがえげつない…

f:id:tommy______m:20181011232106j:plain

中3日でフランス王者→ドイツ王者と戦う羽目になるのが地味に厳しい。どうなるだろうか。

f:id:tommy______m:20181011232100j:plain

 

さて、そんなわけで次回から早速プレシーズンを戦っていこうではないか!乞うご期待。