Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

1stステージ突破

そんなわけで巨人が2連勝でCSの1stステージを突破してしまった。

先週の今頃は本当に由伸辞任ブーストがかかっている気がする。

 

初戦は苦手な小川だったが、坂本・俊太の初回の粘りから、何かが違う気はしていた。
(シーズン途中の弱い時期だったら3~4球目をぼてぼての内野ゴロ等で終わっていた気がする。)

粘りに粘った俊太のフォアボールから、いきなりの盗塁。初球から仕掛けていくのも、シーズン中はあまり見られなかった気がする。

マギーの右方向への長打で続いて、岡本の犠牲フライであっさり先制。レギュラーシーズンでは犠牲フライのなかった岡本が、CS初打席で放ったあたりも、またライト方向への当たりであった。

「球数投げさせてライトに流す」のをチーム全員が意識している…シーズン中は無策に見えたベンチが明確な意思を持っているように見える。

 

今村のピッチングも、気合が入っていたように思うが、2回裏に同点タイムリーを打たれてしまう。

しかし、その次の3回表。坂本が完全に体制を崩されながらレフトにホームラン。半端ないなあ…

 

1点のリードを貰った今村は、3回・4回とランナーを出しながらなんとか切り抜ける。

結局5回2アウトまで来たところでツーベースを打たれてしまうが…

 

ここで、思い切った継投。

「この継投に根拠はあるの?」と思う采配もシーズン中はあったが、「こういう場面を一番経験している」からこそ託された上原が、結果的に見事にこのピンチを切り抜ける。

 

なんと、6回も上原。シーズン中には1度もなかった回跨ぎ。ギャンブルにも見えたが結果的に、上原が抑えた。

 

開幕カードを思い出すと、上原が抑えると、ベンチで思いっきりハイタッチ。そして澤村の頭をたたく。この儀式で、チームに勢いが出ていた。まるでそれを思い出すような

 

すると7回の表には、長野の出塁後、陽がヒットエンドラン。なんとかショートの上を超えたあたりだったが、長野の激走で1点を追加。

そして出るべき場面で出た「代打・亀井」も、ぽとりと落ちるタイムリーヒット。勢いも運も味方につけた。

7回裏は畠→そして山口俊の回跨ぎで見事初戦をモノにした。

 

シーズン中は裏目に出ることが多かった由伸采配が、あたりにあたってモノにした初戦だったように思う。

 

で、菅野だからいけるでしょ、という雰囲気もあった第2戦だが、先発の原樹里もキレッキレ。

初回のキレッキレぶりからは打てる気がしなかったが、2回に長野の先制ソロホームラン。

4回にマギーのホームランのあと、亀井がツーランホームランで試合を決めた。陽が昨日ヒットエンドランを成功させるなど、決して不調ではなかった中で、亀井に変えたことが吉と出た。

正直2-0でも勝てるのではないか、というくらいの菅野の出来だったけど、4点差で余裕が出たこともあると思う。CS史上初のノーヒットノーラン。

 

ヤクルトに青木がいたら…というのはちょっとあるが、それでも、由伸辞任発表以降の巨人は本当に、見違えるように勢いがある。

 

そして、これまではコーチの意見をかなり優先して取り入れていたと聞く由伸だが、最近の野球は、かなり吹っ切れて、自分主導で采配をしているのではないだろうか?(あくまで憶測)

 

待ち構えるは、昨年の二の舞にはなりたくないと、強く思っているであろう広島。実力のカープ、勢いの巨人といった構図だろう。

初戦はおそらくメルセデスだろう。月曜日に投げるつもりで調整しているはずだが、それが2日伸びることがどう出るか。その後中4日でローテを回せば、第2戦に今村、第3戦に菅野をもってくることができる。中5日・6日で回すのが理想だが、最大で2敗までしかできないこの状況で、そこまでの余裕を持たせられるか。

この辺のタクトの振り方も注目したい。

 

巨人ファンの間でも、「下克上日本シリーズ」が少しずつ見えてきた気がする。

2年前は叶わなかったファイナルステージ進出を、今年は圧倒的な勢いで成し遂げた。

第1次由伸政権の最終章、どこまでいけるだろうか。願わくは西武との日本シリーズが見たいがそれはおいておいて、まずは広島でひと暴れしてもらうことに期待しておこう。