Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

SarriballをFIFAで再現したい 〜第9話 プレミアリーグ開幕編〜 ​

プレシーズントーナメントは準決勝敗退コミュニティ・シールドはフルボッコで、嫌な流れではあるが、プレミアリーグ開幕。

第1戦はハダースフィールド戦。史実では、圧倒的なボール支配率を活かして、3-0で相手を粉砕し、サッリ・ボールを印象付けたがどうなることやら。

せっかくなので戦力分析を2回に分けてやってみたが、それはそっちを見ていただくとして…

www.tommyball.jp

www.tommyball.jp

 

どうも順位予想は3位らしい。

にしても、1枚目の子の演出かっこいいよね。

f:id:tommy______m:20181028193942j:plain

 

結局言ってることは、「アザールが頼みの綱、ジルーがゴールを決められないとファンはヤキモキするだろう、そしてアスピが守備の核」…ってこれまあまあ当たり前のことやないかい!www

f:id:tommy______m:20181028193946j:plain

f:id:tommy______m:20181028193953j:plain

 

まぁそれはそれでおいておいて。スタメン。

ハダースフィールドは、5バック。5-2-3だが実質は3-4-3を引き気味にしたフォーメーションか。

f:id:tommy______m:20181028195032j:plain

 

スタメンはコミュニティ・シールドと同じ。

もちろんGKはケパ。プレシーズンはいくつかやらかしもあったが、それでも、今後数年チェルシーのゴールマウスはケパで揺るがないだろう。

f:id:tommy______m:20181028200036g:plain

プレミアリーグ仕様の中継演出なので、こんなスタメン演出がある。

 

ディフェンスは、右から、アスピリクエタ、リュディガー、ダビド・ルイス、マルコス・アロンソ。基本的にサイドバックは不動。 

f:id:tommy______m:20181028200201g:plain

 

中盤は、不動のカンテ・ジョルジーニョと、バークリーが今回はスタメン。

奇遇にも小・中・大になっていて笑う。

f:id:tommy______m:20181028200408g:plain

 

前線は、ウィリアン・モラタがスタメン。アザールは不動。

f:id:tommy______m:20181028200557g:plain

 

まぁ、結局いろいろ演出はあるけど、いつも通りの4-3-3。

ベンチは、控えGK、控えCB、控えSB、中盤2枚と前線2枚。

f:id:tommy______m:20181028195036j:plain

 

そんなわけでキックオフ。

今回も、試合中の戦術コマンド (PS4の十字キーで下を押して出るやつ) の「チームプレス」をONにしてみた。

そして、「サイドバック攻撃参加」をONにした。これはPS4の十字キーで上を押す、攻撃オプション。アロンソが上がる上がる。w

 

前半11分、アスピリクエタのクロスから早速チャンスを作るも、ここはアザールのヘディングが外れる。 

f:id:tommy______m:20181028202304g:plain

HUD 0 - 0 CHE

 

その後も、バークリーのミドルを、決死のブロックがあったり、ハダースフィールドも決死の守備を見せる。

f:id:tommy______m:20181028202445g:plain

HUD 0 - 0 CHE

 

そして、前半22分。

「サイドバック攻撃参加」オプションのせいかオーバーラップがかなり積極的なアロンソが、ここで、ハダースフィールドの右サイドバック・ハデルジョナイのファールを誘う。ハデルジョナイはこのままイエローを食らう。

f:id:tommy______m:20181028202746g:plain

結局ここのフリーキックはウィリアンが蹴るも、壁に直撃してしまう。

HUD 0 - 0 CHE

 

ウィリアンの謎のイエローもあったが、前半も残り5分が近づく中で、とにかくチャンスを作るべく、ジョルジーニョがミドルを放つ。

f:id:tommy______m:20181028203329g:plain

…も、これは外れる。

HUD 0 - 0 CHE

 

 

…そのまま無得点で前半終了。

ポゼッションはチェルシーが圧倒的だし、そのままチャンスまでもっていっているのだが…枠内に飛んでいるのが10本中4本と精度が悪い。

f:id:tommy______m:20181028202210j:plain

 

今一つ前線にボールを持っていけていないからか、フォワード陣の数値評価が振るわない。

ちなむと、ジョルジーニョのパスは前半で38本。本当に150本って、どうやってやるんだよおい…

f:id:tommy______m:20181028202728j:plain

 

 

後半はチェルシーのキックオフで開始。

 

後半もチェルシーがポゼッションを保持しながらチャンスを作り…

後半12分、「その時」は訪れた。

 

カウンターからウィリアンがドリブルで一気に上がり、右サイドを駆けていたカンテにスルー気味にパスを流す。

すると、そのパスを受けたカンテが、ディフェンダーの合間に入ったモラタを見つけ、スルーでパスを出す。

f:id:tommy______m:20181028203946g:plain

f:id:tommy______m:20181028204356g:plain

スルーパスで抜け出したモラタが、コーナーに沈めてチェルシーが先制!!

HUD 0 - 1 CHE

 

一応コミュニティ・シールドからが公式戦扱いだったような記憶があるが、やはりプレミアリーグ最初のゴールは、節目のゴールという感じがする。

せっかくなので、ゴールを決めるまでの一連の流れをご覧ください。w 


First Premier League Goal on FIFA19

 

しかしエフェクトはやはりあるのだろうか。先制点が決まった直後に急にハダースフィールドが本気を出してきた。

f:id:tommy______m:20181028204725g:plain

中盤からサイドにパスを流し、クロスがあっさりと決まる。にしてもここでストライカーをどフリーにしてしまうか…

HUD 1 - 1 CHE

 

同点になった瞬間に元通りになったハダースフィールドだが…

エフェクト絶対殺すマンたちがここから本気を出す。まず後半15分に、早速チャンスを作る。

ウィリアンが中に入れると、そのパスを受けたモラタが、相手ディフェンスのど真ん中の間を抜くようにスルーパスを出す。

f:id:tommy______m:20181028205432g:plain

抜け出したバークリーが、ワンタッチでチップショットを放ち、一瞬で勝ち越し!

HUD 1 - 2 CHE

 

そんなバークリー、後半22分で交代。

f:id:tommy______m:20181028210630j:plain

 

そして、変わったコバチッチが早速魅せる。

スルーパスを受け、どフリーでサイドを駆けあがったウィリアンが、エリア内でグラウンダークロスを出そうとすると、、、

f:id:tommy______m:20181028205753g:plain

ウィリアンのクロスは、キーパーにあたったものの、こぼれ球がコバチッチの足元に!無人のゴールに流し込んで、貴重な3点目が決まる!

HUD 1 - 3 CHE

 

そして、まだまだ終わらない。後半35分。

アロンソがまたもサイドを駆けあがると、またもファールを誘発。うめぇ…

そしてファールがペナルティエリア内だったので、結局PK獲得。

f:id:tommy______m:20181028210324g:plain

ここはアザールが、相手GKが一歩も動けない猛烈PKを沈める。

アロンソのファールからPKを獲得し、それを決める、というのも史実通りか。

HUD 1 - 4 CHE

 

 

その後、センターバック二人のクリアミス・パスミスから2点目を食らったのが正直内容としてはアレなのだが、そのまま4-2で勝利。

後半はシュート8本で枠内5本。ハダースフィールドも、シュート4本で枠内3本。前半に比べるとハイペースな試合だったのではないだろうか…。

 

f:id:tommy______m:20181028210756j:plain

 

得点に絡んだ、カンテ (1A)、モラタ (1G1A)、バークリー (1G)、コバチッチ (1G)、アザール (1G) はすべからく7.5くらいの評価。高い。ジルーとペドロは、最後10分のみの出場だったので評価低いのは不憫だが…

ちなむとジョルジーニョのパスは62本中61本成功。史実のような本数が出ないのだが成功率はさすがのジョルジーニョである。

f:id:tommy______m:20181028210800j:plain

 

…他試合。ノーコメントで。

f:id:tommy______m:20181028210806j:plain

 

本当は、史実通りの完封がよかったが、まぁ実質3点差での勝利ならまぁいいだろう。

結構モウリーニョ政権や、コンテ政権では、守備をしっかりやる、というチーム方針だった気がするが、中の人はその影響か、2-1で勝つよりは1-0のクリーンシートがいいなと思っていたりする。

当然、サッリ・ボールのように華麗にパスを回しながらも、しっかり守備を固めていかないとリーグ優勝はできない。

 

次回、早速アーセナル戦。負けられないライバルとの対決、史実通りに勝ち点3をつかむことはできるのか。

 

↓ そんなわけで次回予告は次節予告になる ↓ 

~ 次回:プレミアリーグ第2節 いきなりアーセナル戦 ~

 

FIFA 19 - PS4

FIFA 19 - PS4