Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

SarriballをFIFAで再現したい 〜第11話 プレミアリーグ第3節 突撃隣のニューカッスル編〜 ​

そんなわけで、FIFA19のキャリアモードは、史実通りの開幕2連勝でスタート。

特に、前節・アーセナル戦は、1-0のリードを守り、残り10分から2発の追加点。圧倒的な内容で、最高のホーム開幕戦にしてくれた。

 

そんな中での第3節は、アウェイでのニューカッスル戦。

 

むとぅー。

 

まあ相手チームに日本人選手がいると、活躍してほしいなとは思いつつ、やっぱりチームが勝つのが優先ですから。(キリッ

 

…今日もアザールが注目選手枠に。

前節はノーゴールとはいえ、プレシーズンまで遡れば4試合4ゴール中だし、1アシストをしっかり決めた。

f:id:tommy______m:20181030012311j:plain

 

そしてニューカッスルのスタメン。

2トップって言ってたから、武藤がシャドーストライカーのポジション?みたい。

f:id:tommy______m:20181030012315j:plain

 

チェルシーのスタメン。

f:id:tommy______m:20181030202609g:plain

前節途中出場ながらゴールを決めたジルーがスタメンに。それ以外は3試合連続で同じスタメン。

f:id:tommy______m:20181030012319j:plain

 

前半。開始5分で先制した前節に比べると、ゆったりとした立ち上がりで、お互いにゆっくりパスを回しながら相手の出方をうかがう。

チャンスといえるチャンスは、前半18分に、カンテのシュートがブロックされたことくらい。

 

前半30分、ウィリアンのパスを受けて、アスピリクエタが飛び出すが…

f:id:tommy______m:20181030202956g:plain

ここは角度がきつかったのもあってか、キーパーがうまく止める。

NEW 0 - 0 CHE 

 

そこから少しして前半35分。

f:id:tommy______m:20181030204916g:plain

スルーパスを受けて、抜け出したシェルヴェイがあっさりと決めて、ニューカッスルが先制する。これはうまくやられてしまった。

…というか、アシスト決めたのむとぅーじゃない!?

NEW 1 - 0 CHE

 

今節も完封を狙っていたところで、前半でそれが潰えてしまったので、ちょっと意気消沈しかけたが…

とはいえ、負けるわけにはいかない。

 

先制された直後の前半37分。バークリーのミドル。

f:id:tommy______m:20181030203738g:plain

ここは止められるも、チェルシーもコーナーを獲得。ニアに蹴ろうとしたが…

 

f:id:tommy______m:20181030204134g:plain

ここは角度がキツかったものの、ジルーの浮かしたヘディングは、キーパーの上を超えていく!2週連続で、アザールのコーナーからジルーが決めてくれた。同点!

NEW 1 - 1 CHE

 

すると、前半45分。

バークリー→カンテ→バークリーとボールが流れると、そのままバークリーがミドル!

 

f:id:tommy______m:20181030204410g:plain

効き足ではないが、左足で思い切り蹴ったシュートは、相手ディフェンダーの股を抜けて、そのままゴールへ一直線!

実際にもバーンリー戦で絶妙なミドルを決めて、3試合連続ゴールとしたが、それに引けを取らないようなミドルで、前半はチェルシーがリードして終える。

NEW 1 - 2 CHE

 

序盤ゆったり気味だったはずなのだが、点が決まったあたりから、お互いに攻撃のペースが上がった。最終的にはチェルシーもシュート9本で6本が枠内。いつも通りみたいな数字になっていた。

ポゼッションは64%とチェルシーが圧倒。

f:id:tommy______m:20181030012326j:plain

相変わらずファール1つ取られないクリーンぶりがすごい。

 

f:id:tommy______m:20181030012405j:plain

1Gも立派だが、同点ゴールとなるコーナーを演出したバークリーがチーム最高点。やや、ジルーとウィリアンの右サイドがあまり攻撃に絡めていなかった感じはあるが…

 

おまけ。健闘する武藤。やはりアシストを決めていた。

f:id:tommy______m:20181030012425j:plain

 

 

後半。

まずは、開始4分、アスピリクエタが持ち上がって、ウィリアンに落とす!

f:id:tommy______m:20181030205618g:plain

角度はきつかったが、ダイレクトで左足を振り抜き、うまくショートサイドに落とした。「右サイドがあまり攻撃に絡めていない感じがした」と前半終了時に印象を持ったが、その中で後半早速決めてくれたのはうれしい。
そして、レギュラー争い真っただ中という意味でも大きい、そんなウィリアンのうれしい今季初ゴール。

NEW 1 - 3 CHE

 

そして後半11分、バークリーからジルーへ、スルー気味のパス。

f:id:tommy______m:20181030205922g:plain

ジルーがスッと抜け出し、切り返すと、難なく決めた。前半でゴールを決めた2人が、後半もゴールに絡んでいく。

NEW 1 - 4 CHE

 

まだまだ終わらなかった。後半20分、バークリーが、上がっていたアロンソへ。

f:id:tommy______m:20181030210157g:plain

これまで積極的な攻撃参加が光ったサイドバックも、うれしい今季初ゴール。
バークリー今日2アシスト目は、もうさすがにこれ勝ったでしょ、というような4点目。

NEW 1 - 5 CHE

 

ここからは、余裕を見ながら、交代していく。

後半28分、1G2Aのバークリーをコバチッチと交代。

f:id:tommy______m:20181030012501j:plain

 

そして残り10分強で、今日2Gのジルーをモラタと交代。開幕戦で「これはモラタがレギュラーかな?」と思わせたストライカー争いも、2試合で一気に形勢逆転したなあ。しかも別にレベルが低いわけじゃなく、2人ともしっかりゴールを決めている中での争いだから、まさしく嬉しい悩み。

f:id:tommy______m:20181030012505j:plain

 

最後は、残り8分で、今日1Gのウィリアンをペドロと交代。

f:id:tommy______m:20181030012512j:plain 

 

結局交代カードを切ってからの得点は無かったが、失点することもなく。

ポゼッションは相変わらず64%だが、なんと後半はニューカッスルにシュートすら打たせない、危なげない試合運びで、大勝となった。

f:id:tommy______m:20181030012516j:plain

 

終盤、ペナルティエリアの端ギリギリまで飛び出したケパがファールをしてしまい、イエローを食らいはしたが、他は特に危ないシーンもなく。

1G2Aのバークリーが見事MoMとなった。コバチッチや、ここまでベンチ入りもないロフタス=チークの立場がどんどん危うくなるが、まずはヨーロッパリーグやカップ戦でアピールしたい。

f:id:tommy______m:20181030012552j:plain

 

ジョルジーニョのパスも、ついに80本近くに到達。数字だけ見たらなんとなくサッリ・ボールぽくなってきた。(嘘

f:id:tommy______m:20181030012610j:plain

 

5失点したとはいえ、計20本のシュートという猛攻を食らう中で、CBは比較的健闘していた、という評価なのだろうか。

ちなみにむとぅーは少し後半で評価を落とした。まあ、後半のシュート0本って数字通り、ニューカッスルの攻撃陣、だいたい消えてたからなあ。

f:id:tommy______m:20181030012629j:plain

 

ここ2試合は圧倒的な試合で、晴れて単独首位に。これをシーズン最後まで守り切りたい。

f:id:tommy______m:20181030012620j:plain

 

↓ そんなわけで次回予告というか次節予告↓ 

~ 次回:プレミアリーグ第4節 ここまで善戦中ボーンマス編…の前に移籍市場総ざらい編~

 

FIFA 19 - PS4

FIFA 19 - PS4