Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

僕たちは由伸の胴上げが見たい ~第6話~ 開幕第13~17戦 (5・6カード目)

日本シリーズ真っただ中ですね。

パワプロが進む進む。

 

史実では、開幕・2カード目が2勝1敗→ヤクルト・DeNAに6連敗で、4勝8敗スタートだった巨人だが、この世界線では開幕3連勝→3カード連続で1勝2敗の、6勝6敗スタート。

圧倒的な打率と、積極的な走塁・盗塁など、上位打線の足を絡めた攻撃と、ツーベースの多さで得点はリーグぶっちぎりなのだが、息をするようにど真ん中に投げるせいで被弾しまくり、それ以上に炎上する投手陣。

そんな、いや~~~な流れの中で、迎えるは首位カープとの3連戦。

 

カード初戦。史実では開幕2試合の炎上から立ち直り、今季初勝利をマークした試合。

とはいえ、こちらの先発は菅野。

とにもかくにも、エースだけに、負けられない。

f:id:tommy______m:20181027165016j:plain

…調子マークを見ると、1~6番まで、キク以外が好調なのが不穏だが、絶好調のエースで負けるわけには…これ以上言うとフラグっぽくなるからやめよう。

f:id:tommy______m:20181027165027j:plain

序盤は双方全く点の気配がない投手戦。

…だったのだが、3回に田中広輔が、内角低めのワンシームをライトスタンドへ。ええ、それ持って行きますかねえ…

すぐさま巨人がマギーのタイムリーで追いつくが、続く4回には、松山が、同じように内角低めのワンシームをライトに運ぶ。

ええ、それ持って行きますかねえ…(2度目

 

すると5回、6回にもそれぞれタイムリーがあり、広島が結果的に5点を加える。

「エースだから完封や!少なくとも完投でいけるやろ!」と期待をしていたのだが…それどころではない試合となってしまった。

最終回に漸くチャンスを作るも、同点のチャンスでボール球に手が出てしまい、セカンドへの小フライで終戦。あそこでボール球でも打ちに行って同点を急いでしまったのは、中の人の悪い癖でもあるのだが…

 

f:id:tommy______m:20181027165038j:plain

…エースで負けるのは痛いなぁ。特に投壊が続いているこの嫌な流れの中では。

 

f:id:tommy______m:20181027165045j:plain

5失点したとはいえ、8回まで投げ切ったのはエースの意地というべきだろうか。

 

f:id:tommy______m:20181027165051j:plain

そういえばこれで今年初の借金生活になるのか。辛いな。

 

最近みんな能力が少しずつ上がっていっている。

f:id:tommy______m:20181027165102j:plain

…あれは…中井大介!?

 

…まぁおいておいて。

f:id:tommy______m:20181027165113j:plain

そして、ゲレーロが故障から回復してのカード第2戦。

復帰即スタメンは不安、ということで、今日は代打で控えてもらう。

 

オーダーはお互いほぼ不変。広島のファーストが松山→バティスタに、そして西川・曾澤の打順が入れ替わったくらい。

f:id:tommy______m:20181027184910j:plain

鈴木誠也が不振とはいえ、打線がいかつい。

f:id:tommy______m:20181027184918j:plain

にしても、いきなり「絶対に左打てないマン」と「絶対に左に打たれるマン」の戦いで笑った。

f:id:tommy______m:20181027184914j:plain

いきなり丸にホームランを打たれた田口だが、4回まではなんとかリードを守る。

5回に崩れてしまい、そこで交代。

 

…が、6回に澤村を投入すると、いつも通りのフォアボール祭りからの自滅。
田原・宮國を酷使してしまっているので、投入したくなかったのだが、アウト1つを取るのに何点も取られる澤村の状況で、結局投入する羽目に。3人で仲良く1アウトずつ (無失点とは言っていない

7回に上原が1回2失点、8回にマシソンが1回1失点。この二人も酷使気味なのだが…

9回に出てきたカミネロが、3者連続三振でシメる。これだけがポジ要素。

f:id:tommy______m:20181027184928j:plain

高橋由伸の代打ホームランなんてあったんだけどなぁ…結果あっさりとカード負け越し。

f:id:tommy______m:20181027184942j:plain

ひどい。ひどすぎる。なんでアウト1つとるのに四死球2つと安打3つ打たれるのか。

 

f:id:tommy______m:20181027184946j:plain

借金が2に膨らみ、それとともにBクラス転落。

f:id:tommy______m:20181027184950j:plain

一方で、マギーが今日も打点をあげて、開幕戦から14試合連続打点をマーク。

 

…さすがにもう我慢の限界なのでこれで澤村はジャイアンツ球場行きで。

f:id:tommy______m:20181027184959j:plain

f:id:tommy______m:20181027184955j:plain

 …いやこのタイミングでコントロールあがってもねぇ。

 

 

悪い流れがさらに悪くなって、カード第3戦。

本当はこのカードはゲレーロ代打待機かなぁ、と思っていたが、この状況なので、体調が不安ではあるが、スタメン復帰してもらう。 

f:id:tommy______m:20181027211803j:plain

先発は、1試合目は軽く炎上し、2試合目は3失点に抑えていたもののデッドボールを食らい3回で降板。3度目の正直で試合を作りたい野上。

f:id:tommy______m:20181027211808j:plain

野上が序盤からポンポンとアウトを取る快投を見せるが、打線がそれに応えられない。

すると、4回に野上が丸に先制弾を食らう。

 

…またお前か…絶対引き抜いてやる…(違

 

5回にもタイムリーを食らうが、そこで崩れないのが今日の野上。

 

結局この2点にとどめ、7回2失点でHQS。

開幕戦以来のHQSだし、QSにしても開幕第2戦以来。

 

…13試合ぶり…!?

 

まぁ、それはおいておいて、現実では「Youは何しに読売へ?」と言われている森福が登板。

澤村の自滅劇を見てしまうと、コントロールCだけでもありがたいんだよなぁ…

f:id:tommy______m:20181027211813j:plain

 

左打者が多かったとはいえ、結果的に森福が抑える。

9回に、また酷使の宮國がピンチを招くが、スパッとカミネロに変えてなんとか1点でしのぐ。

(いや本当にもう先発が試合作れてなかったから投げさせる投手がいないんだって…)

 

すると9回。当然中崎が出てくるのだが…

 7番・亀井。今日ノーヒットだが、ベテランの意地を見せてほしい、と思っているところで。

f:id:tommy______m:20181101210403g:plain

まさに執念という言葉がよく似合う、ショートへの内野安打。

 

続いて、途中で小林に代わって出場していた大城。

f:id:tommy______m:20181101210713g:plain

 

2ストライクからエンドランをかけて、大城が内角低めをうまく流した!

 

カミネロに回ったところで代打・村田。

f:id:tommy______m:20181101211109g:plain

内角高めのストレートを思い切り引っ張った打球は、レフト・野間の届かないところに落ちる!1点差に詰め寄り、なおもノーアウト2,3塁。

ここでサヨナラのランナーとなった村田に、代走・長野を送る。

 

なおも、打順はトップに戻って、陽。

このターニングポイント、2,3塁なのでなんとか外野に飛ばしたいが…

f:id:tommy______m:20181101212535g:plain

2-2から1球ファールで粘っての6球目、追い込まれながらもうまく流した!さっそく同点!

長野はサヨナラを狙って突入するもアウト。

それでも、1アウトランナー2塁で、打率5割強の吉川尚輝なのでここで決めたい。

 

2-0の有利なカウントから、、、

f:id:tommy______m:20181101212825g:plain

内角の球をうまく流すと、レフト前に落ちた!

陽も迷わず三塁を蹴り、やや余裕のホームイン。嫌な流れを完全に吹っ飛ばす、大きな大きなサヨナラ勝ち!!

 

f:id:tommy______m:20181027211818j:plain

相変わらず防御率はあれだが、野上がHQSしてくれたのが大きかった。相変わらず防御率はあれだが。

f:id:tommy______m:20181027211822j:plain

まあ、勝ったとはいえ、激戦セ・リーグとはいえ、相変わらず5位なのだが…

f:id:tommy______m:20181027211829j:plain

f:id:tommy______m:20181027211833j:plain

 

…なんかいろいろあった。

f:id:tommy______m:20181027211841j:plain

f:id:tommy______m:20181027211845j:plain

f:id:tommy______m:20181027211849j:plain

 

結果カープとの3連戦は史実通りの1勝2敗。

 

移動日を挟んで、1週間ぶりのDeNA戦。今度はビジター。地方球場なので、多少はHRを狙ってもいいかなぁ…

スタメンは前回対戦と代わり映えしない。前田大和さんどこいったし。。。

f:id:tommy______m:20181027212000j:plain

 

コントロールが定まらない相手先発の井納から、まず巨人が2点を先制する。 

f:id:tommy______m:20181027212004j:plain

が、先発の山口が宮崎に同点ツーランを食らってしまう。

しかし、井納は2回も立ち直れず。

 

6回に、巨人が連打・連打で一気に7点。

しかし、山口がここで崩れる。結果的に11-7の4点差まで迫られる。

 

…点差あるしここは投げてくれ!と思って続投させたら、7回・8回は抑えてくれた。

 

すると、9回は…

まずランナーを貯めて、4番復帰2試合めのゲレーロ。

f:id:tommy______m:20181101213329g:plain

ゆる~いチェンジアップに、完全にタイミングを合わせて、どかーんと一発。

ソローロとはなんだったのか、満塁の場面で4番らしい1発である。

 

そして5番に戻ってからも打点コレクターが止まらないマギー!

 

f:id:tommy______m:20181101213508g:plain

失投を逃さず、右中間にぶち込んだ。これでチームトップの4号。

すると、3本で並んでいた岡本も黙ってはいない。

 

f:id:tommy______m:20181101213825g:plain

チェンジアップにうまく合わせて、同じくチームトップに並ぶ4号!

4・5・6番の美しいHR3連発で、大勝に華を添えた。

 

森福は9回に案の定打たれましたが10点差あったところなので5点くらいなら全然だいじょーぶ()()

 

f:id:tommy______m:20181027212009j:plain

 

3者連続ホームランはやはり見栄えもいいねぇ。

f:id:tommy______m:20181027212012j:plain

f:id:tommy______m:20181027211929j:plain

炎上したものの山口俊は8イニングを食ってくれた。これだけでもまあ中継ぎは休ませられるし他の先発よりだいぶマシ。

 

そしてこれでなんとかAクラス復帰。

f:id:tommy______m:20181027211932j:plain

f:id:tommy______m:20181027211936j:plain

 

なんかいろいろと成長している。コバヤシィ!!!

f:id:tommy______m:20181027211944j:plain

 

水曜日は移動日に。この間に中日が勝ち、2位とは1ゲーム差に。

f:id:tommy______m:20181027211948j:plain

f:id:tommy______m:20181027211952j:plain

 

サイド…横からキレのある変化球を投げそう…

f:id:tommy______m:20181027211956j:plain

 

横浜に戻ってのカード2試合目。木曜日。

スタメンは対左仕様。

f:id:tommy______m:20181027212220j:plain

月の中旬なのである程度冷えてくるかと思いきや、相変わらずアチアチ打線な感じがする。

f:id:tommy______m:20181027212227j:plain

f:id:tommy______m:20181027212231j:plain

「…東!?破壊したはずでは…!?」

(前回登板時に7点くらい取ったけど負けた記憶)

 

…あっさり抑えられた。

f:id:tommy______m:20181027212240j:plain

そして巨人は内海が先発。水曜に試合がなかったので、水曜担当大臣の内海が中7日で先発。木曜投げてる吉川光夫はブルペン待機。

そんな内海だが、最初の試合はQSしながらも引っ張りすぎて打たれてしまった。2試合めは炎上。さてどっちが出るだろう。

f:id:tommy______m:20181027212247j:plain

…と思っていたら初回に2点を取られてしまった。

 

しかし、2回に一挙3点をもぎ取り逆転。

すると内海も立て直す。

結局、追加点もあり、4-2とリードした6回に内海が降板。嬉しい今季初QSと、今季初勝利の権利を手にして、今日は中継ぎ待機の吉川光夫に託す…

 

 

…んじゃなかった…

あっさりとランナーを貯めて、あっさりとロペスに逆転スリーランを食らう。やっぱり一発持ちは信頼できねえ…

 

案の定9回はヤスアキジャンプとともに守護神様が御降臨される。

 

…しかしカープの守護神・中崎からサヨナラ勝ちをもぎ取った巨人打線も、1点差で追う展開では黙っていない。

 

まずは、吉川光夫に変えて、代打・亀井。

本当はもう少しランナー溜まってる場面がよかったけど、絶好調マークだったし、上位で代打出す場面もないはずだからここで。

中崎からチャンスメイクしたときも亀井からだったしな…

f:id:tommy______m:20181101214240g:plain

得点機ではランナーをしっかり返し、ランナーがいなければしっかりチャンスを作る。亀井さんマジ半端ないって…(ただし対右投手に限る)

 

「あの時」と同じように、トップに戻って陽。

f:id:tommy______m:20181101214412g:plain

絶妙に右中間に流し、あっさりと同点。本当に、あっさりと同点。

続くは、サヨナラの時のヒーロー・吉川尚輝。

f:id:tommy______m:20181101214719g:plain

…とりゃあああああああ。うまくセンター前に落としてくれた。

一度打ち出すと止まらない吉川尚輝。たまらん。あっさりと逆転した。

 

この回もう1点を加え、最後はカミネロが締めた。 

ヒーローは猛打賞のコバヤシィ。マイコラスも海の向こうでホクホク顔である。

f:id:tommy______m:20181027212252j:plain

結局吉川光夫が勝ち星泥棒する形になった。まあとりあえずは勝ったのでよしとする。

f:id:tommy______m:20181027212256j:plain

QSの内海とそれをあっさりぶち壊した吉川光夫、1回を完璧に抑えたのに防御率がやばい「守護神」の図 ↓

f:id:tommy______m:20181027212301j:plain

まあ、そんなこんなで、4位とは1.5ゲーム差に。

f:id:tommy______m:20181027212305j:plain

f:id:tommy______m:20181027212309j:plain

 

3勝2敗で、なんとか17試合で9勝8敗。

DeNA戦は史実1勝1敗に対して2連勝したので、現実の世界線+3で推移。

 

史実では、この次の阪神戦から、8連勝を飾るのだがどうなるのやら。

f:id:tommy______m:20181027212458j:plain

打線は相変わらずアチアチ。ホームランは相変わらずリーグ最少なのだがこれどちらかというと投手陣が被弾しまくってて他球団の数字伸びてるでしょ…

f:id:tommy______m:20181027212502j:plain

案の定被本塁打が飛びぬけている。1試合4被弾した投手は無条件で二軍行きにしようかなぁ()()

f:id:tommy______m:20181027212530j:plain

 

もう20試合近くなるけど吉川尚輝さん6割近く打ってて震える、、、 これはシーズン3割もなんとかいけないかなぁ。

f:id:tommy______m:20181027212515j:plain

f:id:tommy______m:20181027212505j:plain

 

 

↓↓↓ いつものステマ↓↓↓

実況パワフルプロ野球2018 - PS4

実況パワフルプロ野球2018 - PS4

 
実況パワフルプロ野球2018 - PSVita

実況パワフルプロ野球2018 - PSVita