Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

さらばマギー。

ケーシー・マギーが退団するらしい。

www.hochi.co.jp

 

CS敗退の時の涙や、引退説の報道もあったから、思ったよりもショックは受けていないが、それでもやっぱり、第一印象は「えぇ。。。」というリアクションになってしまった。

2018年のシーズン序盤こそ、不振で限界説も囁かれていたが、終盤は、3番・サードで幾度となく好機を演出してくれたように感じる。

 

発表された当初はださいと思っていた応援歌も、気づいたら歌うのが楽しみな応援歌の1つになっていた。「豪打炸裂Victory」というフレーズのメロディーラインが個人的に好きだった。

 

 

2013年に楽天の日本一に貢献したのは有名だが、その翌年にメジャーリーグに復帰。

2014年にはマイアミ・マーリンズでサードのレギュラーとして160試合出場、4HRながら29本の2塁打と76打点で1.4WARを稼ぎ出した。(攻撃のみのWARは1.8らしい。)

(余談だが、WAR等々のセイバーちっくなデータも網羅されているBaseball Referenceを見ると、メジャーリーグで選手の活躍の定量化がいかに進んでいるかを感じさせられる。早く日本もそうなって欲しいものである。)

 

その後2015年、2016年は3球団を渡り歩き、2017年からジャイアンツの一員に。

 

2016年は村田修一が3割25本と大復活を遂げた年であり、WARで見ても2.2と、比較的貢献度の高い1年だったようだ。

 

そんな中での補強だったので、「手薄なセカンドじゃなくてなぜサードを補強するのか」と反対の声も多かったのはよく覚えている。

僕自身もマギーの獲得には反対した。
村田修一で事足りる、外国人枠はもう少し有意義に使ったほうがいい、と思っていたから。

 

とはいえ、2017年のマギーは獅子奮迅の大活躍。

開幕こそ、村田修一に「暇」と言わせるくらいにサードで固定されていたが、シーズン中盤からはセカンドに回ると、2番とセカンドというチームの穴だった場所を埋めてくれた。

結果的には.315 18HR 77打点でチーム三冠王となる活躍。セ・リーグの年間二塁打記録も樹立した。

WARも、チーム2位、規定打席到達者55人中12位の4.1結果的には大当たりの補強となった。

 

今年はチーム3位とはいえ、規定打席到達60人のうち45位となるWAR1.3。昨年から大きく下げてしまった。

それでも数字を見ると、.285 21HR 84打点。打点も伸ばしたし、2013年以来2度目となる20HRに乗せた。
とはいえ、出塁率は.382 → .336と落としたし、長打率も.514 → .467と落とした。当然OPSを見ても1割落ちている。

冒頭の通り、CS敗退が決まった時のマギーは、引退か退団を覚悟していたのか、「もうこれで最後かもしれない」と涙。その姿は、去りゆく由伸の顔ともども、グッとくるものがあった。

 

かなり数字は落としていたのは確かだが、勝負強いクリーンアップとしての仕事ならもう1年活躍できた気もするし、若手と併用しながら、休ませつつ使えば、数字が回復する可能性だってある気がしていた。(その点では、阪神の福留孝介の使い方は上手いと思う。)

そこで切るのだから、よっぽど外国人枠をアップグレードする自信があるのか、保険としても不十分、という意図があるのだろう。

まあ、2年間クリーンアップで貢献してくれた選手を、3年目に保険としてキープして2軍に置いていくのも、なんとなく示しがつかない、というのは理解できるが…

 

外国人枠は、ヤングマン・メルセデス・マシソンの助っ投3人衆と、ゲレーロだろうか。

それとも、5人目を補強するのだろうか。

だとしたら、レアードが来るのだろうか。

はたまた噂がちらほら聞こえるビシエドか。

それともリアルにエイドリアン・ゴンザレスだろうか。個人的に、エイドリアーンは、楽天のアンドリュー・ジョーンズのようなあたりもあったが、ケビン・ユーキリスの例もあるから、かなり博打だろうと思っているが…

 

ここ数年のレアードだと、正直アップグレードな感じがしない。確かに長打力は魅力なのだが、打率・出塁率ともに大きく劣る。

2016年のWARは3.8で、ビシエドの2.4、村田の2.2を上回っているが、2017年のWARは1.8、2018年は1.6。レアードにも衰えの波が来ているように感じる。

もちろん、広い札幌ドームから、東京ドームに来て、数字を伸ばしてくれるなら、大いにありがたいのだが…

マギーと同じくらいの年俸で、打率が落ちる分長打力がウリという選手なら、巨人に慣れているマギーのほうがいいのではないかという気もする。ゲレーロと被るし…

何かと注目を浴びる球団だけに、プレッシャーにどこまで耐えられるか、というのも新外国人では気になってしまう。

 

ビシエドならば、サード・岡本で固定だろうか。今年の数字は、3年目にして日本で打つコツをつかんだのか、それともただの確変か。

 

理想は、和田恋がファーストのレギュラーに定着し、今年の岡本のように打ちまくることだが、現実的にそんな未確定要素に依存していられない。

 

いずれにせよ、2019年の優勝は必至という中で、どのような判断が下されるのだろうか。楽しみである。