Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

中島宏之で巨人の内野陣を占う

「世の中興奮する事っていっぱいあるけど、一番興奮するのは好きな選手が好きなチームに移籍した時だよね」

間違いないね

 

…ビラヌエバの考察も正直まだまだ色々やりたいことはあるのだが、これまでの報道通り、中島宏之が巨人に移籍

ビヤヌエバ、中島が加わったところで、2019年の巨人の内野はだいたい固まったとみていいだろう。

 

右の代打に1.5億は高すぎるし、中島裕之と中島宏之は別人とジョークを飛ばすくらいなので、何とも言えないところはあるが、前にも言ったとおり、西武を好きになるきっかけは紛れもなく中島裕之だったのだ。

 

なんだかんだ言いつつも、嬉しいものだし、活躍を祈るものなのである。

 

とはいえ、現実的には「若手を使え」とか「村田を切って結局似たような年齢の選手かよ」とか「マギーを切って若返りするんじゃないのか」とか言われている。

 

そんなわけで、巨人の内野と、中島の起用について少し考察してみようと思う。

 

・一、三塁

スタメン候補: 岡本和真、ビヤヌエバ、阿部慎之助、中島宏之、(和田恋?)

→ 見るからに打撃優先のポジション。不動の4番になった岡本は固定、ビヤヌエバも使う可能性が高いだろう。その場合はファースト岡本、サードにビヤヌエバとみていいはず。この場合、阿部と中島が代打に控えることになる。

→ が、ビヤヌエバがダメなら、サードに岡本が回る。阿部か中島、はたまた和田恋がファーストになるだろう。個人的には阿部・中島の故障歴を考えると、和田恋ファーストがいいが。。。

 

・二遊間

スタメン候補: 坂本勇人、吉川尚輝、田中俊太、(山本泰寛?)

ショート坂本はほぼ確定だろう。コンバートはしない、という趣旨の記事を見た気がするし、今年も攻守に活躍が期待される。怪我さえなければ

→ セカンドは、守備の吉川尚輝か、バランスの田中俊太か。はたまた山本泰寛が入ってくるか。坂本離脱時は吉川尚輝がショートセカンドに田中俊太か山本泰寛か、という今年の起用からあまり変わらないだろう。

 

<気になったこと>

・中島のそもそもの成績は?

通算

77試合 251打席 225打数 65安打 打率.289 出塁率.356 長打率.387 OPS.743

7二塁打 0三塁打 5本塁打 34打点 13得点 38三振 21四球 3死球 8併殺 盗塁企画無し 

 

…昔は3割20本20盗塁を期待できる選手だったが、最近は3割近い打率と運が良ければ2桁HR、といったところだろうか…。正直少し打率重視の、右打席版の阿部慎之助と言ってもいい気がする。

 

得点圏

80打席 67打数 22安打 打率.328 2本塁打 29打点 10三振 12四球 0死球 

 

…とはいいつつも、得点圏で成績が上がるのはさすが。

 

対左右別

対右: 173打数 51安打 打率.295 2本塁打 24打点 24三振 19四死球

対左: 052打数 14安打 打率.269 3本塁打 10打点 14三振 05四死球

 

…2011年以降、若干左投手が苦手か?この傾向が続いているように見える。

 

月別

3/4月.....15試合 26打数 5安打 打率.192 0本塁打 2打点 5三振 4四死球 出塁率.300 長打率.192 OPS .492

5月.......... 7試合 12打数 1安打 打率.083 0本塁打 0打点 4三振 1四死球 出塁率.154 長打率.083 OPS .237

6月........ 10試合 29打数12安打 打率.414 1本塁打 4打点 5三振 5四死球 出塁率.500 長打率.586 OPS 1.086

7月........ 出場無し

8月........ 20試合 64打数20安打 打率.313 1本塁打10打点10三振 7四死球 出塁率.375 長打率.406 OPS .781

9/10月... 25試合 94打数27安打 打率.287 3本塁打18打点14三振 7四死球 出塁率.337 長打率.404 OPS .741

 

…3~5月の絶不調から、6月に盛り返しかけたところで離脱。8月・9月も途中までは好調で、3割を超える打率だったが、結果的にスローダウンしてしまった。

(北海道での日ハム4連戦時点では3割超えていた記憶があるのだが…)

 

*交流戦5試合しか出ていない故サンプルが少なかったので割愛。

 

 

・実際中島代打ってどうなの?

代打: 19打数6安打 (.316)

サンプル数も少ないが、まぁ右の代打の成功率が少ないことを考えたらいい方と言えるのではないだろうか…?

得点圏の数字も少し上がっていることを考えると、代打なら期待大といえるだろう。

 

 

・中島の故障歴は?

Wikipediaを流し読みするだけでも、これだけ抽出できた。

・2013年のスプリングトレーニングで内野安打を打った直後に左太もも裏を損傷

・5月4日に左太物痛みが再発し再検査。その後25人ロースターを外れる。

・2014年ディビジョンシリーズで左手首を骨折

・2015年4月19日に内野安打の際に右太もも裏を痛めて交代。肉離れ。

・同年5月26日試合開始前の昼食中にぎっくり腰を発症

・2016年4月15日に走塁中に右ふくらはぎを痛める

・2018年6月28日に肉離れ

 

西武時代はかなり離脱の少ない選手だったが、メジャー挑戦後から、特に下半身の怪我による故障離脱が増えている

 

<個人的な結論>

うーん、やっぱり1億5000万円は高いけど、勝負強さは健在そうだし、代打としてならうれしい…なんだかんだ言っても、華のある選手だと思うし…

故障歴や、決して上手とは言えない一塁・三塁の守備を考えると、ナカジがスタメンで出るようでは5年連続V逸しかねないなぁ…という印象。

いずれにせよ、背番号5をゲレーロから「奪う」形になっただけに、その価値を証明できるような活躍を期待したい。

願わくは、オリックスの応援歌のような、カッコいい応援歌に乗って、優勝を決める一打を届けてほしいものである。

西武で背番号3、巨人で背番号5っていうといろいろ思い出すけどあえて触れない

 

(参照サイト)

baseball.yahoo.co.jp

baseballdata.jp