Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

SarriballをFIFAで再現したい 〜第22話 ヨーロッパリーグ第3節 モルデFK戦 ~​

そういえば最近全くこっち書いてなかった。

 

前節はマンチェスター・ユナイテッドとの大一番。見事に2-1で撃破。

そしてヨーロッパリーグも折り返し地点もなる、第3節。モルデFKを迎えてのホームでの試合。

f:id:tommy______m:20181120003140j:plain

 

スタンドに浮かび上がるチェルシーのロゴが美しい。

f:id:tommy______m:20181120003145j:plain

 

スタメン。ケパ以外は前節から総入れ替え。

モーゼスが使えるようになればこれができるから大きいよね。

f:id:tommy______m:20181120003148j:plain

f:id:tommy______m:20181120003153j:plain

 

モルデFKのスタメン。相変わらずよくわからない。

4-3-3だが中盤がやや下がり気味かな?

f:id:tommy______m:20181120003158j:plain

f:id:tommy______m:20181120003202j:plain

 

前半4分。セスクが左サイドから、3人に囲まれながらもクロスを飛ばすと、それがエリア内のモーゼスに届く。

f:id:tommy______m:20181120004038g:plain

が、モーゼスのシュートは枠を大きく超えていく。

CHE 0 - 0 MFK

 

…も、結局、前半、絶好のチャンスと言えるチャンスはこれくらい。双方ともチャンス自体はあったものの、全くそれを得点に繋げられず。

「期待の選手」と紹介されたモラタも、ノーゴールだし得点機にもあまり絡めず。不満の残る内容になってしまった。

f:id:tommy______m:20181120003206j:plain

f:id:tommy______m:20181120003210j:plain

 

ポゼッションは取れてるし、お互いにシュートも打ててはいるのだけど…

f:id:tommy______m:20181120003214j:plain

ちょっとパス回しに終始してしまったか。

パス本数が多かったセスクはチーム最高点。そしてある程度は守備でもしっかり走ってくれた印象。

f:id:tommy______m:20181120003218j:plain

 

そんなわけで後半へ。

後半7分、まずは、コーナーからモルデFKがチャンスを作る。

f:id:tommy______m:20181120004402g:plain

これはケパがうまく止めた。カバジェロだったらどうなっていたかなあ。

CHE 0 - 0 MFK

 

前半はうまくパスを散らしてくれたセスクだが、スタミナはやや不安。試合が2/3終わったところで、結局ジョルジーニョを投入。

f:id:tommy______m:20181120003224j:plain

 

その後も相変わらず動かない試合。勝ち点3のために、71分にはモーゼスを下げてアザールを投入。

 

が、その直後。

中盤から斜めのパス×2で前線に送ると、スルーパスが飛び出していたモルデFKのフサインに届く。そのままケパとの1対1となり、あっさりフサインが先制点を決める。

本当に、あっさりとウラを取られたなぁ。

f:id:tommy______m:20181120004926g:plain

CHE 0 - 1 MFK

 

やっと動いた試合は、チェルシーの望まぬ方向に動く。

しかし、プレミアリーグ1位にいるチームとして、ホームであっさり負けるわけにはいかない。

前半は今ひとつ得点機を演出できなかったモラタが最前線でボールを受けると、右から駆け上がったアザールにスルーパス。

f:id:tommy______m:20181120005303g:plain

そして、難なくボールを受けたアザールは、ゴール前を通る華麗なグラウンダーパス。

反対側にいたペドロが、がら空きのゴールに押し込んで、あっさりと同点。

これができるなら最初からやってくれよ、と言いたいところではあるが、途中でアザールが入った瞬間にあっさり点が入ったあたり、やはり背番号10の存在感抜群というべきだろう。

CHE 1 - 1 MFK

 

f:id:tommy______m:20181120003228j:plain

同点に追いついたところで、ロフタス=チークに変えてバークリーを投入。

今度こそ勝ち点3を取りに行くが、試合終了間際には逆にモルデFKの猛攻に遭ってしまう。

f:id:tommy______m:20181120005807g:plain

ここは度重なるケパの好セーブでなんとか同点をキープ。

チェルシーも、最後にチャンスを作るが…

f:id:tommy______m:20181120010141g:plain

バークリーのシュートは止められてしまい、そのまま試合終了。

勝ち点3を取りに行くつもりが、勝ち点1をなんとか守り切った、という形になってしまった。

 

f:id:tommy______m:20181120003235j:plain

ペドロは久々のゴール。同点ゴールという意味でも大きかったし、これは収穫だったと言えるのではないだろうか。

 

f:id:tommy______m:20181120003239j:plain

ポゼッションは相変わらず取れているがシュート数は圧倒された。特に後半。

文字通りのなりふり構わぬ攻撃、というべきだろうか。

 

MoMは同点ゴールのペドロの手に。アザールがなぜか右サイドに入っているが、結果的にはその右からのグラウンダークロスが決まって同点なので、まあ良しとしよう。

f:id:tommy______m:20181120003244j:plain

 

とはいえ、これでヨーロッパリーグはPAOKが首位に。1位2位が勝ち点をほぼほぼ独占している構図。

それを考えても、勝ち点3の差が、残り3試合でひっくり返るとはあまり思えないけど、やはりグループステージのメンツを見たら、1位抜けしたいものである。

f:id:tommy______m:20181120003248j:plain

 

↓ リーグ戦⇒EL⇒カップ戦という地獄再び ↓ 

~ 次回:カラバオ・カップ 4回戦 @アーセナル編 ~

 

FIFA 19 - PS4

FIFA 19 - PS4