Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

Football Manager 2019 - チェルシーで長期政権を築きたい Ep. 9 第2節 エバートン戦

そんなわけで開幕戦はレスター相手に3-0の勝利。

暫定1位…かと思ったがマンCがボーンマスを4-1で破壊。結局総得点の差で、そのまま1位にマンCが入った

f:id:tommy______m:20181210135333p:plain

 

そういえばシーズンチケットは25,000枚売れたようだ。何より何より。

f:id:tommy______m:20181210135339p:plain

 

そしてU-18の試合があったようだが無事勝利。

f:id:tommy______m:20181210135343p:plain

 

そしてエバートンのスカウト・レポート。

4-2-3-1の今のフォーメーションではチャンスをよく作れており、特に相手が4-3-3の場合は、その傾向がより強いようだ。

一方で4-4-2に対しては弱いようだが…もちろんフォーメーションを変える気は無い。なぜならチェルシーだから。

マンCだろうが、来年以降レアルやバルサ、PSGと当たることになろうが、フォーメーションを変えたり戦術を大胆に変えたりして戦うつもりはない。なぜならチェルシーだから。

f:id:tommy______m:20181210135347p:plain

 

…そういえば今週は守備中心の練習のようだ。

f:id:tommy______m:20181210135943p:plain

 

個別トレーニングの調整。若手選手は何人か新しいポジションの練習をしたり。

どうもアントニオ・リュディガーはロングパスが苦手?なようで、個別トレーニングでそのセッションを追加することに。

あとはコーチの担当領域が多すぎるらしいのでいくつか削るようアドバイスが。

f:id:tommy______m:20181210135947p:plain

 

第1節の締めくくりはリバプール vs. ブライトン。無事リバプールが2-0で勝利。ギリギリ得失点差で2位キープ。マンCの一強か、マンC・リバプールの二強に見えるものの、ビッグ6のとこが勝つかわからないし、それゆえに、ビッグ6との戦いでポイントをしっかり取ることも、格下にあたるチームとの戦いで取りこぼさないことも、いずれも大事になるだろう。休める試合なんてなかなかないのが、苦しいところではあるが…

f:id:tommy______m:20181210135952p:plain

 

そして今週のベストイレブン…には誰も選ばれず。残念。

f:id:tommy______m:20181210135958p:plain

 

センターバックのマイケル・ヘクターがローン先のシェフィールドで3か月の長期離脱。にしても、26歳かぁ、ちょっとローンから戻ってきても…感あるなぁ。

f:id:tommy______m:20181210140003p:plain

 

そして18歳・若手右サイドバックのデュジョン・スターリングも、ウェイトトレーニング中の怪我で、5-6週間の離脱に。

f:id:tommy______m:20181210140435p:plain

 

そしてひっそりとモーゼスが代表引退。37試合12ゴールはまぁ立派だよね。。。

f:id:tommy______m:20181210140438p:plain

 

そういえば「調整不足の選手はU-23チームに出してもええで」ということなので、カンテやアザールら主力選手には調整目的で、20分~45分程U-23の試合に出てもらうことにする。

f:id:tommy______m:20181210140442p:plain

 

そしてエバートンの前戦レポート。

バーンリーを2-0で撃破していたようだが、ポゼッションは48%-52%で劣勢。シュートも11-10とわずかに押した程度。基本的には中央突破のチームなようだ。

f:id:tommy______m:20181210140445p:plain

 

そして気づいたらシンジ・オカザキが移籍している。£4.7Mで週給£34,000での移籍。静岡バレーナとかいう謎のクラブに移籍金の2.5%が行くことになっている。ライセンスの生々しい問題を感じる。

f:id:tommy______m:20181210140449p:plain

 

そして試合の予測記事。オッズはエバートンの勝利が13-8、引き分けが2-1、チェルシー勝利が6-4

わずかながらチェルシーが優勢にみられているようだ。チェルシーからローンで出ているクル・ズマが出場不可能なのが大きいかな?個人的には期待していた選手なので復活に期待したいのだが、このシリーズではどうなるかなあ…

f:id:tommy______m:20181210140900p:plain

 

…しかしチェルシーも、ダビド・ルイスが試合直前に怪我。これはヒヤリとする。

f:id:tommy______m:20181210140904p:plain

 

そして第2節はリバプールとマンUという激戦から始まる。前節はアウェイでのトッテナム戦に敗れたマンUが、ホームでリバプールを撃破。

史実では未だ無敗のリバプールが第2節で敗れるあたり、混戦のにおいがするぜ。

f:id:tommy______m:20181210140907p:plain

 

U-23はアーセナルとの戦い。2-1で辛うじて撃破

アザール・ケーヒルが調整目的で出場したが、活躍したのはゴールを決めたルーク・マッコーミックと、MoMのイーサン・アンパドゥなようだ。

f:id:tommy______m:20181210140913p:plain

 

ジョルジーニョが相変わらずトレーニングで好調。

f:id:tommy______m:20181210140917p:plain

 

そして週末へ。

強豪同士の激突は、すでに終わったマンU・リバプールくらいか。

f:id:tommy______m:20181210141749p:plain

 

そして試合前の訓示のお時間。

前週に続きペナルティエリア内での動きは高評価な一方で、ロングシュートが相変わらず決まらないみたい。

f:id:tommy______m:20181210141754p:plain

 

まぁ訓示はゾラ様に託すんですけどね。
リュディガーには「ポジションから外れすぎるなよ」、ケパには「もっとリスク取って積極的に行け」とのこと。

f:id:tommy______m:20181210141757p:plain

 

そしてアーセナルとはU-18でも対戦した模様。こちらは0-0の同点。

f:id:tommy______m:20181210141801p:plain

 

結局ダビド・ルイスは試合には間に合うようだ。

f:id:tommy______m:20181210142153p:plain

 

マンCがニューカッスルを5-1で破壊し、アーセナルも順調に勝利を収める中で、エバートン対チェルシーは少し遅い時間の開始。

f:id:tommy______m:20181210142158p:plain

 

ホームのエバートンが青いユニフォームでチェルシーはアウェイユニフォームの黄色。

よく見たらカーディフ・シティが開幕2連勝なようだ。

f:id:tommy______m:20181210142204p:plain

 

スタメンは前節と同じ。アザールはまだフィットネスが72%なのでスタメンにするにはちょっと微妙かな…

f:id:tommy______m:20181210142211p:plain

先制点はなんとかチェルシー。モラタが2戦連続ゴール60%近いポゼッションは保っており、シュート数も圧倒していたが、1点勝ち越すのがやっとなようだ…

ペドロがアタッキングサードに持っていくときにいい動きしているものの、ポゼッション失いがち。リュディガーが最終ラインでうまくボールを奪えているとの評価。ちょっとジョルジーニョのミスが目立つようだが…

f:id:tommy______m:20181210142217p:plain

後半は、89分にカンテのゴール。試合終了間際に1点返されたが結局カンテのゴールが大きく、2-1で勝利。後半はエバートンがうまく調整してきたようで、若干押し返されたが、何とか逃げ切れた形に。前半はよかったペドロの動きが、後半は悪かった気がする。2点目を決めたカンテがMoM

f:id:tommy______m:20181210142758p:plain

こうやってみると、チェルシーの攻撃は、だいぶ右サイド中心だった。アザール入らないとこの辺のバランスがだいぶ変わるのかな。

f:id:tommy______m:20181210142807p:plain

クロスが全く決まらなかったし、ジョルジーニョはミス5回というのが目立っているが、総じてパスをうまくまわしているし、サイドバックや中盤の運動量が光る。

f:id:tommy______m:20181210142815p:plain

ゾラ様「ジョルジーニョは言語の問題抱えてそうだぞ」

ぼく「せやな… (イタリア代表だからイタリア語?ブラジル生まれだからポルトガル語?)」

ゾラ様「セットプレーの守備練習しないとな」

ぼく「そうですね… (あれ先週もそれ言ってたけど練習メニュー全く変わってなくね?)」

f:id:tommy______m:20181210142824p:plain

それにしても、エバートンのタックル数が尋常じゃない。なんだよチェルシーの18に対して41って…
パス数はチェルシー361に対してエバートン302。いずれも多いなぁ。

f:id:tommy______m:20181210142832p:plain

結局この勝利でなんとか2位キープ。

f:id:tommy______m:20181210143212p:plain

f:id:tommy______m:20181210143218p:plain

MoMのカンテはやはりニュースにも取り上げられた。よく見ると、総走行距離13.7kmというとてつもない運動量

f:id:tommy______m:20181210143300p:plain

カンテのゴールと運動量がMoMを勝ちとり、ウィリアンは2アシストで7.7、モラタも先制ゴールで7.1。それ以外は6点台とちょっと微妙。

特にペドロは、「定期的にゴールを脅かすことができなかった結果、存在感のうすいゲームとなった」という酷評。

f:id:tommy______m:20181210143305p:plain

 最終的にフラムがサウサンプトンを2-0で下したところで2節が終了。フラムも開幕2連勝を飾ったようだ。

f:id:tommy______m:20181210145447p:plain

 

そんなわけで、他チームに食らいつくように開幕2連勝。第3節以降、どこまでいけるか。やはり、史実とはスケジュールが異なるとはいえ、サッリ監督のように開幕12戦無敗くらいはいけたら嬉しいなあ。