Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

Football Manager 2019 - チェルシーで長期政権を築きたい Ep. 10 第3節 ワトフォード戦

エバートン戦は一瞬ヒヤッとしたが、なんとか勝利し、開幕2連勝。

そんな中でホームに戻って、ワトフォードを迎える第3節。

 

ワトフォードの分析レポート。

ゴールキーパーが手堅いのと、フォーメーションでの相性が良いことが特徴らしい。
一方で、ヘディングやキーパーのハンドリングは疑問符なようだ。

ジルーを使えば勝機ありらしいが、まずはジルーのフィット状態がポイントになるか。

f:id:tommy______m:20181210154058p:plain

 

トレーニングは少し軽めになってる気がする。

f:id:tommy______m:20181210154107p:plain

 

U18のカップ戦のグループステージ組み合わせが唐突に来た。
チェルシー、レスター、ノーウィッチ、トッテナムのU18チームが同じグループ。

f:id:tommy______m:20181210154113p:plain

 

エバートン戦前にケガしたダビド・ルイスがまだ本調子になってないことと、ロフタス=チーク、オリビエ・ジルーがまだ復帰したてということで、怪我のリスクがちょっと上がっているようだ。まぁでもダビド・ルイスば試合に出てもらわないと困る…

f:id:tommy______m:20181210154119p:plain

 

選手の成長レポート。引き続き、チームと監督の関係性は良好なようで何よりである。

イーサン・アンパドゥはアントニオ・リュディガーよりかなりいい選手になるかもしれない
マルチン・バルカはケパと同じくらいいい選手になるかもしれない
やはり、この辺の選手に期待がかかる。やっぱり、ファン心理としても、アカデミー出身の選手の活躍は見たいと思う。

f:id:tommy______m:20181210154305p:plain

 

第2節の週間ベストイレブン。カンテが8.3評価だったが漏れてしまった。

f:id:tommy______m:20181210154309p:plain

 

ワトフォードの前戦レポートが来た。バーンリーに対してポゼッションはイーブンで、シュートは少し多く打てているものの、結局0-2で敗れている。
見る限り中央か右からの突破が主な攻撃パターンなようだ。ヒートマップが中央で赤くなっているのを見ると、中央にボールを集めて散らすのがビルドアップの典型パターンなのかな?

f:id:tommy______m:20181210154313p:plain

チーフスカウト「ハドソン=オドイはスーパースターになるから早めに囲い込んどけ」

ぼく「せやな」

f:id:tommy______m:20181210154317p:plain

 

とりあえずさっさと契約をまとめる。今から契約を有効にすると2021年までの契約になってしまうため、シーズン終了を待っての新契約、という形にした。
現状が週給2,500ポンドなので、週給9,000ポンドという大幅な昇給になった。

f:id:tommy______m:20181210154323p:plain

 

試合前の戦術アドバイス。

今のフォーメーションだと「守り中心」の人が少ない、ということなのだがまぁそれは無視することとする。なぜなら守備ばかりではない、攻撃的なサッカーを目指すからだ。たとえそれが選手に運動量を求めることになるとしても…

今回の試合は、アドバイスどおり、ロングキックや、セットプレー狙いで、チャンスを作りにいくことに。

f:id:tommy______m:20181210154556p:plain

 

チェルシー勝利のオッズが4-7引き分け予想が5-2、ワトフォード勝利が4-1と、なかなかにチェルシーが優位予想。

ワトフォードはトム・クレヴァリーがアキレス腱の損傷等々、結構故障離脱が多いようだ。

f:id:tommy______m:20181210154601p:plain

 

試合前の訓示タイム。相変わらず「ペナルティエリア内での動きはいいぞ、ロングシュートはクソだぞ」という分析。

f:id:tommy______m:20181210154609p:plain

ゾラ様の訓示。リュディガーはポジションを守ること、ペドロは積極的にドリブルをすること、という指示。

f:id:tommy______m:20181210154612p:plain

 

そして第3節はアーセナルとマンUというビッグマッチで幕を開ける。

いやマンUの開幕3連戦きつすぎじゃね?????

今回はアーセナルが2-0で勝利。マンUは3戦1勝の苦しい出だし。

f:id:tommy______m:20181210154616p:plain

 

今週もジョルジーニョがトレーニングで絶好調。

毎度トレーニングで一番評価の高かった選手を褒めるようにしているのだが、ジョルジーニョがさすがに3回目で「もうあきたわ」と言われてしまった。w

f:id:tommy______m:20181210154731p:plain

 

U-18チームの一戦は、チェルシーのU-18チームが勝利。マルセル・ルイスが決勝ゴール。

f:id:tommy______m:20181210154745p:plain

 

そしてトップチームは、マンCがサウサンプトンを2-0で下し、開幕3連勝を確定させたところでキックオフ。

f:id:tommy______m:20181210154748p:plain

 

お互いにホームユニフォーム。
早々と開幕3連勝を決めたマンCとアーセナルに食らいつくためにも、勝利したい一戦になった。

f:id:tommy______m:20181210154841p:plain

 

スタメンは開幕2試合と同じ。アザールのフィットネスも72%、ジルーは69%と少しずつ上がってきた…けどまだ大丈夫かな。試合に出し続けてるカンテが90%台まで上がってきているから敢えて一試合出してみるのもありかもしれないけど…

f:id:tommy______m:20181210154847p:plain

 

…先制された。前半16分にいきなり先制されたのでヒヤッとしたが、その後10分くらいでカンテのゴールで同点に。ポゼッション・シュート数は圧倒しているだけに立ち上がりの悪さが気になるが、今後改善できればOKかな。

ホームなのでそりゃあ勝ち点3がほしいが、それ以上に負けないことも大事になるだろう(多少弱気 

f:id:tommy______m:20181210154854p:plain

…なんとかなった。ダビド・ルイスとウィリアンのブラジリアンコンビがゴールを決めて、勝ち点3を確保。ただチェルシーは唯一の被シュートが失点になってしまった。

f:id:tommy______m:20181210154904p:plain

こうやって見ると、チェルシーがうまくボールを散らしながら、ワトフォードに握らせない、理想的な戦いぶりだったことがわかる。

f:id:tommy______m:20181210154916p:plain

結果的にはカンテが今日も1ゴールと守備での圧倒的貢献でMoMに。

f:id:tommy______m:20181210154938p:plain

ロングパスの精度が悪いのがゾラ様的には気になるようだ。

f:id:tommy______m:20181210155002p:plain

シュート数は30本-1本枠内は15本-1本コーナーは16回-1回完全に圧倒しながらも、絶好機はワトフォードの1回のみ。チャンスの質というのは今後改善が必要そうだ。

f:id:tommy______m:20181210155016p:plain

f:id:tommy______m:20181210155028p:plain

ジョルジーニョのパス回数はついに100回を突破 (100本通したわけではない)

開幕戦でポゼッションが若干劣勢だったことを考えると、少しずつポゼッションも高められていっているかな?

f:id:tommy______m:20181210155040p:plain

そんなわけで「チェルシーがワトフォードをぶっ叩いて」2位浮上。

f:id:tommy______m:20181210155053p:plain

史実通り、これまでよりも攻撃的な位置にいるカンテだが、開幕3試合で2ゴールと絶好調だ。史実ではいまだにカンテのポジションは議論を巻き起こしているが、この世界戦では迷うことなく今のポジションでいいだろう。

f:id:tommy______m:20181210155059p:plain

形上は逆転勝ちになるので、「とりあえずはほっとしているよ、選手たちががんばってくれた」と記者会見で答えた。選手たちにもいいリアクションを得られたようだ。

f:id:tommy______m:20181210155105p:plain

最後はリバプールがウエストハムを5-2と破壊したところで第3節がほぼ終了。苦しむマンUをしり目に、フラム・カーディフが好調。

f:id:tommy______m:20181210155112p:plain

 U-23の試合に、引き続きコンディションがまだ上がり切っていない選手を出すスタイル。

f:id:tommy______m:20181210155145p:plain

評価点を見ると、比較的いい試合だったように見えるが、その中でもバークリー、モラタは空気だったかなぁ。特にモラタは「運動量はよかったが存在感は薄かった」との評価。

f:id:tommy______m:20181210155151p:plain

さて第4節はジルーが先発か。アザールもスタメン復帰か。どうなる。まだ何も決めてない。