Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

Football Manager 2019 - チェルシーで長期政権を築きたい Ep. 13 第5節 楽しい楽しいバーンリー戦

そんなわけでまさかの最下位相手の取りこぼしで開幕4連勝を逃したチェルシー。

 

最近よく見る選手のトレーニングレポート。ここ3ヶ月でどの程度成長したか、等々が書いてある。

若手選手は割愛するがクリスチャンセンくらいは見ておこう。

 

…たいして伸びていないらしい…ちーん。出場機会が少ないのが理由らしいから当たり前といえば当たり前かぁ…

f:id:tommy______m:20181215162355p:plain

 

そして今週の練習レポート。最近不調のモラタが練習では好調だったようで。素晴らしい。

f:id:tommy______m:20181215162359p:plain

 

U-18チームはトッテナムのU-18の前に1-3で撃沈。マルセル・ルイスがまたゴールを決めたようだ。

トッテナム相手に1-3って…(既視感)(察し)

f:id:tommy______m:20181215162404p:plain

 

そしてU-23もトッテナムとの試合なようだが…例のごとく「調整不足の選手はU-23に出してもええで」というやつ。代表ウィークからまだ帰ってきていない選手もいるためか少ない。

f:id:tommy______m:20181215162409p:plain

 

そして練習スケジュール。特に何も変えていないが、よく見ると戦術理解度もだいぶ上がってきているなぁと。

f:id:tommy______m:20181215162413p:plain

 

次節で対戦するバーンリーは、前節ではカーディフと0-0の引き分け。今一つボールを持ち切れていないのだろうか。ヒートマップが全体的に寒色系で終わっている印象。

f:id:tommy______m:20181215162725p:plain

 

トレーニングはいつまでたっても調整が続く。

アレを増やせば別の選手は嫌だと言い…コーチの守備範囲もバランスが難しいし…みたいな。

若手選手は積極的に新しいポジションも練習してもらう所存。

f:id:tommy______m:20181215162729p:plain

 

そしてまた17歳を迎えた選手が。

f:id:tommy______m:20181215162734p:plain

…うん。またもなんともいえぬ。しばらくは様子見だね。

f:id:tommy______m:20181215162737p:plain

 

バーンリーのスカウト・レポート。

結論:キーパー (トム・ヒートン) が有能。

一方で弱点を見ると、深いところからロングパスでゴール、というパターンや、スルーボールからのゴールが多いみたい。

f:id:tommy______m:20181215162743p:plain

 

そしてU-23はトッテナムのU-23を2-0で撃破。チャーリー・ウェイクフィールドが高評価だったようだ。U-23のプレミアリーグではこれで4位浮上。

f:id:tommy______m:20181215162959p:plain

 

次戦のダービーとのU-23の試合は、代表組も復帰。オーバーエイジ枠で出る選手が多そうだ。

f:id:tommy______m:20181215163005p:plain

 

そしてザッパコスタが代表戦で故障したとかいう悲報。3-4週間の離脱

サイドバックの控えにいるとはいえ、そろそろヨーロッパリーグやカップ戦も入ってきて、ローテーションしたいのだけど…困るよ…

f:id:tommy______m:20181215163014p:plain

 

そしてクルトワが入ったはずのレアルでケイラー・ナバスが契約延長。これはキーパー全面戦争のにおいがする。

f:id:tommy______m:20181215163020p:plain

 

一方でラファエル・ヴァランにマンCが興味を示していると。プレミアに来られるのはちょっと困るなぁ…というかやはりチェルシーも若手センターバックは取りに行くべきか。

f:id:tommy______m:20181215163025p:plain

 

そんな中で、エメルソンがうれしい代表初キャップ

f:id:tommy______m:20181215163245p:plain

 

そしてウィリアンまで怪我

痛み止めというか注射で、次の試合強行出場することもできるよ、その場合復帰は伸びるけどね…的なやつ。

ペドロもいるし、アザールもコンディション整ってきた中でそこまでリスクは侵さない。

f:id:tommy______m:20181215163251p:plain

 

そんなわけでウィリアンは6-9日の離脱

f:id:tommy______m:20181215163255p:plain

 

U-23は今度はダービー・カウンティー相手に1-0で勝利して連勝。チャーリー・ウェークフィールドがサイドバックで大活躍したようだ。

f:id:tommy______m:20181215163259p:plain

 

ん…

 

f:id:tommy______m:20181215163508p:plain

【悲報】エメルソン、お前もか

 

いや待って専門医に託しても4~5か月の離脱で、チームドクターでも5か月の離脱、療法家に託すと5~6か月の離脱…

それってほぼもうシーズンアウトやんけ。つらすぎる。

f:id:tommy______m:20181215163512p:plain

そんなわけでやけくそでチームドクターに託す。次の移籍市場で左サイドバックをローン補強するかぁ…

 

たまに見ると面白いスタッツがあったりする。インターセプト上位3名は、バーンリーのベン・ギブソン (19)、クリスタル・パレスのジェームス・トムキンスとハダースフィールドのクリス・シンドラー (ともに18)。

オフサイド回数はブライトンのグレン・マレーが12回で最多。ボーンマスのジョッシュ・キングが10回で2位。こちらは不名誉。

f:id:tommy______m:20181215163515p:plain

 

エメルソンの長期離脱で左サイドバックがかなり薄くなってしまったのを記事にされた。ほぼ丸腰。その通りです。つらい。

f:id:tommy______m:20181215163520p:plain

 

試合前の戦術考察タイム。

コーチ「もう少し攻守のバランスとる戦術のほうがいいんじゃない?」

ぼく「そう?(ハナホジー」

f:id:tommy______m:20181215163528p:plain

 

チェルシー勝利が4-7、引き分けが5-2、バーンリー勝利が4-1とかなり偏ったオッズに。

f:id:tommy______m:20181215163741p:plain

 

記者会見にて「ボーンマスのショーン・ダイクは国内の選手を集めて勝っていることで評判だけどそれはどう思う?」

ぼく「ふーん。まぁどこの国の選手でも勝つことが大事じゃない?(ハナホジー」

f:id:tommy______m:20181215163746p:plain

 

そしていつものほかの戦術も練習しろというやつ。
これがコンテ時代の3バックとかだったら、オプションで4バック用意しておいてもいい気がするけど、サッリ・ボールに寄せたい現状では全くやる気ないんだよなぁ…

f:id:tommy______m:20181215163750p:plain

 

そんなわけで第5節に突入。まずはトッテナムとレスターの1戦から…

f:id:tommy______m:20181215163753p:plain

いきなりのアップセット。トッテナムはこれで2勝0分3敗という厳しいスタートに。

 

今週の練習はリュディガーが好調。カバジェロとアザールっていつも悪いほうで名前上がってる気がする…

f:id:tommy______m:20181215163758p:plain

 

試合前の訓示タイムへ。
最近は「PA内でのシュート大体決められてるよね」という傾向があるみたい()

そしてどうでもいいのだけどちらっと見るとジョルジーニョとバークリーの間に線が伸びている。これはケミストリー的なやつだろうか。

f:id:tommy______m:20181215164028p:plain

まぁそれは置いておいて訓示はゾラ様にいつも通り託す。

f:id:tommy______m:20181215164032p:plain

 

そして同日開催のU-18の試合は馬鹿試合に。ダイショーン・レダンが2ゴールと大活躍。

f:id:tommy______m:20181215164037p:plain

 

そ し て マ ン C が 負 け た

f:id:tommy______m:20181215164041p:plain

うせやん。前節まであんなにアンタッチャブルな雰囲気だったのに。

 

アスピ・ウィリアンとも試合には出れるとの判断。
故障時点での「復帰までの予想日数」には全く到達しておらず、ウィリアンはまだ全快ではないはずなのだが…大事を見てスタメンはペドロの予定。

f:id:tommy______m:20181215164047p:plain

 

そしてボーンマスが強い。チェルシーが苦しんだクリスタル・パレス相手に4-0での勝利をあげ、暫定5位浮上のようだ。

f:id:tommy______m:20181215164057p:plain

 

そして試合時間がなぜかいつもずれるチェルシーはこの日最後の試合。この試合の勝利で一気に暫定1位まで浮上できるチャンス。これはクリスタル・パレス戦のような戦いは許されない。

f:id:tommy______m:20181215164106p:plain

 

ウィリアンを下げてペドロをスタメンにした以外はいつものメンツ。
いつもベンチではザッパコスタが控えのサイドバックとして待機していたのだが、控えのサイドバックがどちらも同時に離脱というのはさすがに構えてない。正直しんどい。

f:id:tommy______m:20181215164112p:plain

 

バークリーの先制弾のあと、カンテがプレミアリーグ3ゴール目となるゴールで2-0とした。その後1点こそ取られたが、ある程度相手を押しながら2-1でリードをしっかり奪えている。

左サイドから展開できていない、相手陣地でボールを支配できていない等々言われているが…

個人的にはイエローカードの多さが気になる。

f:id:tommy______m:20181215164122p:plain

 

…アザールが後半27分にPKを決めて勝負ありだった。

後半はポゼッションも60%-40%と上回り、シュートも全く打たせなかった。後半に限って言えば、チェルシーの目指す戦い方ができたのではないだろうか。

f:id:tommy______m:20181215164137p:plain

 

ヒートマップを見てもチェルシーが押し気味のように見える。今日はアスピの周りが結構攻撃の起点になっていたようだ。

f:id:tommy______m:20181215164201p:plain

 

中盤は、ジョルジーニョのパス回しやバークリーのチャンスメイク・フィニッシュ。そしてカンテの運動量含めて文句なし。
一方でモラタが全くチャンスに絡めていないのが気になる。

f:id:tommy______m:20181215164212p:plain

 

ゾラ様によれば試合前に自信過剰に見える選手がちらほらいたりするらしい。気になるところではあるが…

そして今日はショートパスはうまくまわっているもののほかのパスが全くうまくいっていないらしい。だめじゃん。

f:id:tommy______m:20181215164225p:plain

 

でもこうやってみるとパス数は365本と287本でだいぶ差がついているんだな。

f:id:tommy______m:20181215164235p:plain

f:id:tommy______m:20181215164337p:plain

 

結局この勝利でチェルシーが暫定1位に。まさかマンCがリバプールにこんなスコアで負けるとは思わなかった。あとはアーセナルの結果を残すのみだが…

f:id:tommy______m:20181215164347p:plain

 

アーセナルの結果待ちではあるが、1位浮上というのも記事になる。

f:id:tommy______m:20181215164354p:plain

 

そして今日も今日とてカンテが絶好調なのである。

f:id:tommy______m:20181215164400p:plain

 

~試合後~

記者「自信過剰がチームにとって問題になる可能性はあるかい?」

ぼく「それを防ぐのが監督の仕事だよ。」

 

記事「とみー監督、チームの自信過剰を恐れる」

 

…なぜなのか…

f:id:tommy______m:20181215164455p:plain

 

プレミアであまり出番のない皆さまには次節もまたU-23の試合で調整していただくことに。もうそろそろヨーロッパリーグも開幕するし多少はね…?

f:id:tommy______m:20181215164504p:plain

 

バーンリーとのマッチレポート。

カンテは相変わらず (良いの) だけど、モラタも相変わらず (悪い)。決定機にほとんど顔を出せなかった…という最近よく見る評価に。

f:id:tommy______m:20181215164510p:plain

 

まあ何はともあれ、前節の取りこぼしから見事に立て直して、優勝争い最前線にとどまれたのでよしとしよう!

次回からはヨーロッパリーグやらなんやらで、そこそこ過密日程になっていきますが…