Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

Football Manager 2019 - チェルシーで長期政権を築きたい Ep. 14 EL開幕とプレミア第6節

第4節の取りこぼしがあったものの、チェルシーは5戦無敗のスタート。

 

プレミアリーグのスタッツもこうやって見てみると面白いものがある。

無敗は今のところリーグベスト5試合連続完封負け無しはリーグトップ12得点はマンCについでリーグ2位失点はリーグ3位の少なさ、そして間接フリーキックからの得点はリーグ1位タイ

f:id:tommy______m:20181216162814p:plain

 

とりあえず失点パターンのほとんどがセットプレー起点な気がするのでさすがにそろそろセットプレーを練習しようと思った。

f:id:tommy______m:20181216163019p:plain

 

どうしてもELが始まると練習時間も短くなるので、次の週もセットプレー守備の練習。

f:id:tommy______m:20181216163032p:plain

 

ライプツィヒのスカウト・レポート。4-1-4-1なのだがまた前線だけ飛び出ている。

GKの反射、チームとしての運動量が強みな一方で、右サイドが弱いという傾向があるようだ。

f:id:tommy______m:20181216163040p:plain

 

そして他のリーグも進んでいく。

スペインは、アトレティコ、レアル、バルサ等々5チームが3戦全勝と激戦。

フランスではモナコが5戦全勝でPSGが5戦4勝1分。

イタリアはユベントスが4戦全勝、インテルとフィオレンティーナが4戦3勝1分。こちらもなかなかに熱い。

ドイツはバイエルン・マインツが3戦全勝でライプツィヒとドルトムントが3戦2勝1分。やっぱりライプツィヒ強いじゃねえか!

f:id:tommy______m:20181216163044p:plain

 

そしてアーセナルは6-0でフラムを破壊。これで5節終了時の首位は5戦全勝のアーセナルに。

f:id:tommy______m:20181216163056p:plain

 

練習のスケジュール。

f:id:tommy______m:20181216163350p:plain

 

U-23はブライトン相手に2-1で勝利。

トップチームからはモーゼスだけが出場していたようだ。一方でジョシュ・グラントが大活躍。

f:id:tommy______m:20181216163354p:plain

 

ライプツィヒの前戦レポート。

ハノーファー相手に3-1で勝利。ポゼッションはイーブンだがシュートは圧倒しているいつもの展開。ブルーマがキープレーヤーらしい。4-4-2相手に弱いらしいけどまぁいいや。フォーメーションに関係なく突破してもらおう。

f:id:tommy______m:20181216163358p:plain

 

そして代表ウィークの反動で離脱者が多い…

今のところ、平均よりも45%少ない離脱者らしいけど…これでも3位タイの少なさらしい。故障者

f:id:tommy______m:20181216163402p:plain

 

試合に出てない選手、試合に出まくってる選手が多くて怪我のリスクが上がりまくってる。

f:id:tommy______m:20181216163406p:plain

 

週次の成長レポート的なやつ。

コーチ陣からはダビド・ルイスとウィリアン、バークリーの調子の良さが目立つようだ。「調子ええなこのまま行ってくれな」と褒めたらウィリアンは「え?そう?」って拗ねられたけど。

f:id:tommy______m:20181216163650p:plain

 

次戦の戦術アドバイス。とりあえず右サイドから攻めて、深く入りすぎないように指示を出したほうがいい、とのこと。

f:id:tommy______m:20181216163655p:plain

 

チェルシーの勝利オッズは4-7、引き分けが5-2、ライプツィヒの勝利オッズは4-1とだいぶチェルシー有利。そして審判がEL7試合で17枚のイエローと4枚のレッドって多くない…?

f:id:tommy______m:20181216163658p:plain

 

チェルシーOBのルード・フリットがカンテをべた褒めしたとか。

f:id:tommy______m:20181216163704p:plain

 

コンテによると、「ダヨ・ウパメカノがキーマン」とのことらしい。いやあなたはレアルに集中して

f:id:tommy______m:20181216163709p:plain

 

やはりアーセナルの大勝が大きかったか、かなりアーセナルの選手が多い気がする。

f:id:tommy______m:20181216163914p:plain

 

記者「初戦に勝つことってどれくらい大事?」

ぼく「んなもん大事に決まってるだろバーロー」

ペドロ、ダビド・ルイス「せやな」

f:id:tommy______m:20181216163918p:plain

 

U-23の試合は相変わらず何人か状態悪い人を出せるようだけど、今日はELでローテーションする予定なのでそんなことはしない。

f:id:tommy______m:20181216163923p:plain

 

訓示タイム。ペナルティエリア内でうまくチャンスを作れているが、同時にペナルティエリア内でよくゴールを食らっている…ペナルティエリア内での動きが攻守で鍵を握るようだ。当たり前かよ。

f:id:tommy______m:20181216163932p:plain

 

まぁ訓示はゾラ様に投げるけどな!!

f:id:tommy______m:20181216164122p:plain

 

そんなわけでEL開幕。

f:id:tommy______m:20181216164133p:plain

 

それなりにローテーションをしっかりやった。

ジルー・コバチッチ・セスク・ケーヒル・クリスチャンセンが漸くの初スタメン

ウィリアンも前節はペドロがスタメンだったので2試合ぶりのスタメン。

f:id:tommy______m:20181216164140p:plain

 

相変わらずブンデスリーガは写真がデフォルトである。なんなんだこの格差社会。

f:id:tommy______m:20181216164150p:plain

 

開始8分でカンテがまたもゴール…したがあっさり追いつかれる。

…が、41分にまさかのライプツィヒのレッドカード。これは後半で打開したいところ。

チェルシーは一応クリティカルな位置ではフリーキック献上していないようだが、アロンソのミスがちょっと多いらしい・・・

そしてポゼッションは44-56%とまさかの劣勢。シュートはほぼイーブンだがそういうとこまで支配してほしいところ。

f:id:tommy______m:20181216164204p:plain

 

結局10人になったライプツィヒにも助けられた…と言いたいところだが、試合残り10分までチャンスを決められず。

途中出場のモラタが勝ち越しゴールを決めると、アザールのPKで勝負あり

シュート数は後半で11本-2本 (枠内5本-0本) と圧倒したが、ポゼッションは盛り返したとはいえ結局90分を通してみると48%-52%と劣勢。

ウィリアン・ジルーは評価が6.5で今ひとつパッとせず。

f:id:tommy______m:20181216164323p:plain

 

結局コンテ目線でのキーマン・ウパメカノがMoMだったようだ。本当に、10人じゃなかったらどうなっていたことやら

f:id:tommy______m:20181216164333p:plain

 

そしてELでの勝利で幾分かのボーナス発生

f:id:tommy______m:20181216164337p:plain

そして契約の条項で選手たちにもボーナス発生。おめでとうございます。にしても多いなおい。

f:id:tommy______m:20181216164341p:plain

 

記者「セスクはいつもと違うポジションだけど…?」

ぼく「器用な選手でしょ?いろいろできるのがチームにとっての彼の価値だよ」

f:id:tommy______m:20181216164345p:plain

 

最近悪いほうで名前が挙がっていたモラタが、途中出場でベストメンバー扱いに。

一方でウィリアンは6.5で低評価。まぁ怪我上がりだししょうがない…

f:id:tommy______m:20181216164441p:plain

 

ハリー・ローレンスが17歳に。最近多いなぁ。

f:id:tommy______m:20181216164444p:plain

…そしてこの人もなんともいえないなぁ。ポテンシャルがもう少し高いと嬉しいのだけれども…

f:id:tommy______m:20181216164447p:plain

 

そして休む間もなくカーディフとの試合の準備が始まる。

4-2-3-1で比較的結果を出しているチームらしいが、カーディフが使ってるの4-1-4-1になってない…?

そして相手が4-4-2のときは比較的相性がいいらしい。一方で4-1-4-1 DM Wide (実質チェルシーの4-3-3) には弱いらしい。びっぐちゃーーんす。

f:id:tommy______m:20181216164453p:plain

 

そして第6節が始まる。まずはクリスタル・パレスがニューカッスルを5-1で下して今季初勝利。

これでニューカッスルを追い抜いての最下位回避になった。

f:id:tommy______m:20181216164458p:plain

 

マンCとのU-23対決はスコアレスドローに。ジョージ・マッケクランがいい動きしているらしい。
というかU-23これ首位なんだ。
まぁ一部オーバーエイジで出てるからなぁ。w

f:id:tommy______m:20181216164707p:plain

 

途中出場でヒーローになったモラタが練習でも大活躍。

f:id:tommy______m:20181216164711p:plain

 

カーディフは前節はブライトンに0-2の敗戦。ボールは若干多めに持てたものの、シュート数は圧倒されていた。

まぁフォーメーションを見る限りでも守備優先の戦い方らしいしそうなるのかな。

f:id:tommy______m:20181216164716p:plain

 

中央突破する・相手を押し込んでプレーする・ダイレクトパスを多めにやる…この辺指示すれば?というコーチからのアドバイス。この辺はコーチのイエスマンになるのである。

f:id:tommy______m:20181216164721p:plain

 

オッズはカーディフ13-2、引き分け11-4、チェルシー2-5と圧倒的なチェルシー予想。

f:id:tommy______m:20181216164726p:plain

 

チェルシーのU-18はサウサンプトンを4-1で撃破。

マルセル・ルイスが相変わらず絶好調で今日もまた2ゴール。

これでU-18リーグ3位まで浮上したとか。

f:id:tommy______m:20181216164923p:plain

 

トッテナムがエバートンを4-2で下したり、リバプールとレスターが3-3で引き分けたり、いろいろある。優勝候補リバプールが、今ひとつこういうところを勝ちきれていない印象があるだけに、チェルシーはしっかりと勝てる試合を勝ち切っておきたい。

f:id:tommy______m:20181216164927p:plain

 

訓示タイム。相変わらずペナルティエリア内でゴール許しすぎらしい。

f:id:tommy______m:20181216164935p:plain

 

あとはゾラ様の訓示に託す。ウィリアンはもっとリスク取れ!らしい。たぶんペドロがスタメンだけど。

f:id:tommy______m:20181216164939p:plain

 

スカウト「アジアの大会にいい選手いなかったわ」

ぼく「ちょっと悲しい」

f:id:tommy______m:20181216165000p:plain

 

そんなわけでカーディフ戦へ。ちょっと負けが込んでて調子悪そうだね。

f:id:tommy______m:20181216165005p:plain

 

スタメンはプレミアリーグ仕様に戻る。アザールのところ以外は6試合連続で同じスタメン。

f:id:tommy______m:20181216165013p:plain

 

3分でジョシュ・マーフィーがケガして交代カードを1枚切る羽目になったり、28分にレッドカードが出たり、カーディフとしては最悪の戦いになってしまった。

それでもチェルシーは40分にエデン・アザールが点を取るのがやっと

相手の不運が重なったとはいえ、ポゼッションは58%-42%で優勢。やっと納得して見れる数字が来たなという感じ。

シュート数は相変わらず圧倒しており、チェルシー11本にカーディフ1本。枠内に限っても5-1なので、多少は安心してみていられるが…

f:id:tommy______m:20181216165021p:plain

 

10人になったら漬け込む一方。

後半にはペドロとリュディガーが点を加えて、3-0の大勝になった。

シュートは90分で27本-2本と圧倒。枠内に限っても、13本-2本と相変わらず押せ押せだった。

f:id:tommy______m:20181216165031p:plain

 

ということで、今日は比較的納得のいく戦いぶりだったのではないだろうか。まぁこれもまた11人だったらどうなっていたか…とは思うけど。

f:id:tommy______m:20181216165122p:plain

 

右サイドからチェルシーがうまく起点を作っているようだ。そしてだいぶ前の方でプレーできているなというのがわかる。

f:id:tommy______m:20181216165138p:plain

 

しかし相変わらずスタメンにするとモラタが活躍できないのはなんなんだろう…チャンス0回、パス回数も1桁と、ほとんど空気だったようだ。

f:id:tommy______m:20181216165147p:plain

 

パス本数は350台に。

でもこれ気になったんだけど、史実だとこの倍くらいはパス回ってるんだよね。

f:id:tommy______m:20181216165156p:plain

 

内容は決して完璧ではないが、この間にアーセナルがマンCに敗れて、ついにチェルシーが唯一の無敗チームになった。殺し合いカードがない (強いていえばエバートン戦くらい) こともあるが、チェルシーが6節を終えて、まずは首位浮上。

f:id:tommy______m:20181216165130p:plain

 

そんなわけで今度という今度こそちゃんと首位。

f:id:tommy______m:20181216165258p:plain

ここから貯金を作ってビッグマッチを迎えられるようになるとだいぶ楽なのだが…

 

それにしてもカーディフのレッドカードは荒れそうな展開に。相手監督は激おこである。

f:id:tommy______m:20181216165305p:plain

 

そんな中だが、リュディガーが8.60と高評価でMoM。カンテ以外だとここまでの高評価は初なのではないだろうか。

f:id:tommy______m:20181216165311p:plain

 

カーディフのレッドカードは…これはネット荒れるなあ。

f:id:tommy______m:20181216165324p:plain

 

そしてやっぱりモラタの評価が悪い…ELでは途中出場でゴールを決めたゆえ、もはやプレミアリーグがあっていないのではないかと疑うレベル。

f:id:tommy______m:20181216165240p:plain

 

まあ、内容も完璧ではないし、対戦に恵まれてる感はあるが、まずは首位浮上ということで、ここからしっかりと畳み掛けていきたいですね!はい!

 

しかし1週間に2試合あるといろいろと重いな。