Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

Football Manager 2019 - チェルシーで長期政権を築きたい Ep. 17 代表ウィークとプレミアリーグ第9節

余談なのだが、ついに今年のチェルシーのユニフォームを買ってしまった。

個人的には白と赤のラインが入っているデザインが結構気に入っている。

f:id:tommy______m:20181224213407j:image

 

そして人生初、サッカーのユニフォームにマーキングをしてみた。

f:id:tommy______m:20181224213501j:image

 

そんな流れだが、Football Managerの世界ではとみー監督率いるチェルシーがプレミアリーグ8試合を終えて首位。やはりマンCが圧倒的、という下馬評もある中で、だいぶ健闘しているのではないだろうか。

代表ウィークに突入し、その後はサウサンプトン戦。しばらく試合は空くことになる。

 

そんなわけで練習日程。

f:id:tommy______m:20181224162507p:plain

 

U-23の試合はELメンバーも45分出場するいつも通りのポリシー。

f:id:tommy______m:20181224162516p:plain

 

練習メニューの調整だったりコンバートだったり。

マルコス・アロンソのコーナーや、アルバロ・モラタのフリーキック、カンテのシュート練習など、あまり効果のない個別練習はやめてしまえとのことで。。。

チェフの控えGKだったイラーリオが実はU-18のコーチをやっていた。知らなかった。コーチの担当領域もいろいろ変更がかかる。

f:id:tommy______m:20181224162523p:plain

 

他リーグの状況再び。

ラ・リーガは、アトレティコ・バルサ・レアルが7戦全勝スタート。得失点差でアトレティコが首位。

リーグ・アンではモナコが9戦全勝スタートで勝ち点4差をつける。大本命PSGが3位ながらもモナコとは勝ち点7の差。

セリエAは8戦6勝2分のユベントスがフィオレンティーナに勝ち点3差をつけての首位。

ブンデスリーガは7戦5勝2分のドルトムントがバイエルンに勝ち点2差の首位。

順当なところもあれば、意外なところもある、というところだろうか。

f:id:tommy______m:20181224162536p:plain

 

U-23のカップ戦はチェルシーがチャーリー・ウェークフィールドの活躍もあって1-0で勝利。誰もゴールがついてないので相手のOGで勝利したのだろうか。これで2戦1勝。

f:id:tommy______m:20181224162543p:plain

 

スカウトから移籍候補選手のリストが届く。

f:id:tommy______m:20181224162806p:plain

 

練習で好調だったのはダビド・ルイス。

f:id:tommy______m:20181224162813p:plain

 

そしてU-18はウエストハムのU-18に1-4で敗戦。ジェームス・クラークが唯一のゴールを挙げたが、U-18リーグはこれで8位。

f:id:tommy______m:20181224162820p:plain

 

U-23の試合が相変わらず過密日程。いつも通りのメンバーを送り込む。

f:id:tommy______m:20181224162826p:plain

 

今週のベストイレブンにはチェルシーとは縁がなく。アーセナルの選手が多い気がする。

f:id:tommy______m:20181224162834p:plain

 

そしてベルギー代表でアザールが怪我。もういい加減故障者ラッシュなんとかしてくれ…

f:id:tommy______m:20181224163023p:plain

 

今週も練習していく。今週は戦術練習。

f:id:tommy______m:20181224163248p:plain

 

そしてサウサンプトンとの試合が近づく。前節はバーンリーを3-1で撃破したらしい。

f:id:tommy______m:20181224163255p:plain

 

4-1-4-1 DM (要は4-3-3) を使うとチャンスが多いチーム…らしいのだが結局4-2-2を使っていないか?チーム全体としてドリブルやヘディングが弱いらしいのでジルースタメンが適切か。

f:id:tommy______m:20181224163300p:plain

 

U-23の試合はブラックバーンU-23相手にテイラー=クロスデールのゴールで勝利マーク・グエーイが好調でMoMだったようだ。U-23は勝利数・得失点差で、勝ち点は1位と同じながら2位に。これいつも言ってるな。

f:id:tommy______m:20181224163306p:plain

 

故障選手が多いなぁ…アザールとウィリアンには一刻も早く復帰していただきたい。

f:id:tommy______m:20181224163521p:plain

 

そして代表戦もあるから相変わらず選手の故障リスクが高い。優秀な人ほど使いたくなるからしょうがないフシはあるのだけど…

f:id:tommy______m:20181224163529p:plain

 

最近の選手の成長レポート。「ジルーをそろそろ使わないとチームの雰囲気に尾を引くかもよ」らしい。安心してくれ、次戦はスタメンだ。

そしてアスピリクエタが絶好調だと。

f:id:tommy______m:20181224163535p:plain

 

同じタイミングでケーヒルがまた連絡をくれた。まぁジルーはそのうちスタメンで使うからいいわ。

f:id:tommy______m:20181224163540p:plain

 

スカウトリストからミランのスソをスカウトしてもらった。ホームグロウン扱いなのか。。。知らなかった。

ペドロ・ウィリアンがどっちも30越えなのを考えると若いウィングの選手は欲しいものだなぁ。

f:id:tommy______m:20181224163546p:plain

 

ザッパコスタとモラタの契約延長を考えれば?とのこと。

どっちも故障や不調で今一つ存在感を発揮できていない気がするが…

f:id:tommy______m:20181224163641p:plain

 

サウサンプトン戦前の戦術アドバイス。

「攻撃的すぎるのも考え物だぞ」「とりあえず右サイド中心に攻撃しよう」らしい。

まぁアップテンポで攻撃的なサッカーが新生チェルシーの特徴だからそこは譲れない、、、

f:id:tommy______m:20181224163646p:plain

 

サウサンプトンは9位なので、まぁおおよそシーズン前の予想通りか。

オッズはサウサンプトン7-2、引き分け9-4、チェルシー勝利4-6とだいぶチェルシー有利。

f:id:tommy______m:20181224163651p:plain

 

レジェンド・ランパード様が最近のチェルシーの好調ぶりを「見甲斐がある」と絶賛。

f:id:tommy______m:20181224163700p:plain

 

そんなわけで第9節スタート。

アーセナルがワトフォードを3-0で下し暫定首位へ。

f:id:tommy______m:20181224163708p:plain

 

訓示タイム。

自陣PA内で83タッチされながらもゴール0で抑えているらしい。

しかしPA外で13本のシュートを打たれたうち1本がゴールになったとして弱点扱いに。

今更だけどこれここ数試合の分析結果なのか。知らんかった。

f:id:tommy______m:20181224163847p:plain

 

まぁゾラ様に訓示を頼む。カンテは「ポジション流動的に動こう」、アロンソ「積極的に前に行け」という指示。

f:id:tommy______m:20181224163851p:plain

 

相変わらずリュディガーが練習では好調。

f:id:tommy______m:20181224163855p:plain

 

アザールは要経過観察ザッパコスタは45分まで、ウィリアンは60分までらしい。

f:id:tommy______m:20181224163900p:plain

 

そんなわけで試合へ。

チェルシーも、ここ5試合は全勝でほぼ完ぺきな戦いぶり。

f:id:tommy______m:20181224163906p:plain

 

不調のモラタに変わって、ストライカーではジルーが、出場停止のダビド・ルイスに変えてクリスチャンセンが出場。両名とも今年はプレミアリーグ初スタメン
それ以外はいつも通り。

アザールが要経過観察なので故障中だがウィリアンを60分まで出てもらうことにする。

f:id:tommy______m:20181224164022p:plain

 

前半はお互いに何もなかったがサウサンプトンが支配率62%と圧倒してきた。シュート数はイーブンだが…

クリスチャンセンが初スタメンながらボール奪取数チームトップと貢献しているが、マルコス・アロンソがボールロスト回数チーム最多。そしてアタッキングサードでシュートにつなげられていない等なかなか内容が悪い。

f:id:tommy______m:20181224164059p:plain

 

後半26分にジルーのゴールでチェルシーが先制するも、ロスタイムにクリスチャンセンがボールロストして、そのままシェーン・ロングに同点ゴールを叩き込まれた。

故障リスクを考えてアザールをベンチにしたのが結果的に判断ミスとなった。

f:id:tommy______m:20181224164207p:plain

チーム最高評価はクリスチャンセンなのだが、最後の最後同点ゴールにつながるプレーをしてしまったのが不憫。

シュート数は14本-7本で圧倒しているが枠内は両チームとも4本。なりふり構わずシュートを打てども決まらなかったのか。

 

ヒートマップを見てもサウサンプトンがボールを圧倒的に保持。

f:id:tommy______m:20181224164301p:plain

 

安定の中盤。

そしてヘディング勝率76%のジルーと、ファール誘発3回のペドロなどなど。前線では今日はジルーの起用がはまった

f:id:tommy______m:20181224164327p:plain

 

ジョルジーニョがパス58回試行と少ない。

やはり彼がパスを散らせないとチェルシーの攻撃は回らないのかな。

f:id:tommy______m:20181224164624p:plain

 

そんなわけでロスタイムの劇的同点弾で勝ち点3を逃した。

f:id:tommy______m:20181224164635p:plain

 

マンUやトッテナム、リバプールが順調にこの間に勝ち点を稼いでいるが、勝ちそびれたチェルシーは2位陥落

f:id:tommy______m:20181224164644p:plain

 

初スタメンのジルーは大活躍したが、アロンソがミス5回で6.2と低評価。12.0kmの運動量はさすがサイドバックだけあるのだが…

f:id:tommy______m:20181224164759p:plain

 

マンCが1-0で勝利をしたが、なんとか勝ち点1差でチェルシーが2位キープ。しかし思ったよりもマンCが苦戦しているなぁ。

f:id:tommy______m:20181224164812p:plain

 

とりあえず三日天下ならぬ二週天下となってしまったが、勝ち点1で1位を追う展開なのでまだ巻き返す機会があるはず。