Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

チェルシーの前半戦を振り返る②

そんなわけで簡単なまとめにとどまっているが、チェルシーの前半戦を試合ごとに見て行ってみようと思う。

 

コミュニティ・シールド (2018/08/05) @ ウェンブリー・スタジアム

チェルシー 0 - 2 マンチェスター・シティ

  • ゴール → セルヒオ・アグエロ (13, アシスト: フィル・ホーデン)、セルヒオ・アグエロ (58, アシスト: ベルナルド・シウヴァ)
  • ポゼッション 47% - 53%
  • シュート数 5-18 (枠内2-9)
  • コーナー 4-4
  • パス成功数 458-523

 

 

プレミアリーグ第1節 (2018/08/11) @ジョン・スミス・スタジアム

ハダースフィールド 0 - 3 チェルシー

  • ゴール→ カンテ (34, アシスト: ウィリアン) ジョルジーニョ (PK, 45) ペドロ (80, アシスト: アザール)
  • ポゼッション 37% - 63%
  • シュート数 6-13 (枠内1-4)
  • コーナー 2-5
  • パス成功数 281-582

 

 

プレミアリーグ第2節 (2018/08/19) @スタンフォード・ブリッジ

チェルシー 3 - 2 アーセナル

  • ゴール→ ペドロ (9, アシスト: マルコス・アロンソ) アルバロ・モラタ (20, アシスト: アスピリクエタ) ムヒタリアン (37) イウォビ (41, アシスト: ムヒタリアン) アロンソ (81, アシスト: アザール)
  • ポゼッション 62% - 38%
  • シュート数 24-15 (枠内11-6)
  • コーナー 5-1
  • パス成功数 641-353

 

 

プレミアリーグ第3節 (2018/08/27) @セイント・ジェームス・パーク

ニューカッスル 1 - 2 チェルシー

  • ゴール→ アザール (76, PK) ホセル (83, アシスト: イェドリン) イェドリン (87, オウンゴール)
  • ポゼッション 19% - 81%
  • シュート数 6-15 (枠内2-3)
  • コーナー 4-5
  • パス成功数 131-839

 

 

プレミアリーグ第4節 (2018/09/01) @スタンフォード・ブリッジ

チェルシー 2 - 0 ボーンマス

  • ゴール→ ペドロ (72, アシスト: ジルー) アザール (85, アシスト: アロンソ)
  • ポゼッション 73% - 27%
  • シュート数 24-8 (枠内6-1)
  • コーナー 7-6
  • パス成功数 616-175

 

 

プレミアリーグ第5節 (2018/09/15) @スタンフォード・ブリッジ

チェルシー 4 - 1 カーディフ・シティ

  • ゴール→ バンバ (16, アシスト: モリソン) アザール (37, アシスト: ジルー) アザール (43, アシスト: ジルー) アザール (80, PK) ウィリアン (83)
  • ポゼッション 77% - 23%
  • シュート数 18-6 (枠内7-2)
  • コーナー 5-4
  • パス成功数 669-133

 

 

ヨーロッパリーグ第1節 (2018/09/21) @ トンバ・スタジアム

PAOK 0 - 1 チェルシー

  • ゴール→ ウィリアン (7, アシスト: バークリー)
  • ポゼッション 32% - 68%
  • シュート数 3-22 (枠内1-5)
  • コーナー 4-11
  • パス成功数 255-626

 

 

プレミアリーグ第6節 (2018/09/23) @ロンドン・スタジアム

ウエストハム 0 - 0 チェルシー

  • ゴール
  • ポゼッション 28% - 72%
  • シュート数 6-17 (枠内1-6)
  • コーナー 1-8
  • パス成功数 221-664

 

 

カラバオ・カップ3回戦 (2018/09/27) @アンフィールド

リバプール 1 - 2 チェルシー

  • ゴール→ スタリッジ (58) エメルソン (79) アザール (85, アシスト: アスピリクエタ)
  • ポゼッション 46% - 54%
  • シュート数 18-13 (枠内7-7)
  • コーナー 4-3
  • パス成功数 385-470

 

 

プレミアリーグ第7節 (2018/09/30) @スタンフォード・ブリッジ

チェルシー 1 - 1 リバプール

  • ゴール→ アザール (25, アシスト: コバチッチ) スタリッジ (89, アシスト: シャチリ)
  • ポゼッション 47% - 53%
  • シュート数 10-13 (枠内4-6)
  • コーナー 4-4
  • パス成功数 465-516

 

 

ヨーロッパリーグ第2節 (2018/10/05) @スタンフォード・ブリッジ

チェルシー 1 - 0 MOLヴィディ

  • ゴール→ モラタ (70, アシスト: ウィリアン)
  • ポゼッション 76% - 24%
  • シュート数 28-7 (枠内5-3)
  • コーナー 18-3
  • パス成功数 629-142

 

 

プレミアリーグ第8節 (2018/10/07) @セイント・メリーズ・スタジアム

サウサンプトン 0 - 3 チェルシー

  • ゴール→ アザール (30, アシスト: バークリー) バークリー (57, アシスト: ジルー) モラタ (90+3, アシスト: アザール)
  • ポゼッション 35% - 65%
  • シュート数 15-21 (枠内6-6)
  • コーナー 4-12
  • パス成功数 273-575

 

 

プレミアリーグ第9節 (2018/10/20) @スタンフォード・ブリッジ

チェルシー 2 - 2 マンチェスター・ユナイテッド

  • ゴール→ リュディガー (21, アシスト: ウィリアン) マルシャル (55) マルシャル (71, アシスト: ラッシュフォード) バークリー (90+6)
  • ポゼッション 62% - 38%
  • シュート数 21-7 (枠内6-4)
  • コーナー 5-3
  • パス成功数 273-575

 

 

ヨーロッパリーグ第3節 (2018/10/26) @スタンフォード・ブリッジ

チェルシー 3 - 1 BATE

  • ゴール→ ロフタス=チーク (2, アシスト: ザッパコスタ) ロフタス=チーク (8, アシスト: ウィリアン) ロフタス=チーク (53) リオス (79, アシスト: スタセヴィッチ)
  • ポゼッション 69% - 31%
  • シュート数 23-5 (枠内10-2)
  • コーナー 7-1
  • パス成功数 729-276

 

 

プレミアリーグ第10節 (2018/10/28) @ターフ・モア

バーンリー 0 - 4 チェルシー

  • ゴール→ モラタ (22, アシスト: バークリー) バークリー (57, アシスト: カンテ) ウィリアン (62, アシスト: バークリー) ロフタス=チーク (90+2)
  • ポゼッション 30% - 70%
  • シュート数 7-24 (枠内1-8)
  • コーナー 4-4
  • パス成功数 266-720

 

 

カラバオ・カップ4回戦 (2018/11/01) @スタンフォード・ブリッジ

チェルシー 3 - 2  ダービー・カウンティ

  • ゴール→ トモリ (5, オウンゴール) マリオット (9, アシスト: ハドルストーン) キーオ (21, オウンゴール) ワグホーン (27, アシスト: マウント) セスク (41, アシスト: ザッパコスタ)
  • ポゼッション 70% - 30%
  • シュート数 14-9 (枠内5-7)
  • コーナー 8-3
  • パス成功数 658-244

 

 

プレミアリーグ第11節 (2018/11/05) @スタンフォード・ブリッジ

チェルシー 3 - 1 クリスタル・パレス

  • ゴール→ モラタ (32, アシスト: ペドロ) タウンゼンド (53, アシスト: マッカーサー) モラタ (65, アシスト: アザール) ペドロ (70, アシスト: アロンソ)
  • ポゼッション 74% - 26%
  • シュート数 15-7 (枠内6-2)
  • コーナー 4-2
  • パス成功数 799-242

 

 

ヨーロッパリーグ第4節 (2018/11/09) @ボリソブ・アリーナ

BATE 0 - 1 チェルシー

  • ゴール→ ジルー (52, アシスト: エメルソン)
  • ポゼッション 26% - 74%
  • シュート数 9-17 (枠内1-4)
  • コーナー 3-6
  • パス成功数 199-755

 

 

プレミアリーグ第12節 (2018/11/11) @スタンフォード・ブリッジ

チェルシー 0 - 0 エバートン

  • ゴール
  • ポゼッション 69% - 31%
  • シュート数 15-6 (枠内4-1)
  • コーナー 5-5
  • パス成功数 615-233

 

 

プレミアリーグ第13節 (2018/11/25) @ウェンブリー・スタジアム

トッテナム 3 - 1 チェルシー

  • ゴール→ デレ・アリ (8, アシスト: エリクセン) ケイン (16, アシスト: エリクセン) ソン・フンミン (54, アシスト: デレ・アリ) ジルー (85, アシスト: アスピリクエタ)
  • ポゼッション 40% - 60%
  • シュート数 18-13 (枠内9-2)
  • コーナー 4-4
  • パス成功数 279-467

 

 

ヨーロッパリーグ第5節 (2018/11/30) @スタンフォード・ブリッジ

チェルシー 4 - 0 PAOK

  • ゴール→ ジルー (27, アシスト: ペドロ) ジルー (37, アシスト: セスク) ハドソン=オドイ (60, アシスト: セスク) モラタ (78, アシスト: ハドソン=オドイ)
  • ポゼッション 63% - 37%
  • シュート数 28-8 (枠内10-0)
  • コーナー 12-2
  • パス成功数 585-311

 

 

プレミアリーグ第14節 (2018/12/02) @スタンフォード・ブリッジ

チェルシー 2 - 0 フラム

  • ゴール→ ペドロ (4, アシスト: カンテ) ロフタス=チーク (82, アシスト: アザール)
  • ポゼッション 66% - 34%
  • シュート数 16-9 (枠内9-4)
  • コーナー 4-6
  • パス成功数 647-262

 

 

プレミアリーグ第15節 (2018/12/06) @モリニュー・スタジアム

ウルバーハンプトン 2 - 1 チェルシー

  • ゴール→ ロフタス=チーク (18,アシスト: アザール) ヒメネス (59, アシスト: ギブス=ホワイト) ジョッタ (63, アシスト: ドハーティ)
  • ポゼッション 30% - 70%
  • シュート数 6-17 (枠内2-3)
  • コーナー 1-5
  • パス成功数 209-597

 

 

プレミアリーグ第16節 (2018/12/09) @スタンフォード・ブリッジ

チェルシー 2 - 0 マンチェスター・シティ

  • ゴール→ カンテ (45, アシスト: アザール) ダビド・ルイス (78, アシスト: アザール)
  • ポゼッション 39% - 61%
  • シュート数 8-14 (枠内5-4)
  • コーナー 1-13
  • パス成功数 334-563

 

 

ヨーロッパリーグ第6節 (2018/12/14) @グルーパーマ・アリーナ

ヴィディ 2 - 2 チェルシー

  • ゴール→ ウィリアン (30) アンパドゥ (32, オウンゴール) ロイク・ネゴ (56, アシスト: ミラノフ) ジルー (75)
  • ポゼッション 24% - 76%
  • シュート数 6-18 (枠内3-5)
  • コーナー 3-11
  • パス成功数 143-619

 

 

プレミアリーグ第17節 (2018/12/16) @アメックス・スタジアム

ブライトン 1 - 2 チェルシー

  • ゴール→ ペドロ (17, アシスト: アザール) アザール (33, アシスト: ウィリアン) マーチ (66, アシスト: ベルナルド)
  • ポゼッション 42% - 58%
  • シュート数 6-10 (枠内2-3)
  • コーナー 4-1
  • パス成功数 363-573

 

 

カラバオ・カップ準々決勝 (2018/12/20) @スタンフォード・ブリッジ

チェルシー 1 - 0 ボーンマス

  • ゴール→ アザール (84, アシスト: エメルソン)
  • ポゼッション 73% - 27%
  • シュート数 25-11 (枠内11-3)
  • コーナー 6-2
  • パス成功数 819-241

 

 

プレミアリーグ第18節 (2018/12/23) @スタンフォード・ブリッジ

チェルシー 0 - 1 レスター・シティ

  • ゴール→ ヴァーディー (51, アシスト: マディソン)
  • ポゼッション 72% - 28%
  • シュート数 17-8 (枠内5-3)
  • コーナー 9-5
  • パス成功数 609-178

 

 

プレミアリーグ第19節 (2018/12/27) @ヴィカレージ・ロード

ワトフォード 1 - 2 チェルシー 

  • ゴール→ アザール (45+1, アシスト: コバチッチ) ペレイラ (45+3, アシスト: ホレバス) アザール (58, PK)
  • ポゼッション 35% - 65%
  • シュート数 11-10 (枠内2-4)
  • コーナー 3-4
  • パス成功数 305-646

 

 

いろいろ書き込みたい内容はあるのだが、一旦このレベルでまとめておこう。

 

これまでの戦いの雑感としては、やはりジョルジーニョをマークされ始めたエバートン戦 (12節) スパーズ戦 (13節) からやや苦戦しているような印象がある。最初9試合で6勝3分の勝点21だったことを考えると、その後10試合は6勝ながらも1分3敗で勝点19

サッリ・ボール旋風を巻き起こした序盤から、研究・対策が行われてきており、その最たる例が、エバートンやスパーズ戦の、ジョルジーニョの徹底マークだと思う。

特にサッリ・ボールの情報がない開幕数節を戦った相手は、この辺の対策を練った上で、後半戦に挑んでくるだろう。ジョルジーニョを封じられたときのパス回しや攻撃の展開が、後半戦にあたっての課題になるだろう。

とはいえチェルシーにも打開策がないわけではなく、エデン・アザールを偽9番に起用したマンチェスター・シティ戦からは、4戦3勝とやや立て直し気味。

優勝争いは、現時点ではリバプールが一歩抜けた感はあるが、それでもまだチャンスがないわけではない

まずは4位以内をキープしながら、願わくはより上位に、そして来年につながる戦いを期待したい。

と、言う無難なコメントで前半戦の総括とさせていただこう。

内容は今後絶賛追加予定。