Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

Football Manager 2019 - チェルシーで長期政権を築きたい Ep. 22 EL第5節とプレミア第14節

アーセナル戦の大勝利で首位浮上したものの、次のウルブス戦で試合終了間際の同点ゴールを決められ、勝ち点3を取りこぼしたチェルシー。

 

迎えるは、RBライプツィヒとのアウェイゲームでのELグループステージ第5節。

 

そんなわけでライプツィヒのスカウト・レポートを見てみる。長所は、

  • キーパーの反射神経
  • 運動量が抜群 (カンテの運動量で対抗できるかも)

逆に弱点は、

  • 4-4-2相手には弱い
  • 4-4-2使用時の失点率が比較的高い

らしい。4-4-2使おうかな(錯乱

f:id:tommy______m:20190103141546p:plain

 

練習スケジュール。今週はテクニカル、来週は攻撃練習。

f:id:tommy______m:20190103141620p:plain

 

そしてセスクに続いてザッパコスタも「試合に出れないならチェルシーを出たい」と言い出す始末。

キャプテン・ケーヒルはこのザッパコスタの行動に不満を示しているなど、やっぱり試合に出れなくてもリーダーとして素晴らしいふるまい。

f:id:tommy______m:20190103141626p:plain

 

そして各国いろんな動きが。

  • スペイン: レアルが負けてアトレティコが再びの首位浮上。バルサは2位と3点差の3位だが、4位バレンシアはそこから勝ち点4差。優勝争いはすでに3チームに絞られたか。
  • イングランド: マンCを2点差でチェルシーとリバプールが追う。アーセナルも1位と4点差の4位で、この4チームによる優勝争いが濃厚か。
  • フランス: モナコとストラスブールの勝ち点1差での首位争いがまだ終わらない。パリSGは2位と6点差での3位。ちょっと優勝争いから脱落しそうだが大丈夫か。
  • イタリア: ユベントスが2位と6点差の首位。やっぱり独走ムードになっている。インテル、トリノは勝ち点1差で2位、3位。ミランが3位と3点差の4位、そこからは2点ずつあけて5位・ナポリと6位・ラツィオ、そして、7位~9位は勝ち点19で3チームが並ぶ。
  • ドイツ: バイエルンが2位に4点差の首位。2位~4位には勝ち点1差でレバークーゼン、シャルケ、ドルトムントが並ぶ。1位だったはずのドルトムントは気づいたら4位に

f:id:tommy______m:20190103141634p:plain

 

セスクの件について、ファンは「もっとセスクを出すべき、今のレギュラーより上」という評価だ。史実でもそうな気がする、、、セスクほどクリエイティブなパスを出せる人いないよな、、、

f:id:tommy______m:20190103141639p:plain

 

ドリンクウォーター曰く、「今やってる個人練習意味がないと思う」らしい。

f:id:tommy______m:20190103141718p:plain

 

第13節最後の試合はフラムとレスターの1-1の引き分け。史実だったらレスターが勝利している…ような気もする。が、この世界線では、レスターは降格圏内から抜け出せず。

f:id:tommy______m:20190103141723p:plain

 

チェルシーU-23は、アーセナルU-23と結局スコアレスドローに。マーク・グエーイが守備で高評価。

この引き分けでチェルシーU-23がマンCのU-23を抜いて2位浮上。というかアーセナル、チェルシー、マンCの3チームが同じ勝ち点で並んでいる。プレミアリーグに負けず、U-23リーグも熱い首位争いだ。

f:id:tommy______m:20190103141730p:plain

 

ダビデ・ザッパコスタの件についてはソーシャル・フィード上でも評価が割れている。アンケートでは42%がトップチームでスタメンで出るべき、とのことで、過半数を割り込んだ。まあアスピリクエタが右サイドバックやってたら、なかなか上回るのは難しいよね。

f:id:tommy______m:20190103141735p:plain

 

ライプツィヒの前の試合。

ウォルクスブルクを5-2で下したらしいが、総じて押し気味。左サイドからの攻撃はあまりしていないみたい。

f:id:tommy______m:20190103141744p:plain

 

何人かの選手は復帰したが、まだエメルソン、モーゼス、ファン・ヒンケルの3名が復帰まで至らず。

f:id:tommy______m:20190103141838p:plain

 

一方でケガのリスクは相変わらず高い。

f:id:tommy______m:20190103141842p:plain

 

選手の成長アドバイス。

選手との関係性も相変わらずよさそうで、若手が好影響を受けているようだ。

f:id:tommy______m:20190103141847p:plain

 

試合前の「もっと守備的に行け」「黙っとけ」といういつも通りのお約束はおいておいて、「タックルはより慎重にいこう」ということなのでそうする。

f:id:tommy______m:20190103141852p:plain

 

チェルシーのファンたちはこの試合は勝てる、という期待を持っているようですが…

f:id:tommy______m:20190103141855p:plain

 

オッズはライプツィヒ勝利が3-1、引き分けが2-1、チェルシー勝利が4-5。両チームとも、グループステージ突破を決めているが、チェルシー勝利でチェルシーの1位通過が決まる。

f:id:tommy______m:20190103141923p:plain

 

ランパード様がペドロにもっとがんばれ、と。

f:id:tommy______m:20190103141929p:plain

 

一方でレアルの監督になったコンテが「マルツェル・ハルステンベルクに気を付けろ!」というコメント。そんなことよりあなたCL大丈夫ですか

f:id:tommy______m:20190103141934p:plain

 

チェルシーのU-18はFAユースカップ3回戦突破

f:id:tommy______m:20190103141940p:plain

 

その試合のレポート。3-1でスウォンジーのU-18を下した。

クリントン・モラが中盤でうまくプレーし、パスもうまく出しながら、ゴールもしっかり決めてくれた。

f:id:tommy______m:20190103141946p:plain

 

マンUのアントニオ・バレンシアが、ユベントスのパウロ・ディバラに移籍するよう後押しをしているらしい。

f:id:tommy______m:20190103142330p:plain

 

そしてライプツィヒ戦の訓示タイム。

ペナルティエリア外の37本のシュートのうち2つがゴールになる一方で、自チームのペナルティエリア外から、16本のシュートのうち1本を決められてしまったのが弱点。らしい。

f:id:tommy______m:20190103142335p:plain

 

ゾラ様にいつも通り訓示を投げる。

アスピには「出せそうならいつでもボールを横に出してくれ」

モラタには「ポジションは自由に動き回ってくれ」

ということで。

f:id:tommy______m:20190103142338p:plain

 

ペドロ、ケパは試合出場OK、ウィリアンは75分まで、モーゼスは相変わらず出れなそう。

f:id:tommy______m:20190103142340p:plain

 

そんなわけでライプツィヒ戦へ。

f:id:tommy______m:20190103142344p:plain

 

キーパーはカバジェロ、左サイドバックにアスピを入れて、クリステンセン、ケーヒル、ザッパコスタの守備陣。

中盤は、ジョルジーニョの位置にセスク、カンテの位置にロフタス=チーク、バークリーの位置にコバチッチが入る。

前線は左からウィリアン、モラタ、そして期待のハドソン=オドイ。EL前節でもゴールを決めてくれたがどうなるか。

アスピリクエタは前半で下げて、マルコス・アロンソに変える予定。

f:id:tommy______m:20190103142405p:plain

 

ライセンスの問題なんだろうけど、チェルシーとか、プレミアの上位チームには顔写真ないのなんとかならんかなぁ。MOD入れようかな?

f:id:tommy______m:20190103142412p:plain

 

開始2分でモラタがあっさりゴール。

その後まもなくロフタス=チークもゴールを決めて、前半終了時点で2-0の大幅リード。

ポゼッションはやや劣勢ながら、シュート数は12-5 (枠内7-2) で圧倒。ファールはチェルシーが3-13で、圧倒的にファールを誘発した結果か、イエローの枚数も0-3となった。

アンカーに入ったセスクはボールロスト回数がチーム最多。ちょっとここ数日間の一件が影響してるのかな…

f:id:tommy______m:20190103142426p:plain

 

後半戦も2点を決める。後半開始2分でモラタが2ゴール目、セスクが終了間際に死体蹴りの4ゴール目を叩き込んだ。

シュート数は19-13 (枠内12-5)。

f:id:tommy______m:20190103142436p:plain

 

ヒートマップを見ると、お互いボールをそこまで持てていないが…ライプツィヒが後ろの方でボールを持ちながらも、上がれていない、いつも通りの展開。

チェルシーは赤くなっているところがないので、そもそもボールをガッツリ持てていたわけではないけど、比較的前の方が緑になっているので、持った時はまあまあ前まで持って行けていたのかな。

f:id:tommy______m:20190103142447p:plain

 

コバチッチの運動量がすごい。そして4ゴールも飛び出したゆえ、いろんな選手が得点に絡んでる。
しかし途中出場のアザールが今一つチャンスに絡めないなど、課題も残る結果に。

f:id:tommy______m:20190103142518p:plain

 

ハドソン=オドイくんがU-23の試合もあったゆえか疲労気味。酷使はよくないね。反省。

しかしセットプレー守備って毎回のように言われてる気がする。また2週間くらいブチ抜きで練習するか…

f:id:tommy______m:20190103142526p:plain

 

思ったよりもパス攻撃ができてない。戦術設定そもそもミスってるのかってレベル。

f:id:tommy______m:20190103142536p:plain

 

スタッツ。

f:id:tommy______m:20190103142546p:plain

 

結局5戦全勝でチェルシーがグループステージ1位突破。「グループEは完全にチェルシーのワンサイドだった」という評価。

f:id:tommy______m:20190103142554p:plain

 

この勝利で£511kのボーナス。いつも通り。

f:id:tommy______m:20190103142901p:plain

 

そしてロフタス=チークが1~2日のケガ。まぁこれくらいの短期ならまだいいけど…

f:id:tommy______m:20190103142904p:plain

 

モラタが2ゴールで9.20評価これをもっとプレミアリーグのチーム相手にもやってほしいけど…

f:id:tommy______m:20190103142907p:plain

 

スペイン代表監督のエンリケさんもアスピ、セスク、モラタを見に来たようで。

f:id:tommy______m:20190103142913p:plain

 

アザールが6.7評価でチーム最低だからどれだけチェルシーにとってはいい試合だったかが見える。

f:id:tommy______m:20190103142920p:plain

 

そして渦中のセスクがまさかのケガ。3~4週間の離脱か、痛み止めを飲んで次戦だけ出て5~6週間の離脱か。

f:id:tommy______m:20190103143026p:plain

 

もちろん前者。だがジョルジーニョの控えをどうしよう…

f:id:tommy______m:20190103143030p:plain

 

そしてカバジェロが食中毒になった。1週間弱の離脱。本当に離脱者が止まらない。

f:id:tommy______m:20190103143033p:plain

 

モーゼスが5週間の離脱を経てようやくの復帰。

f:id:tommy______m:20190103143036p:plain

 

ハダースフィールド戦へ。長所は…

  • 4-2-1-3 (4-2-3-1に近い4-3-3) で90分あたり相手より3回多くチャンスを作っている
  • 4-2-1-3で90分あたり6回のチャンス

で、弱点は…

  • 過去19試合の17被アシストのうち7がペナルティエリアのギリギリ外から
  • ラマダーン・ソビーの3ゴールはチームトップだがリーグ29位

f:id:tommy______m:20190103143040p:plain

 

そしてボーンマスが2-0でウルブスを下すところから第14節がはじまる。

なぜそんなウルブスに勝ちそびれたのか。

たぶんアウェイだからだ。

f:id:tommy______m:20190103143152p:plain

 

練習。

リュディガーが相変わらず絶好調で今週は9越え。

f:id:tommy______m:20190103143159p:plain

 

そしてハダースフィールドは、またもバーンリー戦の次がチェルシーと戦いうパターン。そのバーンリーを2-0で下している。

ポゼッションはイーブンだがシュートは多いというよく見る勝ち方。

f:id:tommy______m:20190103143206p:plain

 

そして12月へ。

ハダースフィールドが初戦だが、次にブライトン→マンUというプレミア2連戦が控えている。31日で9試合消化という超過密日程

f:id:tommy______m:20190103143210p:plain

 

ブライトンのデール・ステファンズが月間最優秀選手に。3位にはローン移籍中のケネディが。

f:id:tommy______m:20190103143215p:plain

 

試合前の戦術アドバイス。

ウィリアンに間接フリーキックを蹴らせよう、深いところのフリーキックはコバチッチにも蹴らせようというやつ。まぁ候補の一人には入れておく。

いつも通りもっと守備的にと言われたがそれは無視して、「もっとタックルは積極的に」「ダイレクトパス大目に」というのは導入。

f:id:tommy______m:20190103143331p:plain

 

今週はテクニカル・トレーニング。

アスピリクエタが練習で高評価。

f:id:tommy______m:20190103143407p:plain

 

月間で見ると赤字が続いているけどとりあえずファイナンシャル・フェアプレーは守れているのでよし。

f:id:tommy______m:20190103143334p:plain

f:id:tommy______m:20190103143343p:plain

 

オッズはチェルシー勝利が1-3、引き分け3-1、ハダースフィールド勝利が7-1

史実では降格圏内ながらも、この世界戦では7位と健闘するハダースフィールドだが、チェルシーとしては、ホームゲーム5連勝中だけに、ここで負けるわけにはいかない。

f:id:tommy______m:20190103143338p:plain

 

カバジェロとセスクの立て続けのケガでざわつくネット。

f:id:tommy______m:20190103143346p:plain

 

ジョーダン・アイナが17歳になり、プロ契約締結可能に。

f:id:tommy______m:20190103143829p:plain

 

一方でマサンプの契約が切れるみたい。ポテンシャル考えるとなんかあれやなあ。

f:id:tommy______m:20190103143832p:plain

 

そしてこのタイミングでアスピリクエタがウィルス感染

医者に診させても5~6日、家に帰したら10~12日、療法士でも7~10日離脱。

f:id:tommy______m:20190103143836p:plain

 

医者に託した。

しかしプレミアリーグ 3連戦のこのタイミングで来るか…

f:id:tommy______m:20190103143840p:plain

 

レスターとマンCが引き分けた!ここで勝てばチェルシー一気に首位浮上のチャンス

一方でマンUはまたも引き分け。取りこぼしが本当に目立つ。

f:id:tommy______m:20190103143843p:plain

 

アーセナル戦の3-0はやはり高評価だったようだ。取りこぼしもあるが、総じて評価は高く、しばらくは首の懸念はないだろう。

f:id:tommy______m:20190103144009p:plain

 

とはいえ、セスク・ザッパコスタの一件があって、ロッカールームの雰囲気は悪化

だがしかし、まだ選手からの支持は厚く、まだまだこれからやれるはず。

f:id:tommy______m:20190103144012p:plain

 

訓示タイム。

ペナルティエリア外からのシュート34本中、3本がゴールに入ったのが強みなようだ。

一方で弱点としては、平均で10秒もボールを持てていないことがほとんどみたいだが、最近の14ゴールのうち、6ゴールはボールを長く持った後のものみたい。だから何だ。

f:id:tommy______m:20190103144017p:plain

 

ゾラ様「アロンソは広くポジションを」「ペドロはどんどんドリブルしていこう」とのこと。

f:id:tommy______m:20190103144020p:plain

 

そしてザッパコスタはチェルシーを出ようと画策しているらしい。右サイドバック補強するかあ…

f:id:tommy______m:20190103144023p:plain

 

記者「ザッパコスタが出たがっているらしいけど、この状況はどう思う?」

ぼく「監督として、この状況はなんとかしないといけないよね (ロッカールームの和を取り戻さねば…)」

f:id:tommy______m:20190103144144p:plain

 

ザッパコスタ「ということは試合に出してくれるんだな!?」

図らずもアスピリクエタの離脱でチャンスが巡ってきたザッパコスタ。このままチーム残留か、それとも追われるように移籍することになるのか…

チェルシー移籍後最も大事な数試合になるだろう。

f:id:tommy______m:20190103144150p:plain

 

U-23の試合は短期離脱したロフタス=チーク、5週間の離脱から復帰したモーゼス、そして結局出番を失いつつあるドリンクウォーターに出てもらう。

f:id:tommy______m:20190103144153p:plain

 

再来週が戦術練習、その次は実践に近い戦術練習。ちなむと英語だけだと違いがわからない。適当。

f:id:tommy______m:20190103144157p:plain

 

ペドロ、ケパ、ロフタス=チークは出場可能、モーゼスは45分だけなら、カバジェロも出場可能らしい。

f:id:tommy______m:20190103144206p:plain

 

そんなカバジェロが食中毒から復帰、軽めの練習ならできるようになった。

f:id:tommy______m:20190103144232p:plain

 

そんなわけでハダースフィールド戦へ。

f:id:tommy______m:20190103144236p:plain

 

今をときめく (皮肉) ザッパコスタが右サイドバックに入った以外はいつも通り。

アスピリクエタは来週末のマンU戦で復帰してほしいところだがどうなるだろうか…

f:id:tommy______m:20190103144242p:plain

 

開始早々ジルーがゴール。その後もペナルティエリア内でのタッチしはいい感じ…らしい。そして致命的な場所でのフリーキック献上がないのもよいことだ。

ポゼッションは完全イーブンながら、相手にはシュートを1本も打たせないなど、守備陣も奮闘した。

f:id:tommy______m:20190103144250p:plain

 

結局そのまま試合終了。なんとザッパコスタがMoMに。シュート数は結局23-2 (枠内2-0) で圧倒した。

f:id:tommy______m:20190103144301p:plain

 

ヒートマップを見ると、チェルシーはだいぶ前の方でボールを持てている印象。
ハダースフィールドは、かなり引いて守っていたが、ボールを持っても結局チェルシーの守備を打開できず。

f:id:tommy______m:20190103144426p:plain

 

アザールが枠内0本なのが気になるくらいで、総じて運動量やパス精度も申し分なかった。

f:id:tommy______m:20190103144436p:plain

 

ちょこちょこ「自信過剰に見える選手がいる」と言われるのだが…今日はジョルジーニョ。

f:id:tommy______m:20190103144446p:plain

 

スタッツ。

f:id:tommy______m:20190103144455p:plain

 

つづき。

f:id:tommy______m:20190103144507p:plain

 

これで勝ち点は3チームが並んだ。得失点差でマンC→チェルシー→リバプールの順。

4位・アーセナルは勝ち点5差がつき、優勝争いは絞られつつあるか。

f:id:tommy______m:20190103144530p:plain

 

そして、これでホーム連勝キープ。

f:id:tommy______m:20190103144536p:plain

 

ジョルジーニョがあと1試合出場でリーグ戦15試合出場になる。

f:id:tommy______m:20190103144541p:plain

 

カンテ休ませないと…だけど次はマンU…

f:id:tommy______m:20190103144545p:plain

 

結局ザッパコスタは「トップチームで試合に出たいんだ」と言いふらす始末。

f:id:tommy______m:20190103144550p:plain

 

とはいえ、今日7.6でチームトップの評価だったことはよいこと。

f:id:tommy______m:20190103144816p:plain

 

さてそんなわけで激戦の12月。どこまでいけるかな。

 

2018 - 2019 欧州サッカー選手名鑑 - サッカー新聞 エルゴラッソ特別編集 -

2018 - 2019 欧州サッカー選手名鑑 - サッカー新聞 エルゴラッソ特別編集 -

 
*1" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51HOS%2BNfrBL._SL160_.jpg" alt="Number PLUS 欧州蹴球名鑑2018-2019 *2" />

Number PLUS 欧州蹴球名鑑2018-2019 *3

 

 

 

*1:Sports Graphic Number PLUS スポーツ・グラフィック ナンバープラス

*2:Sports Graphic Number PLUS スポーツ・グラフィック ナンバープラス

*3:Sports Graphic Number PLUS スポーツ・グラフィック ナンバープラス