Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

Football Manager 2019 - チェルシーで長期政権を築きたい Ep. 25 プレミアリーグ第18節 ~冬が始まるよ~

そんなこんなでこの世界線も年末が近づいてきた。

 

クロード・ピュエル監督を解任したレスターが、ジョルジェ・ジェズスを監督にするらしい。

f:id:tommy______m:20190111201845p:plain

 

今回は、そのレスターとの試合なのですが…

長所

  • キーパーがそつがない
  • チームとしてまとまっている

弱点

  • クロスの得意なチームではない
  • ドリブルが得意なチームではない

f:id:tommy______m:20190111201849p:plain

 

そういえばワトフォードに敗れたカラバオ・カップ。たまたま速報が来たので見てみると…

  • アーセナルとトッテナムが5-1
  • サウサンプトンとワトフォードが3-2

というかアーセナルとスパーズでそこまで差がつくのか。

f:id:tommy______m:20190111201853p:plain

 

ブレントフォードとのU-23の試合は、2-2の引き分け。

モーゼスは今日左ウィングで出ていたらしいがゴールも決めたとか。

f:id:tommy______m:20190111201858p:plain

 

スカウトのおすすめ選手たち。

たぶんこの辺は高すぎて手が出ないなあ。

f:id:tommy______m:20190111201902p:plain

 

ディエゴ・コスタがあと1ゴールでリーグ戦15ゴール。そうなるとチェルシーが£450kのお受け取りらしい。 

f:id:tommy______m:20190111202257p:plain

 

そのレスターだが、暫定監督で挑んだワトフォードに戦は0-2の敗戦。

ポゼッションは40%-60%と持たれ気味だがシュート数は押し気味だったようだが…シュートの量で挑んだレスターと、質で挑んだワトフォードの差、というところだろうか。

ややサイドからの攻撃が多い気がする。

f:id:tommy______m:20190111202300p:plain

 

いつもの「守備的に」「黙っとけ」

f:id:tommy______m:20190111202305p:plain

 

オッズはレスター勝利が3-1、引き分け2-1、チェルシー勝利が4-5。まあ監督代わりたてというのがどう出るか。ここに尽きる気がする。

f:id:tommy______m:20190111202310p:plain

 

クリスタルパレスがアウェイでワトフォードに2-1で勝利したところから今節もスタート。クリスタルパレスが10位にいる。

f:id:tommy______m:20190111202316p:plain

 

練習ではカンテが絶好調。

古巣対決の前に調子が上がってきたか。

f:id:tommy______m:20190111202414p:plain

 

そしてU-23の試合にはいつも通りカバジェロとドリンクウォーターに出てもらう。

f:id:tommy______m:20190111202418p:plain

 

訓示タイム。最近の良い点としては、自チームのペナルティエリア外からのシュート53本中、4本がゴールになったこと。改善点は相手のペナルティエリア外からの12本中1本がゴールになったこと。焼き直し感がすごい。

f:id:tommy______m:20190111202422p:plain

 

ゾラ様に投げた結果「全員マークはタイトにいくぞ」「全員ボールを奪ったらすぐカウンターしにいくつもりてプレスをかけよう」とのこと。

f:id:tommy______m:20190111202426p:plain

 

U-18ではチェルシーがレディングのU-18に1-0。これで5位浮上

タリク・ランプティの守備がよかったとのことで。

f:id:tommy______m:20190111202429p:plain

 

しかし試合前のメディカル・チェック的には、セスクは相変わらず出れない。

f:id:tommy______m:20190111202458p:plain

 

とりあえずレスター戦へ。

試合日程変更、レスターとの2試合目が思ったよりも前倒しになってしまったか。

f:id:tommy______m:20190111202501p:plain

 

スタメンは次戦のマンC戦を見据えてローテーションに。

左ウィングにはアザールではなくペドロ、中盤バークリーの位置にコバチッチを入れて、サイドバックはアスピとザッパコスタ。そしてアスピはアロンソと交代させる。

エメルソンの不在はじわじわとこの過密日程で堪える。

f:id:tommy______m:20190111202508p:plain

 

そのコバチッチの先制ゴールから、ダビド・ルイスのPKもあり、チェルシーが難なく2-0と先制。

シュート数を見ても、8-2 (枠内4-1)、ポゼッションは55%-45%と押し気味。

f:id:tommy______m:20190111202514p:plain

 

最後はモラタが後半8分に決め、難なく3-0の完封勝利。ジェズス新体制は苦しい船出に。

シュート18本-7本、枠内8本-2本、ポゼッション54%-46%と、ビッグ6の意地を見せられたかな。

f:id:tommy______m:20190111202525p:plain

 

ヒートマップはお互いに薄く広く。こういう形のヒートマップだと、結構お互い速攻で持ち上がってるのかな?というイメージ。

f:id:tommy______m:20190111202616p:plain

 

サイドバックからのクロスが全く決まらなかったこと以外は、総じていい内容だったといえるだろう。

コバチッチが12.9kmという運動量で、ペドロ、モラタが3つ、5つのファール誘発。内容はまあ文句ないだろう。

f:id:tommy______m:20190111202628p:plain

 

ゾラ様「今日は特にないわ」

f:id:tommy______m:20190111202638p:plain

 

数字を見てみても、チェルシーからしたらまぁ理想的な戦い方だったんじゃないだろうか。

f:id:tommy______m:20190111202648p:plain

 

スタッツ。

f:id:tommy______m:20190111202657p:plain

 

マンUがトッテナムを下しブライトンがリバプールを下しハダースフィールドがアーセナルを下すなど、波乱がちょっとあった。

だからこそ苦しむチーム相手にしっかり勝つことが大事。

これでマンCの結果待ちだが、チェルシーは暫定首位、リバプールとは勝ち点5の差がついた。

f:id:tommy______m:20190111202748p:plain

 

暫定首位なんだけどね。

f:id:tommy______m:20190111202753p:plain

 

コバチッチが今季初のMoMかな。8.3評価。先制ゴールはやはり大きい。

f:id:tommy______m:20190111202759p:plain

 

スカウト「クラブW杯?いい選手おらんかったわ」

ぼく「悲しいね」

f:id:tommy______m:20190111202805p:plain

 

アロンソは途中出場で無難な試合に。6.8評価でチーム最低だからまあ総じていい内容だったんだな。大事なことなので2度ry

f:id:tommy______m:20190111202812p:plain

 

中2日でマンC戦なのですがそれはまた次回にしましょう。

 

 

2018 - 2019 欧州サッカー選手名鑑 - サッカー新聞 エルゴラッソ特別編集 -

2018 - 2019 欧州サッカー選手名鑑 - サッカー新聞 エルゴラッソ特別編集 -

 
*1" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51HOS%2BNfrBL._SL160_.jpg" alt="Number PLUS 欧州蹴球名鑑2018-2019 *2" />

Number PLUS 欧州蹴球名鑑2018-2019 *3

 

 

 

*1:Sports Graphic Number PLUS スポーツ・グラフィック ナンバープラス

*2:Sports Graphic Number PLUS スポーツ・グラフィック ナンバープラス

*3:Sports Graphic Number PLUS スポーツ・グラフィック ナンバープラス