Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

FIFA3作で見るチェルシーの変化 ~選手編~

昨日はチームの変化を見てみたが、今日は、チェルシーの息のなが〜い選手の、能力の変化を見てみようと思う。

条件は、FIFA15、FIFA17、FIFA19いずれもチェルシーに所属していた選手。(一部ローンも含む)

 

ギャリー・ケーヒル

FIFA15 → 81

f:id:tommy______m:20190115004317j:plain

FIFA17 → 83

f:id:tommy______m:20190115003301j:plain

FIFA17最終 → 83

f:id:tommy______m:20190115003934j:plain

FIFA19 → 80

f:id:tommy______m:20181024012522j:plain

f:id:tommy______m:20181024012528j:plain

f:id:tommy______m:20181024012532j:plain

テリーの後キャプテンを引き継いだケーヒルも、モウリーニョ政権・コンテ政権ではレギュラーとして活躍するも、攻撃的なサッカーゆえ、ディフェンダーにも足元の技術を求めるサッリ監督の下でポジションを失った。

それが影響したか、17-18年の影響か、81→83と上がっていた能力は80までダウン。

フラムへの半年のローン移籍でもってチェルシーの契約を全うするとの噂もあり、キャプテンのチェルシーでの日々は終わりが近づいている。

 

 

セサル・アスピリクエタ

FIFA15 → 81

f:id:tommy______m:20190115004326j:plain

FIFA17 → 84

f:id:tommy______m:20190115003310j:plain

FIFA17最終 → 83

f:id:tommy______m:20190115003925j:plain

FIFA19 → 86

f:id:tommy______m:20181024012553j:plain

f:id:tommy______m:20181024012557j:plain

f:id:tommy______m:20181024012631j:plain

加入時は右サイドバック (79評価とかだった気がする)。モウリーニョ政権下で左サイドバックに回り、高い運動量と守備面での貢献が評価されてか、能力が84まで上がると、コンテ政権では今度は3バックの一角として、センターバックも務め、FIFA19では能力86のセンターバックとして登録されている。

 

 

セスク・ファブレガス

FIFA15 → 85

f:id:tommy______m:20190115004321j:plain

FIFA17 → 86

f:id:tommy______m:20190115003319j:plain

FIFA19 → 83

f:id:tommy______m:20181024012851j:plain

f:id:tommy______m:20181024012854j:plain

f:id:tommy______m:20181024012857j:plain

モウリーニョ政権では、3列目から攻撃を組み立てる、一時期のランパードのようなポジションにいたが、コンテ政権で3-4-3が導入されるとベンチスタートが増え、サッリ政権でジョルジーニョが加入すると、完全にそのバックアップとなり、先日モナコ移籍が決定。ベンチスタートが増えたことも、FIFA17→19で能力が落ちた遠因か。

 

 

ウィリアン

FIFA15 → 82

f:id:tommy______m:20190115004338j:plain

FIFA17 → 85

f:id:tommy______m:20190115003326j:plain

FIFA19 → 84

f:id:tommy______m:20181024012958j:plain

f:id:tommy______m:20181024013000j:plain

f:id:tommy______m:20181024013004j:plain

FIFA16に相当する、15-16年。モウリーニョ政権が3年目にして崩壊したあの年に、孤軍奮闘していたゆえ、FIFA15→17で82→85と大幅能力アップ。

82だと、トップクラブではレギュラーにはやや物足りない数字で、補強ポイント感があるのだが、85までいくとレギュラーとしては十分に感じる。

FIFA17→19の間では、コンテ監督がペドロをより重宝していたこともあり、ベンチスタートが増えたゆえ、85→84と能力微減。

FIFA19の最後の写真が凹んでいる感じでシュール。

 

 

エデン・アザール

FIFA15 → 88

f:id:tommy______m:20190115004343j:plain

FIFA17 → 88

f:id:tommy______m:20190115003334j:plain

FIFA17最終 → 89

f:id:tommy______m:20190115003913j:plain

FIFA19 → 91

f:id:tommy______m:20181024013037j:plain

f:id:tommy______m:20181024013040j:plain

f:id:tommy______m:20181024013043j:plain

大正義。他になんと呼べばいいのだろうか。

今シーズンの活躍ぶりを見ると92〜93くらいまで上がってもおかしくなさそうだ。

あとはいつまでチェルシーに残ってくれるか…

 

 

ルーベン・ロフタス=チーク

FIFA15 → 56

f:id:tommy______m:20190115004401j:plain

FIFA17 → 68

f:id:tommy______m:20190115003352j:plain

FIFA19 → 78

f:id:tommy______m:20181024012834j:plain

f:id:tommy______m:20181024012837j:plain

f:id:tommy______m:20181024012843j:plain

期待されてる選手ではあったがFIFA15だと56評価。年間5ずつ成長しても4年で76なので、それでもまだレギュラーには厳しい…というところだったが、56→68→78と4年で立派な能力に。

史実での活躍を見たら、80くらいは行ってもおかしくない気がする。というかFIFA19最終盤ではウィング扱いになっているかも?

 

 

クル・ズマ

FIFA15 → 75

f:id:tommy______m:20190115004405j:plain

FIFA17 → 80

f:id:tommy______m:20190115003359j:plain

15-16年最後での膝の怪我があったのがキャリアに悪影響を及ぼした気がしているが、それでもFIFA15→17で能力は75→80とアップ。FIFA19では78とかだったような。

FIFA17時点では控えとしても十分使えそうだったがクリステンセンの存在を考えると、ゲームでもレギュラーは厳しくなりつつあるか。

 

 

アンドレアス・クリステンセン

FIFA15 → 58

f:id:tommy______m:20190115004435j:plain

FIFA17 → 78

f:id:tommy______m:20190115003227j:plain

FIFA19 → 82

f:id:tommy______m:20181024012542j:plain

f:id:tommy______m:20181024012545j:plain

FIFA15のときはここまで来るとは思わなかった…笑

FIFA17時点でローンに出されていたボルシアMGでレギュラーをつかむと覚醒したか、17-18年にはコンテ政権で干されていたダビド・ルイスに変わってレギュラーをつかんだ。今年はサッリ政権で再びダビド・ルイスがレギュラーに返り咲いたが…

 

 

ビクター・モーゼス

FIFA15 → 75

f:id:tommy______m:20190115004443j:plain

FIFA17 → 77

f:id:tommy______m:20190115003409j:plain

FIFA17最終 → 78

f:id:tommy______m:20190115003922j:plain

FIFA19 → 78

f:id:tommy______m:20181024012927j:plain

f:id:tommy______m:20181024012930j:plain

f:id:tommy______m:20181024012935j:plain

「未完の大器」感があったのだが、コンテ政権で、誰も予想だにしなかった右のウィングバックとして大ブレイク。ポジションがRM → LM → RWB → RW/RWBと転々としているのが不遇感があるが…

4バックに戻った結果ウィングとしての起用に戻ったが、ペドロやウィリアンの牙城は高く、ハドソン=オドイのブレイクでさらに窮地になった感がある。

 

 

…FIFA15時点で、ローンを除いてチェルシーに籍を置いていたのが33人なのだが、4年間チェルシーに籍を置き続けた選手はこのくらいなはず。

ファン・ヒンケルとか、ルーカス・ピアゾンも、一応チェルシーには4年以上いることになるが、チェルシーではレギュラーを掴みきれないまま、ローンでたらい回しにされている印象。
 

そう考えるとチェルシーの入れ替わりの激しさというのもうかがえる、そんな考察だった。

 

FIFA 19 - PS4

FIFA 19 - PS4

 
FIFA 17 -PS4

FIFA 17 -PS4

 
FIFA 15 - PS4

FIFA 15 - PS4