Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

野球旅人日記 第7話 〜ちゃっかり東京編②〜

そんなわけでちゃっかり続いていたこのシリーズ。

研修で東京にいったところで週末野球に行くやつになってきた。

 

Game 13

5/12 中日@巨人 (東京ドーム)

そんなわけで、木曜日は内海の快投に酔いしれ、金曜日は大エース菅野のそれ以上の快投に酔いしれ、土曜日は左のエース・田口。
この時期から苦しんでいたし、結果的には厳しい1年になったけど、まぁそういうことにしておこう。

 

前回の連勝のおかげで、東京ドームでの連勝は11試合まで伸びた。

(2015年: レギュラーシーズン2試合、CS1試合, 2016年: オープン戦2試合、2017年: レギュラーシーズン3試合、2018年: レギュラーシーズン3試合)

「いやペース遅くね!?」って思われるかもしれないが、大阪在住だとこれが限界なのだ…2015年は大学卒業の年でいろいろあったし…orz

 

今日はまたもレフト巨人応援席から。 

比較的レフト寄り。

(ジャイアンツ応援席でもビジター応援席でもない) 普通の外野席や、中日ファンの固まるビジター応援席も近い。

f:id:tommy______m:20190201184330j:image

前回登板で苦しめられたガルシアが中日の先発。

いや~な予感はしていたが、3回までは田口・ガルシアとも無失点。

しかし4回、ポンポンとテンポよく投げていた田口がいきなり福田に被弾。
去年は飛翔が多かったなぁ…と振り返って思う。

そして6回にはビシエドがまたもソロホームラン。2-0とされる。
鳴り響く「燃えよドラゴンズ」。「ナゴヤドームにつめかけた」を「東京ドームに…」と言い換える、その声量が一段と上がった気がする。

一方でガルシアを打ちあぐねる巨人打線。少しずつ漂う嫌なムード。

7回。2アウトから1番・大島がエラーで出塁し、2番・京田がヒットで続く。3番には3割5分近く打っていたアルモンテ、続くは今日ホームランのビシエドと福田。
響き渡るサウスポーのトランペットと、ボルテージが上がった中日ファンの「オイ!オイ!」という合いの手。楽しそうだ。それがまた威圧感を出している。

フィールドを見れば、明らかに田口も球数がかさみ、へばっている。
さすがに変えたほうがいいだろう。

 

…その思いは届かなかった。

続投した田口がアルモンテにとどめの3ランを打たれ、万事休す。

 

7回裏の「闘魂こめて」をかきけすような中日ファンのブーイングがむなしく響いた。

 

結局そのままガルシアが完封。
巨人はいいところなく、僕自身も東京ドームで3年半ぶりに負け試合を見たことに。


f:id:tommy______m:20190201184335j:image

 

田口はこの試合自責点2なのでHQSがつくはずだが、それでも点を取れなければ意味がない。

中日ファンと巨人ファンの境目は、どうしてもビチバチすることもあり、木曜・金曜の快勝が吹き飛んでしまうような後味の悪い一戦になってしまった。

 

中 0 0 0 1 0 1 3 1 0 6

巨 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝: ガルシア 4勝1敗0S

負: 田口 2勝2敗0S

本塁打: 福田3号ソロ、ビシエド5号ソロ、アルモンテ6号3ラン (中日)

 

 

Game 13

5/13 ロッテ@西武 (メットライフドーム)

日曜日も東京ドームにいってもよかったのだが、せっかく西武のファンクラブにも入ったし、メットライフドームの外野もいってみたいと思っていたので、西武ファンの後輩たちと突撃した。

ちょうど去年から、ライオンズ側の外野寄りの座席の一部が、外野指定席に切り替えられたゆえ、まずはそこで観戦することに。(自由席の座席取り競争勝てる気がしなかった)

しかしいい眺めである。パノラマは大体外さないよね。

f:id:tommy______m:20190201205433j:image

 

試合まで1時間ちょっとあるのと、山川穂高プロデュース弁当に興味があったので、さっそく買ってみた。肉が多くて普通にうめぇ。あまり球場メシに詳しいタイプではないけど、こういうお肉系のお弁当は外さない気がする。
f:id:tommy______m:20190201184416j:image

 

そんなこんなで試合が始まる。

先発は阪神からトレードできた榎田。初回を無難に抑えると、1回の裏。

ブルーハーツの「人にやさしく」に合わせて、秋山翔吾が登場だ。

曲に合わせての、
\がんばれーっ!!/
の大合唱は、内野で見ていてもすごいのだが、外野で自分も声を出すのが一番楽しい。

そんなことを考える間もなく、秋山がツーベース。

そして内野安打→フォアボールから犠牲フライであっさり西武が先制。

前回も、楽天戦を見に行った時、3球か4球で先制していた気がするけど…本当に化け物なのかなこの打線。

結局初回に4点を先制し、あっさりとロッテを「叩きのめし」てしまった。

結構西武といえば山川を中心とした、長打力のある強力打線だと思うが、この日はホームランもなく、6点をロッテから「略奪」していった。

 

守りのほうも、榎田がそのまま快投。ロッテ打線を寄せ付けることなく、6-0での大勝となった。

 

f:id:tommy______m:20190201215946j:image

 

 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

西 4 1 0 0 1 0 0 0 X 6 

勝: 榎田 4勝0敗0S

負: オルモス 0勝2敗0S

 

今回は、この試合を見て、その日のうちに大阪に戻った。

それにしても、金曜は巨人6-0中日、土曜はその逆で巨人0-6中日、日曜日も6-0かぁ…と、そんな大したことでもないし、あくまで偶然なのだが、3試合連続で同じスコアなことに、ちょっと感動してしまった。

 

 

<今回の学び>

  • 自分が行った試合で巨人が勝ちまくるなんて運がいいだけのことなんだけど。それでも巨人が東京ドームで勝つのはうれしいもんだよね…
    と、失ってはじめて気づく。
  • メットライフの外野指定席は結構有能。外野自由席の席取り競争に勝てる自信がない人にはお勧め。
  • 外野席は大体どの球団も楽しい説