Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

蘇れモラタ 〜チェルシーのレジェンドを目指して〜 第4話~

朝起きたつもりが21時だった、という夢を見た。

寝た気がしなくなるやつ。ひええ。

 

…というのはおいておいて、モラタのチェルシーキャリア・リバイバル編。

開幕2戦連続でゴールと好調な滑り出しを決めたアルバロ・モラタ。

3戦目はアウェイのニューカッスル戦、カップ戦を挟んで4戦目にホームでボーンマス戦。

 

練習はついにオールAを達成。

選べる項目が限られているから、どうしても守備練習に枠を1つ使うのだけど、その結果守備力の向上が著しい。

f:id:tommy______m:20190210113658j:plain

 

そんなわけでアウェイのニューカッスル戦へ。

史実では、相手のオウンゴールもあり、2-1でチェルシーが勝利。モラタ本人は、65分に交代、ゴール・アシスト無しに終わった試合。

 

それにしても…スタメン…

またジョルジーニョを落としてファン・ヒンケルを入れ、カンテを落としてドリンクウォーター、ウィリアン/ペドロではなくモーゼス。

これで負けたら本当にお笑いだから。てか笑えないから。

f:id:tommy______m:20190210113738j:plain

ルート・フォルマーがニューカッスルに新加入。

f:id:tommy______m:20190210113724j:plain

そのフォルマーが右サイドで早速先発。ベンチには武藤の名も。

f:id:tommy______m:20190210113729j:plain

チェルシーは、上記の通り、またも飛車角落ちで挑む。

週の真ん中にカップ戦があるとはいえ、下部リーグのチームが相手なんだから別に今ローテーションする必要もないのに…(怒

f:id:tommy______m:20190210113734j:plain

試合は飛車角落ちなんてしたからニューカッスルが先制点を叩き込む。

 

そしてまもなく2点目が決まり、前半にして試合終了という勢い。

 

一方のチェルシー、アザールがチャンスにあまり絡めておらず。

f:id:tommy______m:20190210113825j:plain

 

60%-40%とポゼッションは優勢だし、シュートは打っているもののなかなか枠内に飛ばず。

f:id:tommy______m:20190210113816j:plain

 

モラタはモラタで、ショートパス、スルーパス、今日も「トップクラスのパスワーク」で高評価ながらも、結局シュートも2本だけ。

f:id:tommy______m:20190210113820j:plain

f:id:tommy______m:20190210113830j:plain

 

後半開始10分経たず、チェルシーが相変わらず押せ押せなのだが、決められない。

そんなところで、なんとかこぼれ球を押し込んでチェルシーが1点を返す。

 

得点を決めたのは…もちろんこの人。


そんなわけで「4試合4ゴール」の目標にあと一歩となる、3試合3ゴール。

f:id:tommy______m:20190210113920j:plain

1-2と追うチェルシーは、後半12分にドリンクウォーターを下げてカンテに。

f:id:tommy______m:20190210113929j:plain

そしてその3分半後にはファン・ヒンケルを下げてジョルジーニョを投入。

f:id:tommy______m:20190210113924j:plain

だからそれを最初からやっておけって!!

 

結局このモラタのゴールがあったものの、追いつかない程度の反撃にとどまり、最終の評価は8.0に届かず。

まあたぶんこぼれ球ゴールを決める間にシュートが3本くらいカウントされてるからだろうなあ。

「パスキレッキレなのはいいけど、精度には気をつけて。少し強引なパスもあるように見えるぞ」らしい。

f:id:tommy______m:20190210113933j:plain

f:id:tommy______m:20190210113937j:plain

f:id:tommy______m:20190210113834j:plain

 

…また、右サイドバックのベンダーを左に、左サイドバックのアロンソを右に、アンカーのジョルジーニョをセンターバックにする支離滅裂な3バックをやってやがる…

f:id:tommy______m:20190210114145j:plain

一応これでもチーム最高評価だというところがいかにひどい試合だったかを物語っている。

結局、いらないローテーションによるお笑いスタメンで開幕3戦のうち2戦を取りこぼす最悪のスタート。FIFA19のAIは本当に○んだほうがいい。

 

<史実との比較>

チェルシー: 1勝0分2敗 勝ち点3 (史実: 3勝0分0敗 勝ち点9)

モラタ: 3試合3ゴール0アシスト (史実: 3試合1ゴール0アシスト)

チェルシーの4得点のうち3つにモラタが関与
(史実: チェルシーの8得点のうち1つに関与)

 

 

…そんなことを言ってたら、酒井宏樹がアーセナル加入。

f:id:tommy______m:20190210114021j:plain

 

怒りと失意が入り混じる中で週の真ん中、カップ戦に挑む。史実ではこのタイミングでのカップ戦はなかったけど。

f:id:tommy______m:20190210114218j:plain

カーライル・ユナイテッドとの試合。フットボールリーグ2なので4部リーグのチームだ。

f:id:tommy______m:20190210114222j:plain

モラタは直近3試合で3ゴール。今日も注目選手だ。

f:id:tommy______m:20190210114213j:plain

 

カーライル・ユナイテッドのスタメン。4-5-1というか4-2-3-1というか…は、迷うところだが、まあ無難なフォーメーションだ。

f:id:tommy______m:20190210114403j:plain

f:id:tommy______m:20190210114416j:plain

 

チェルシーはいつも通りの4-3-3。

前線は、左のアザールに変えてハドソン=オドイ、右のウィリアンに変えてペドロ。

中盤は、コバチッチの位置にファン・ヒンケル。カンテの位置にドリンクウォーター。

守備は右サイドのベンダーの位置にダボが入り、センターバックのクリステンセンの位置にアンパドゥが入る。

キーパーはカバジェロ。

f:id:tommy______m:20190210114411j:plain

f:id:tommy______m:20190210114407j:plainそんなわけでローテーションしなかったモラタ、アロンソ、アスピリクエタはここまで全試合出場。

…なんというか徹底しきれてないローテーションだよなあ。
ここでエメルソンとかジルー、ダビド・ルイスやリュディガー、ケーヒル使っとかないと…

 

 

セルジ・ロベルトがバルセロナからバイエルン・ミュンヘンに加入。

f:id:tommy______m:20190210114358j:plain


そんなローテーションで、前半戦はまさかの双方無得点。

f:id:tommy______m:20190210114504j:plain

 

モラタは、40タッチとプレーには絡めているものの、得点は生み出せず。

キーパスは3本と、比較的有効なパスも出せているはずなのだけど…

f:id:tommy______m:20190210114508j:plain

f:id:tommy______m:20190210114513j:plain

 

後半になると、ハドソン=オドイに変えてアザール、ファン・ヒンケルに変えてカンテ、ペドロに変えてウィリアン、と、積極的に交代策に出る。

 

モラタも、あいかわらずキレッキレなパスワークでチャンスを作…ったが…

 

そんなわけで試合は0-0のまま、最後まで進んでいく。

 

…PK戦かな?と思っていたタイミングでいいパスが入る。


ここはモラタの足が届かなかったものの、なんとドリンクウォーターのゴールに。

f:id:tommy______m:20190210114542j:plain

 

試合終了間際、下部リーグのチーム相手に苦戦する中で、貴重な貴重な決勝ゴールとなった。

 

1-0でなんとか勝利。

f:id:tommy______m:20190210114613j:plain

 

試合自体は、65%-35%のポゼッションや、22-7本のシュート数、11-2の枠内シュート数が語るように、完全に押せ押せムードだったのだが…

f:id:tommy______m:20190210114603j:plain

 

モラタは結局得点には絡んでいないものの、チャンスの演出や堅実なパスで9.1の高評価。

f:id:tommy______m:20190210114618j:plain

 

キーパス6本はなかなかに凄い数字だと思う。

f:id:tommy______m:20190210114632j:plain

f:id:tommy______m:20190210114628j:plain

9点代だったら、まあまあな確率でMoMだ。

今回も、例にもれず。

これで、プレミアリーグ開幕以降の4試合中3試合でMoMという暴れっぷり。

f:id:tommy______m:20190210114622j:plain

 

気づいたら夏の移籍も終わっている。

f:id:tommy______m:20190210205920j:plain

 

9番…!?

嫌な予感がしていたら、ライプツィヒからティモ・ヴェルナーを補強。

ここでドイツ人ストライカーの補強とは…しかも£39.1Mということでベンダーよりも大きな額での補強となった。

f:id:tommy______m:20190210205947j:plain

当然、モラタのスタメンの座が危ういのでは?という憶測記事も出る。

f:id:tommy______m:20190210210241j:plain

というか、ロフタス=チークがローンで出されている。

ロフタス=チークよりもドリンクウォーターとかファン・ヒンケルをとるのかよ!おい!

f:id:tommy______m:20190210205952j:plain

しかし、いいニュースもあり、モラタがスペイン代表に招集。

f:id:tommy______m:20190210205942j:plain

f:id:tommy______m:20190210205924j:plain

f:id:tommy______m:20190210205929j:plain

 

そしてプレミアリーグ第4節はボーンマス戦。

史実では、モラタはこの試合もスタメンで出場していたが、得点に関与できず。 

この試合でヴェルナーのデビューか?という期待の記事。

f:id:tommy______m:20190210205913j:plain

 

そして8月の3試合で3ゴールのモラタが月間最優秀選手の候補にノミネート。これはうれしい。
f:id:tommy______m:20190210205934j:plain

練習でも絶好調だ。

f:id:tommy______m:20190210210347j:plain

 

そんなわけでボーンマス戦へ。

史実では2-0でチェルシーが勝利。モラタは0-0の後半16分に交代し、そこからチェルシーが2得点。

で、こっちの世界戦では、絶好調だけど、カップ戦フル出場が影響してスタミナが少し削られている…

f:id:tommy______m:20190210210508j:plain

開幕3試合中2試合取りこぼしたチェルシーは10位スタート。最悪だ。

f:id:tommy______m:20190210210446j:plain

アレックス・テイシェイラが3試合で3ゴール。これまた好調な選手だ。

f:id:tommy______m:20190210210451j:plain

今回も一部ローテーション。カンテのポジションにセスク、右ウィングはまたもモーゼス。

もうFIFA19のAIは頭とち狂ってるんじゃねぇのか。

f:id:tommy______m:20190210210456j:plain

 

しかし、この試合、さっそくチェルシーが畳みかける。

 

開始3分でアザールがうれしい今季初ゴール、モラタも今期最初のアシストとなった。

 

 

しかしそれだけでは終わらない。コバチッチの今季初ゴールもアシストすると、

 

 

これで4戦4ゴール。絶好調だ。

f:id:tommy______m:20190210210502j:plain

 

前半終了間際にモラタのゴールも飛び出し、3-0の大量リード。

f:id:tommy______m:20190210210539j:plain

 

ポゼッションはそうでもないが、枠内シュートを見ると、しっかりとシュートの質までこだわってサッカーをできている感じ。

f:id:tommy______m:20190210210535j:plain

 

3得点すべてにモラタが関与している。素晴らしい。

これで、開幕4試合目の前半終了まで、7得点中6得点にモラタが関与 (4ゴール2アシスト) というメッシ的活躍

f:id:tommy______m:20190210210554j:plain

 

そりゃ最初の45分で1ゴール2アシストなら9.3評価になるよね。

ポゼッションロスが多いのが気になるが、パスも相変わらずよさそう。

f:id:tommy______m:20190210210545j:plain

f:id:tommy______m:20190210210549j:plain

 

後半、大量リードの中で、まずはセスクとカンテを交代。

f:id:tommy______m:20190210210644j:plain

そしてモーゼスに変えてウィリアン。

f:id:tommy______m:20190210210640j:plain

最後は、ここまでずっとフル出場だったアロンソに代えて、ザッパコスタを投入。

f:id:tommy______m:20190210210636j:plain

後半戦は得点を奪えていないものの、ここまでの活躍だけでも十分だろう。

f:id:tommy______m:20190210210651j:plain

そんなわけで9.0評価。

f:id:tommy______m:20190210210733j:plain

パスがいいというフィードバックと、パスが悪いというフィードバックが混在するパラレル・ワールド。

f:id:tommy______m:20190210210738j:plain

f:id:tommy______m:20190210210743j:plain

しかし、1ゴールをあげたコバチッチが、同じ評価点ながらMoMに。

f:id:tommy______m:20190210210750j:plain

 

<史実との比較>

チェルシー: 2勝0分2敗 勝ち点6 (史実: 4勝0分0敗 勝ち点12)

モラタ: 4試合4ゴール2アシスト (史実: 4試合1ゴール0アシスト)

チェルシーの7得点のうち6つにモラタが関与
(史実: チェルシーの10得点のうち1つに関与)

 

4試合で4ゴール。そして今日晴れて2アシスト追加。

プレミアリーグ得点王争いも、早くも首位タイに並んだ。

f:id:tommy______m:20190210222627j:plain

そしてアシストも、トッテナムからマンCに引き抜かれたエリクセンがとびぬけているものの、2位タイである。

f:id:tommy______m:20190210222632j:plain

 

量産体制のモラタが称賛された。

f:id:tommy______m:20190210210838j:plain

 

ここまでプレシーズンやカップ戦含めても、10試合で7ゴール3アシスト、平均8.4評価。十分すぎる出だしだろう。

f:id:tommy______m:20190210210845j:plain

…とはいえ、4ゴール以外の目標は達成できず。

9.0平均評価や、シュート成功率49%以上…というのがキツイ。

f:id:tommy______m:20190210210849j:plain

練習は相変わらず絶好調だけど…

f:id:tommy______m:20190210210908j:plain

ここまでで、全体能力は+1。守備能力のアップがすごい。

f:id:tommy______m:20190210210912j:plain

スクワッドランクは3位をキープ。絶好調な限りこの座は安泰か?

f:id:tommy______m:20190210210917j:plain


次回は代表ウィークを挟んでプレミアリーグが続いていきますとさ…


 

FIFA 19 - PS4

FIFA 19 - PS4