Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

Football Manager 2019 - チェルシーで長期政権を築きたい Ep. 28 年が明けてプレミアリーグ21節

金曜日ですね。

 

Football Manager 2019の世界線は年が明け、エバートン戦で2019年もキックオフ。

 

そんなエバートンのスカウト・レポート。

強み

  • リシャルリソンが左ウィングで有能
  • キーパーのロングキック

弱み

  • クロス能力はチーム全体的にも高くない
  • ロングシュートはそこまで

f:id:tommy______m:20190214235009p:plain

 

しかし、ここまで若干苦戦していた上に、守護神・ピックフォードが故障。そんな状況なので、前節もワトフォード相手に3-1の敗戦。

ポゼッションは54%-46%でエバートンが優位だったものの、シュート数は23本-5本でワトフォードが圧倒。

よくみると、左サイドを捨てたかのような攻撃になっている。

f:id:tommy______m:20190214235013p:plain

 

なので、守備は中央によって…という指示。

f:id:tommy______m:20190214235057p:plain

 

オッズはチェルシー勝利1-3、引き分け3-1、エバートン勝利7-1。開幕第2節では、アウェイながらも、2-1で勝利したが、今回は、さあどうなる。

f:id:tommy______m:20190214235103p:plain

 

記者会見。

記者「エバートンはリーグの上半分の成績を期待されていたけど、現在13位。漬け込む余地はあると思う?」

ぼく「練習通りにやっていれば大丈夫だよ」

ペドロ、ダビド・ルイス「せやな(ハッピー)」

f:id:tommy______m:20190214235452p:plain

 

そういえば、ジョアオ・ロドリゲスの契約が切れそう。

f:id:tommy______m:20190214235457p:plain

 

そして試合前の訓示タイム。最近の良い傾向は、ペナルティエリア外から打たれた14本のシュートは全部止めた。逆に、相手のペナルティエリア内で265タッチしながら7ゴールしか決まっていないのが要改善。

f:id:tommy______m:20190214235502p:plain

 

ゾラ様「ジョルジーニョはポジションをキープして、ペドロは中へ切れ込む動きを中心によろしく。」

f:id:tommy______m:20190214235507p:plain

 

よく見ると、年が明けたタイミングもあって、ネイマールが年間最優秀選手メッシがゴールデン・ボール賞

f:id:tommy______m:20190214235511p:plain

 

そしてムバッペが欧州の若手最優秀選手になった。ムバッペ欲しいなあ…けど、£150Mでも済まないかなあ。

f:id:tommy______m:20190214235645p:plain

 

そんなわけでプレミアリーグの冬の移籍市場のはじまり、はじまり~。スソのACミラン→トッテナムの£34M相当の移籍が、真っ先に噂される。

f:id:tommy______m:20190214235652p:plain

 

スカウトによる候補リスト。優勝争いしているマンCの選手が多いけど、取れるわけがないよね…

f:id:tommy______m:20190214235658p:plain

 

U-23との試合。

モーゼス、セスク、カバジェロ、ケーヒル、ドリンクウォーターがそれぞれ出場。カバジェロ、ドリンクウォーターは最大45分、それ以外は最大20分の出場。

f:id:tommy______m:20190214235704p:plain

 

試合日程は、1日がエバートン戦、そこから5日にFAカップのストーク戦。
そこからはカップ戦の結果次第でもあるけど、現時点では週1ペースでプレミアリーグの試合があり、年末ほどバタバタではないか。

最終週だけ、中3日で次の試合…となりそう。

f:id:tommy______m:20190214235710p:plain

 

FAカップ、アジアチャンピオンズリーグ、アジア杯 (代表戦)、南アフリカU20選手権など、大会が目白押し。スカウトを張り付けてみる。

f:id:tommy______m:20190214235808p:plain

 

ブラッド・コリンズと、アイク・ウグボがローンから帰還予定。

f:id:tommy______m:20190214235812p:plain

 

そして、移籍市場が開いて早々、バイエルンからリュディガーに移籍オファー。市場価値£38Mに対して、£42Mのオファー。この1.5倍積まれたとしても出さないけど。

f:id:tommy______m:20190214235816p:plain

 

クリステンセンがタイトマークを習得。

f:id:tommy______m:20190214235822p:plain

 

ロフタス=チークが相変わらず練習に対して不満げ。俊敏性の練習をすべき、という自己分析。

f:id:tommy______m:20190214235826p:plain

 

そして、怪我してしまったものの、アスピが週間ベストイレブンに。

f:id:tommy______m:20190214235911p:plain

 

カンテが月間最優秀選手2位に。1位はアーセナルのグラニト・ジャカ。

f:id:tommy______m:20190214235919p:plain

 

そしてとみー監督がなんと2度目の月間最優秀監督賞。9月以来の2度目だ。
8月がペップ、10月がまたもペップ、11月は忘れた。
7戦5勝2分、マンCとの直接対決が大きかったか。
3位にはモウリーニョ。史実ではこの時期にはもう首を切られていたのだけど…
f:id:tommy______m:20190214235927p:plain

 

練習。リュディガーが8.85と好調。セスクはひと悶着あったり故障もあったりで5.35と低調。

f:id:tommy______m:20190214235932p:plain

 

財政面は、相変わらずなんとも言えない感じ。毎月やや赤字なのだけどこれは優勝賞金とかが跳ね上がってきたらなんとかなるものなのか。

f:id:tommy______m:20190215000105p:plain

 

スクワッド登録も可能になった。新戦力は誰が来るか。自分次第だけど。

f:id:tommy______m:20190215000109p:plain

 

フアン・カスティーヨとまだ契約延長してないじゃん!ってニュースにされる。

f:id:tommy______m:20190215000112p:plain

 

そういえば、ジョアオ・ロドリゲスの契約延長が決まった。というか契約延長条項が行使されていた。

f:id:tommy______m:20190215000118p:plain

 

セスクは相変わらず75分までなら出場OKらしい。

まあ前節がローテーションだったため今節はジョルジーニョかな。

f:id:tommy______m:20190215000123p:plain

 

オーナーの評価的には、まだ安泰そう。やはりマンC戦は高評価。

f:id:tommy______m:20190215000244p:plain

 

ちょっとセスクの一件やザッパコスタの一件があり、チームからの支持が落ちたが、それでもまだ雰囲気は良さそう。

f:id:tommy______m:20190215000249p:plain

 

エバートン戦へ。

f:id:tommy______m:20190215000253p:plain

 

スタメンはいつも通りだが、アスピリクエタ不在なので右サイドバックにザッパコスタ。

中盤は、いつも通りのジョルジーニョ・カンテと、バークリー。

最前線はアザールと、モラタにウィリアン。

f:id:tommy______m:20190215000303p:plain

 

前半戦にモラタが2ゴール。相手陣地でのポゼッション、左サイドからの攻撃に苦戦したのだけど…エバートンはPA内でのタッチ数が少なかったようだ。

シュート数は6本-4本、枠内5本-2本、ポゼッションは56%-44%とやや押しているけど…

f:id:tommy______m:20190215000311p:plain

 

そのままイエローカードだけがお互いに増えた。2-0の完封勝利。シュートは15本-6本、枠内10本-3本で、後半は9本-2本、枠内5本-1本とより押していたのだけど得点には繋がらなかった。

ポゼッションは54%-46%となんともいえず。

f:id:tommy______m:20190215000341p:plain

 

ヒートマップを見ると、チェルシーは前のほうで持てているのがいいな。

f:id:tommy______m:20190215000352p:plain

 

スタッツ。中盤はやっぱり今日も巧みにパスを回している。ジョルジーニョが96本 (98%)、バークリーが56 (80%)、カンテが66 (96%)。

アロンソの11.6kmの運動量も光る。アザールのファール誘発3回も良かったが、なによりも、モラタがようやくの2ゴール。

f:id:tommy______m:20190215000401p:plain

 

ちょっとチームの自信過剰が気になるけど…

また、リュディガーが怪我しているように見える、とのことで。不穏。

f:id:tommy______m:20190215000410p:plain

 

スタッツ。

f:id:tommy______m:20190215000419p:plain

f:id:tommy______m:20190215000442p:plain

 

モラタの2ゴールもあって、チェルシーが暫定首位に。

f:id:tommy______m:20190215000450p:plain

 

リュディガーは1〜2日の離脱ですみそう。よかった。

f:id:tommy______m:20190215000457p:plain

 

そんなモラタ、あと1試合出場でリーグ戦50試合出場。レアルに£1Mのお支払いも近い。

f:id:tommy______m:20190215000500p:plain

 

そしてモラタは8.80評価。今シーズンのリーグ戦ではベストかな?

f:id:tommy______m:20190215000503p:plain

 

他の試合では、リバプール-マンUのビッグ6対決以外は、まぁ上位チームが順当に勝っている。マンUはこのカードを落としたことで4位と7点差。CL圏内がだいぶ遠のいたか。

f:id:tommy______m:20190215000542p:plain

 

モラタが最高評価な一方で、バークリーが古巣相手に6.8で最低評価。「パスは正確だった」という評価で、ちょっとこれで最低扱いなのは、かわいそうな気もする。

f:id:tommy______m:20190215000546p:plain

 

チッチがまたブラジル選手の視察。

f:id:tommy______m:20190215000550p:plain

 

第1節: レスター (ホーム) 〇3-0

第2節: エバートン (アウェイ) 〇2-1

第3節: ワトフォード (ホーム) 〇3-1

第4節: クリスタル・パレス (アウェイ) △ 1-1

第5節: バーンリー (ホーム) 〇3-1

第6節: カーディフ (アウェイ) 〇3-0

第7節: ボーンマス (アウェイ) 〇2-1

第8節: ニューカッスル (ホーム) 〇2-0

第9節: サウサンプトン (アウェイ) △1-1

第10節: トッテナム (ホーム) 〇2-1

第11節: リバプール (アウェイ) ●1-2

第12節: アーセナル (ホーム) 〇3-0

第13節: ウルブス (アウェイ) △1-1

第14節: ハダースフィールド (ホーム) 〇1-0

第15節: ブライトン (アウェイ) 〇3-2

第16節: マンチェスター・U (ホーム) △1-1

第17節: ウエスト・ハム (アウェイ) 〇2-0

第18節: レスター (アウェイ) 〇3-0

第19節: マンチェスター・C (アウェイ) 〇2-0

第20節: フラム (ホーム) △0-0

第21節: エバートン (ホーム) ○2-0 ←NEW!!


 リーグ戦5試合連続完封。素晴らしい。

 

2018 - 2019 欧州サッカー選手名鑑 - サッカー新聞 エルゴラッソ特別編集 -

2018 - 2019 欧州サッカー選手名鑑 - サッカー新聞 エルゴラッソ特別編集 -

 
*1" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51HOS%2BNfrBL._SL160_.jpg" alt="Number PLUS 欧州蹴球名鑑2018-2019 *2" />

Number PLUS 欧州蹴球名鑑2018-2019 *3

 

 

 

*1:Sports Graphic Number PLUS スポーツ・グラフィック ナンバープラス

*2:Sports Graphic Number PLUS スポーツ・グラフィック ナンバープラス

*3:Sports Graphic Number PLUS スポーツ・グラフィック ナンバープラス