Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

Football Manager 2019 - チェルシーで長期政権を築きたい Ep. 30 動き出した冬の移籍とプレミアリーグ22節

悲しいがな週末が終わってしまう。

 

そして悲しいがなFootball Managerの世界線で取りこぼしが目立ち始めたチェルシー。

 

前回も、2部リーグのストーク・シティ相手にカップ戦で取りこぼすなど…
そのカップ戦が来週の真ん中に再試合になったせいで練習スケジュールも変更。

f:id:tommy______m:20190216232324p:plain

 

そしてリュディガーの移籍オファーを拒絶されたレアルが、今度はマルコス・アロンソに移籍オファー。£45Mに加えて、最大で£58Mまでなるらしいけど…
まあ不動の左サイドバックだし、これ以上の選手をここから月末までの短期間で連れてこれる自信がないので却下。というかマルコス・アロンソの市場価値£50Mにびっくりしている。

f:id:tommy______m:20190216232332p:plain

 

ボタフォゴFRのマテウス・フェルナンデスも、アンカー候補として調査していたのだが、「売るつもりなんてさらさらない」と却下されてしまった。
チェルシーが主力を売らないように、他チームも主力はなかなか売ってくれないのである。

f:id:tommy______m:20190216232341p:plain

 

来週・再来週の練習スケジュール。今週がテクニカル練習、来週が攻撃練習。

f:id:tommy______m:20190216232348p:plain

 

そしてついにエメルソンがリハビリに復帰。練習へのフル復帰にはもう4週間かかるみたいだが…試合終盤の交代等で出てきてもらうのは、もう少し前にできそうか。
下肢の骨折で、実に4か月の長期離脱になっていた。シーズン終盤、スケジュールがまた過密になる前に間に合ってよかった…

ただし、現状では、スタミナも68%で、コンディションは35%。到底試合に出せる状況ではない。

f:id:tommy______m:20190216232354p:plain

 

提携関係にあるアルダーショットのレポート。あまりちゃんと追っているチームではないらしく、詳細なデータは出てこないみたいだけど…
強みとしては、4-4-2で相手よりも90分あたりで平均1回、より多くチャンスを演出できていること、弱みは両サイドバック、センターバックのレギュラーがそこまでいい選手ではなく、強化が必要なこと。

f:id:tommy______m:20190216232410p:plain

 

ワトフォードのスカウト・レポート。
強みは、キーパーがパンチングするよりもボールを取りに行く傾向がある (ので、こぼれ球による失点リスクが小さい) こと、トロイ・ディーニーの9ゴールはリーグ5位であること。弱みは、ドリブル能力の低さ、ヘディング能力の低さらしい。

f:id:tommy______m:20190216232415p:plain

 

こちらも中盤の補強候補としてルイス・クックのお問い合わせをしたが、ボーンマスは「なにがなんでも売らない」らしい。

f:id:tommy______m:20190216232420p:plain

 

USサッスオーロ・カルチョが、懐かしきパトリック・ファン・アーンホルトを獲得。
移籍金£4Mみたいだけど、そのうち3.5% (£138k) がチェルシーに入ってくるらしい。

f:id:tommy______m:20190216232425p:plain

 

ユベントスのロドリゴ・ベンタンクールも「いくら積まれてもやらない」と言われる始末。中盤の補強候補がどんどん削られていく。

f:id:tommy______m:20190216232429p:plain

 

他リーグの経過もこのタイミングで出てくる。

  • スペインでは17節が終了。アトレティコが2位に勝ち点6差をつけて首位。
  • イングランドは21節まで終わり、マンC・チェルシーが1点差で首位争い中。
  • フランスは19節が終了。モナコが1位、2位PSGは4点差で追いかける。
  • イタリアも19節が終了。ユベントスが、2位インテルを7点差つけて独走気味。
  • ドイツではまだ16節だが、バイエルンが2位レヴァークーゼンに4点差。
  • ポルトガルは、ポルトが1位でベンフィカが2点差の2位。ベルギーではKAAヘントが3点差の首位、トルコはガラタサライ・イスタンブールBBSKが、勝ち点1差の激熱な首位争い。スイスはヤングボーイズが勝ち点3差の首位。

f:id:tommy______m:20190216232442p:plain

 

こちらも提携関係にあるフィテッセのスカウト・レポート。こちらも今一つデータがないみたい。

強みはクリエイティビティらしく、過去4試合の6アシストのうち3つが左サイドから。また、その6アシストのうち2つはスクエアパスからのもの。

一方で、失点に問題があるようで、過去5試合での7許アシストのうち、3つはクロスから、また同じく3つが右サイドからのもの。
今使っている5-1-2-2 (実質3-3-2-2みたいなイメージか?) のフォーメーションも、90分あたりで2回、相手のほうが多くチャンスを作っているようだ。
また、キーパーのエドゥアルドは、今一つらしい。ローンで出してるのに…

f:id:tommy______m:20190216232450p:plain

 

そしてFAカップの4回戦の組み合わせ抽選が行われる。まだ勝ち抜けたわけでもないのだけど。

f:id:tommy______m:20190216232458p:plain

 

チェルシーまたはストーク・シティの勝者が、ハル・シティまたはアストン・ヴィラの勝者と戦うようだ。

f:id:tommy______m:20190216232507p:plain

 

ルイス・クックの補強のうわさが流れ、流出は困るボーンマスサポーターと取ってほしいチェルシーサポーターの間で、文字通り真逆の反応。

f:id:tommy______m:20190216232517p:plain

 

故障者レポート。ここ数週間でまたけが人が増えた気がする。

足首をひねったアスピリクエタは、現在11日離脱中で、復帰まで6-12日の見込み。
エメルソンは、4か月の離脱から、ようやく復帰が近づいてきたが、それでも残り2-4週間はかかりそう。
ファン・ヒンケルも最速で4週間-最大2か月、復帰にかかる模様。ちなむと現時点で7か月離脱中。

f:id:tommy______m:20190216232553p:plain

 

故障リスクは高い。下がることを知らない。
一応リハビリまで戻ってきたので、試合に出れるには出れるエメルソンは、「大変高い故障リスク」というラベル。それ以外にも「高いリスク」という評価の選手が一定数おり、選手層の大切さをひしひしと感じる。

f:id:tommy______m:20190216232601p:plain

 

エバートン戦で2ゴールだったアルバロ・モラタが週間ベストイレブンに。

f:id:tommy______m:20190216232608p:plain

 

いろいろなアドバイスが来る。

  • マルコス・アロンソは休ませたほうがいい
  • ビリー・ギルモアとダイショーン・リーダンの2人はU-18からU-23に昇格させても戦力になりそう
  • カバジェロが出番少なくてロッカー内での影響力落ちた
  • 選手からのサポートは絶大
  • ペドロの能力が若干落ちた (右ウィングとして、「プレミアリーグトップクラス」→「プレミアリーグの上位」)
    ババ・ラーマンの能力が若干上がった (「2部リーグのトップクラス」→「プレミアリーグで使えるレベル」)
    エメルソンの能力が若干落ちた (「プレミアリーグ上位」→「プレミアリーグで使えるレベル」)
  • 若手選手のポテンシャル評価もいくつか変わっている
  • マルコス・アロンソの最近の調子の良さは直接ほめたほうがいい

f:id:tommy______m:20190216232617p:plain

 

そしてマルセロ・ビエルサがバーンリーの監督に。

f:id:tommy______m:20190216232623p:plain

 

ロドリゴ・ベタンクールの移籍はユベントスに拒絶されたが、ダメもとで市場価値通りの価格を出してみた…が、「£68Mは最低限必要、次の移籍時に30%がユベントスに入るようにしないとダメ」と言われて撤退。

f:id:tommy______m:20190216232650p:plain

 

そして監督交代直後のバーンリーがブライトン相手に3-1の勝利。しかしバーンリーも、降格圏を抜け出すまでには6点差。ブライトンからしたら、降格圏内を抜け出すチャンスだったのだが、ここで負けたことにより、18位にステイ。

f:id:tommy______m:20190216232656p:plain

 

U-23の試合は、ドリンクウォーターのみ出場してもらうことに。

f:id:tommy______m:20190216232703p:plain

 

現在ハル・シティにローン移籍中のトッド・ケインが膝の靭帯をひねったようで、6-7週間の離脱。数字的には、平均評価6.90なので、ソツなくレギュラーとしてやってくれているか。

f:id:tommy______m:20190216232715p:plain

 

そして、ルイス・クックについても、ボーンマスから「£120M即時金で、その後分割払いで£24M、かつ次の移籍での30%をボーンマスに入れるように」という無茶ぶりを食らう。これも怒りの撤退。

f:id:tommy______m:20190216232729p:plain

 

そして、レアルのチェルシー狙い撃ちは止まらず、今度はアスピリクエタに£49Mのオファー。許さない。このタイミングでレギュラー一人でも取られてたまるか。

f:id:tommy______m:20190216232750p:plain

 

その間に、「ウィリアンとクリステンセンの契約見直したら?」とのこと。

f:id:tommy______m:20190216232757p:plain

 

そして、ルーカス・ピアゾンは、チェルシーとの契約が切れる今夏でボローニャへの移籍が決定。移籍先でもローテーション要員か…

f:id:tommy______m:20190216232805p:plain

 

U-23はグリムズビーのU-23と親善試合。1-1の同点で終わったが、今日はアンパドゥの堅実な守備が光った…らしい。

f:id:tommy______m:20190216232811p:plain

 

ワトフォード戦が近づく。

ワトフォードの前節レポートは、バーンリーと2-2の同点。ワトフォードがポゼッションは52%-48%、シュート数は11本-7本とやや押し気味だったが…攻撃は、左サイドが少なく、半分近くが中央、1/3近くが右サイド。

f:id:tommy______m:20190216232816p:plain

 

ビジャレアルのブルーノも売りに出ていないと。

f:id:tommy______m:20190216232832p:plain

 

そしていつも通りのケパの「すでにレギュラー級だがまだまだ伸びる」という評価。ポテンシャルの高さはプレミアリーグトップクラスの選手、らしい。

f:id:tommy______m:20190216232845p:plain

 

オッズはワトフォード勝利が9-2、引き分けが13-5、チェルシー勝利が1-2。首位争い的にも、負けられない戦いが続く。

f:id:tommy______m:20190216232852p:plain

 

そしてここまでの移籍市場総ざらい。前回£3Mだったので、そこから今一つ動いていない。

f:id:tommy______m:20190216232903p:plain

 

チェルサポ「アスピリクエタは売るべきじゃないよね、チームを1つにまとめられる選手だし」

チェルサポ「クックは、まあなんとかなるんじゃない?」

ボーンマスサポ「なにがなんでも売るべきじゃない。自動でオファー断るべき!」

きっとレアルサポは「アロンソ、リュディガー、アスピリクエタのだれかしらはとりにいくべき!」と言っているに違いない。

移籍市場はどうやってもせめぎあいになるなあ、と思う瞬間。

f:id:tommy______m:20190216232921p:plain

 

そして史実通りクリスチャン・プリシッチを取りに行こうとしたのだが…こちらも売る気なしとのこと。

f:id:tommy______m:20190216232927p:plain

 

市場価値£24.5Mに対して、£29M (即時金£20M+分割払いで£9M) でしかけてみる。

f:id:tommy______m:20190216232933p:plain

 

これもまたドルトムントサポが猛反発。絶対に売るな!という強い意志を感じる。

f:id:tommy______m:20190216232943p:plain

 

そしてウルバーハンプトンの監督にはあのアンドレ・ヴィラス・ボアスが。

f:id:tommy______m:20190216232950p:plain

 

移籍市場が忙しいが、プレミアリーグの試合も近づいてきた。訓示タイム。

最近だと、アタッキングサードへの突入258回中44回がシュートにつながっているが、相手ペナルティエリア外からの30本のシュートから、1回もゴールが出ていないらしい。

f:id:tommy______m:20190216233008p:plain

 

それはおいておく。訓示ではザッパコスタに「ボールをサイドに広げる」よう、そして、(これはミスなのだけど) メンタリティは攻守のバランスをとって…という指示。

いつもはもっと攻撃的に…という指示を出しているはずなんだけど。

f:id:tommy______m:20190216233014p:plain

 

フラムがホームでトッテナムを1-0と下し、8位まで浮上してきた。
マンチェスター・ユナイテッドとの勝ち点差は4あり、まだ気にするほどではないのだが、ビッグ6に食らいつくチャンスも十分あるのではないだろうか。

トッテナムはこの敗戦で、アーセナルと4点差のまま。しかもアーセナルが2試合消化が少ない状況なので、点差としては、その見かけの4点差以上。CL圏内が厳しくなったか。

f:id:tommy______m:20190216233021p:plain

 

今週の練習ではカンテが9.10評価で絶好調。一方でセスクが5.50評価で相変わらず低調。そういう点もあり、彼がチームを去る日も徐々に近づいている気がする…

f:id:tommy______m:20190216233031p:plain

 

アスピリクエタ、エメルソンの両サイドバックは、まだ出場できなそう。

f:id:tommy______m:20190216233036p:plain

 

そんなわけでワトフォード戦へ。ヴィカレージ・ロードに乗り込む。

f:id:tommy______m:20190216233056p:plain

 

スタメンも変わり映えしない感じ。

f:id:tommy______m:20190216233108p:plain

 

ロベルト・ペレイラが開始13分で練習でレッドカードという事故があり、チェルシーがウィリアンのゴールでしっかりとつけこんだ。
内容的にはポゼッションはほぼイーブン (49%-51%で劣勢だけど)、シュート数は5本-3本だが、枠内で見ると3本-1本でちょっと押し気味か。

ワトフォードの寸評は「相手陣地でのポゼッション確保に苦戦」「中盤でポゼッションロスト多め」とポゼッションは、酷評に近いのだが…自陣で相当もたれていたか。

チェルシーはダビド・ルイスのポゼッションロストが多かった一方でリュディガーがポゼッション奪取チーム最多と奮闘。左サイドでは相手からうまくポゼッションを奪えていたとのこと。

f:id:tommy______m:20190216233129p:plain

 

…しかし後半7分に同点ゴールを決められてまたも勝ち点3を取りこぼす。

f:id:tommy______m:20190216233206p:plain

シュート数は11本-10本、枠内シュートこそ6本-3本だがポゼッションは完全イーブンと、どちらが退場者を出していたのかわからない内容である。

 

ヒートマップ見ると、お互いに自陣から持ち上がれていないなあ。

f:id:tommy______m:20190216233222p:plain

 

途中交代こそしたものの、コバチッチは10.7kmと今日も走り、カンテは12.3kmと走りまくった。パスの精度は相変わらず中盤は総じて高評価なのだが、前線はアザールがパスわずか10本、モラタもファール誘発3回ながらチャンスは0回。ストライカーはやっぱり補強すべきということかなあ。

f:id:tommy______m:20190216233253p:plain

 

リュディガー、ザッパコスタを中心に、最近選手が自信過剰に見える、というのがゾラ様の印象らしい。ちょっと怖い。

…そしてアザールが足の付け根の張りを訴えたようだ。不穏。

f:id:tommy______m:20190216233307p:plain

 

すたっつ。

f:id:tommy______m:20190216233325p:plain

f:id:tommy______m:20190216233340p:plain

 

先制ゴールのウィリアンがMoM。同点に追いつかれたが、これでもここ5試合のアウェイゲームは4勝1分らしい。

f:id:tommy______m:20190216233359p:plain

 

そしてここでジョルジーニョが離脱。注射をして乗り切る、という方法もあるようだが、そこまでリスクを冒すほどのスケジュールじゃない。

f:id:tommy______m:20190216233520p:plain

 

…ので療法士に託し、4-6日での復帰を願う。

f:id:tommy______m:20190216233524p:plain

 

毎度忘れがちだが、モラタがこれでリーグ戦50試合出場達成。これでレアル・マドリードには£1Mのお支払い。

f:id:tommy______m:20190216233529p:plain

 

ウィリアンが8.30評価、先制ゴールは美しかった…という称賛。

f:id:tommy______m:20190216233534p:plain

 

その他の試合では、苦しんでいたマンチェスター・ユナイテッドが、アーセナルを下し、これで5位浮上。しかし、CL圏内までは4点差。

もう片方のマンチェスターのバケモノチームは、1-0で順当にサウサンプトンを下し、これでチェルシーとは勝ち点3の差がついた。

f:id:tommy______m:20190216233546p:plain

 

8.3評価のウィリアンがMoMだが、それ以外はザッパコスタが7.2評価をとった程度。
今日もモラタは6.4評価と低く、前回2ゴールのエバートン戦はなんだったのか…

f:id:tommy______m:20190216233749p:plain

 

前節からしれっとやっている、ここまでの戦いぶりまとめ。

第1節: レスター (ホーム) 〇3-0
第2節: エバートン (アウェイ) 〇2-1
第3節: ワトフォード (ホーム) 〇3-1
第4節: クリスタル・パレス (アウェイ) △ 1-1
第5節: バーンリー (ホーム) 〇3-1
第6節: カーディフ (アウェイ) 〇3-0
第7節: ボーンマス (アウェイ) 〇2-1
第8節: ニューカッスル (ホーム) 〇2-0
第9節: サウサンプトン (アウェイ) △1-1
第10節: トッテナム (ホーム) 〇2-1
第11節: リバプール (アウェイ) ●1-2
第12節: アーセナル (ホーム) 〇3-0
第13節: ウルブス (アウェイ) △1-1
第14節: ハダースフィールド (ホーム) 〇1-0
第15節: ブライトン (アウェイ) 〇3-2
第16節: マンチェスター・U (ホーム) △1-1
第17節: ウエスト・ハム (アウェイ) 〇2-0
第18節: レスター (アウェイ) 〇3-0
第19節: マンチェスター・C (アウェイ) 〇2-0
第20節: フラム (ホーム) △0-0
第21節: エバートン (ホーム) ○2-0
第22節: ワトフォード (アウェイ) △1-1 ←NEW!!

 

アウェイで引き分けた4試合と、ホームでサウサンプトンと引き分けた1試合。
合計10の勝ち点が、今後悪い方向に足を引っ張らないことを、ただただ願います…(切実

 

2018 - 2019 欧州サッカー選手名鑑 - サッカー新聞 エルゴラッソ特別編集 -

2018 - 2019 欧州サッカー選手名鑑 - サッカー新聞 エルゴラッソ特別編集 -

 
*1" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51HOS%2BNfrBL._SL160_.jpg" alt="Number PLUS 欧州蹴球名鑑2018-2019 *2" />

Number PLUS 欧州蹴球名鑑2018-2019 *3

 

 

 

*1:Sports Graphic Number PLUS スポーツ・グラフィック ナンバープラス

*2:Sports Graphic Number PLUS スポーツ・グラフィック ナンバープラス

*3:Sports Graphic Number PLUS スポーツ・グラフィック ナンバープラス