Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

蘇れモラタ 〜チェルシーのレジェンドを目指して〜 第5話~

朝眠い

昼は眠いし

夜眠い

心の一句ができてしまった。

 

そんなことはおいておいて、モラタの選手キャリアは、開幕4戦4ゴールのスタート

 

この活躍ぶりもあり、スペイン代表にも選出

ユーロ・カップ (欧州選手権) の予選で、まずは代表ウィークに2試合戦う。

 

初戦はイタリア戦だが、チェルシーでは結局 (コンテ監督の方針で) 共存できなかったディエゴ・コスタが先発。モラタはベンチ入りもならず。

f:id:tommy______m:20190218001311j:plain

 

しかし2試合目のスロベニア戦は先発に。代表のメンツがえげつないなあ。

f:id:tommy______m:20190218001205j:plain

f:id:tommy______m:20190218001156j:plain

前のイタリア戦は1-0の勝利。他の代表チームが引き分けで終わる間に勝ち点3をもぎとり、見事に首位スタートとなったようだ。

f:id:tommy______m:20190218001209j:plain

モラタも、代表でもやれる、というところを見せて、存在感を示したいところだが…

 

まずはペナルティエリアのギリギリ外でパスを受けると、くるっと切り返し、切れ味鋭いスルーパスで、ダニエル・パレホの先制ゴールをアシスト。

 

前半はそのアシストもあり、7.9評価。まあまあか。

相変わらず、「パスが半端ないな」と「パスの精度悪い」が混在している。

f:id:tommy______m:20190218001325j:plain

f:id:tommy______m:20190218001329j:plain

 

後半には、カジェホンからのスルーパスで、モラタもゴールを決める。

間一髪なんとか押し込めた。危なかったけど…

f:id:tommy______m:20190218001338j:plain

 

そしてそのまま強烈ミドルで2ゴール目。ゴールを決めても表情を緩めるなんてない。狙うのはハットトリック、ただそれだけ。

f:id:tommy______m:20190218001342j:plain

 

最終的にはアシストも1つ付けたし、合計2ゴール2アシスト。ハットトリックは逃したが、文句なしの9.3評価。

f:id:tommy______m:20190218001333j:plain

すでに今シーズンのパスワークは歴代でも類を見ないくらい輝いている…という高評価。そしてシュート精度の高さも高評価。

f:id:tommy______m:20190218001405j:plain

f:id:tommy______m:20190218001411j:plain

てかスペインまで3バックやってる…

f:id:tommy______m:20190218001358j:plain

 

イニエスタが怪我…神戸に行こうがどこに行こうが名選手は代表に呼ばれるスタイル。史実では代表引退していた気がするのだが…

f:id:tommy______m:20190218001416j:plain

 

しかし2ゴール2アシストの大活躍で、モラタもこのドヤ顔である。

f:id:tommy______m:20190218001421j:plain

ちなむと代表デビューと書かれているけど、W杯終了時点で23キャップくらいすでにしているはず。

 

そしてチェルシーに戻る。

次の4試合もなかなかに過酷なミッションを課されている。

  • 4試合平均9.0評価
  • 4試合で3ゴール以上
  • 4試合のシュート成功率34%以上
  • 4試合で1アシスト以上

f:id:tommy______m:20190218001522j:plain

 

そしてプレミアリーグは第5節、カーディフ・シティ戦へ。

f:id:tommy______m:20190218001531j:plain

 

ここまで4戦2勝2敗どうしの対決。もっとも、チェルシーは、要らぬローテーションで2敗するというお笑いをぶちかましているのだが…全く笑えないけど…

f:id:tommy______m:20190218001536j:plain

 

今日もまたいらぬローテーションをぶちかましていく。まあ、1000歩譲って、代表ウィークで選手が疲弊しているから…というテイでいく。それならモラタも休ませてほしいものなのだが…

f:id:tommy______m:20190218001541j:plain

 

「さあ、まもなくチェルシーとカーディフ・シティ戦がキックオフ、今日の注目はこの人、開幕4戦4ゴール、どこまで勢いは続くのでしょうか!」みたいな。

f:id:tommy______m:20190218001610j:plain

 

そんなこんなで第5節。

f:id:tommy______m:20190218001552j:plain

 

このプレミアリーグ演出いいよね。

f:id:tommy______m:20190218001627j:plain

 

試合前の円陣で先が高まる…はず。うん。

f:id:tommy______m:20190218001632j:plain

 

モラタも試合前にこの引き締まった表情。

史実なら「今日こそはゴール決められるかなあ…」という不安にも取れるのだが、この世界線ではプレミアリーグ4戦4ゴール、代表戦でも2ゴールと暴れまわってるだけあって「今日も暴れまわってやんよ」という顔に見える。

f:id:tommy______m:20190218001641j:plain

 

そんなわけで今日も無駄にローテ。

GKはケパではなくカバジェロ、ディフェンスこそベストメンバーだが、中盤はジョルジーニョの位置にファン・ヒンケル、カンテの位置にドリンクウォーター。右ウィングも、ウィリアン、ペドロではなくモーゼス。

f:id:tommy______m:20190218001603j:plain

これだけ愛じn…ローテーションされてたら、この辺の選手たちが出場機会に不満を持つことはないのかなあ。一方で史実で活躍するダビド・ルイスやリュディガーはいまだに出番がないわけだけど。

 

カーディフ・シティのスタメン。中盤が少し引いた4-3-3か。

f:id:tommy______m:20190218001556j:plain

 

しかし開始11分、あっさりと先制。コバチッチはこれで2試合連続ゴール。

f:id:tommy______m:20190218001646j:plain

 

その7分後にはもう1点追加。

f:id:tommy______m:20190218001748j:plain

 

マンチェスター・シティのヴァンサン・コンパニが移籍か?そういえば、最近は言うほど名前も聞かない気がする。

f:id:tommy______m:20190218001744j:plain

 

前半はモラタは得点には絡めず。

ただし、相変わらずキーパスの多さは監督べた褒めで、今日はバックパスでポゼッションをキープしたことも評価されている。まあ多少ボールロストが増えるのはしょうがないと思っている…

f:id:tommy______m:20190218001614j:plain

f:id:tommy______m:20190218001650j:plain

 

そんなこんなで後半戦へ。

開始9分、サイドでもらったモラタがキレのある切り込みを見せて、そこからキレのあるスルーパス。フリーになったドリンクウォーターがそのまま決めて3点目。

史実とは打って変わって存在感が出てきたドリンクウォーター、嬉しい今季初ゴール。

f:id:tommy______m:20190218001753j:plain

 

1点返されてはいるが、ここでドリンクウォーターを下げてカンテを投入。だから最初からそうしろって…

f:id:tommy______m:20190218001759j:plain

 

そしてまもなくファン・ヒンケルを下げてジョルジーニョを投入。

f:id:tommy______m:20190218001850j:plain

 

コバチッチが暴れまわっている1日。

f:id:tommy______m:20190218001840j:plain

 

そして最後はマルコス・アロンソに変えてザッパコスタを投入。

f:id:tommy______m:20190218001845j:plain

 

3度目のお笑い敗戦にならなくてよかった。モラタは5試合連続ゴールとはならなかったものの、9.1評価。

f:id:tommy______m:20190218001804j:plain

 パスはもう今シーズントップクラスだとほめられ続け、アシストもついに5つ目。

f:id:tommy______m:20190218001925j:plain

f:id:tommy______m:20190218001934j:plain

 

しかしMoMはコバチッチに攫われる。

f:id:tommy______m:20190218001930j:plain

 

今日は0ゴール1アシストだったのでこんなもんか。

 

<史実との比較>

チェルシー: 3勝0分2敗 勝ち点9 (史実: 5勝0分0敗 勝ち点15)

モラタ: 5試合4ゴール3アシスト (史実: 4試合1ゴール0アシスト)

チェルシーの10得点のうち7つにモラタが関与
(史実: チェルシーの14得点のうち1つに関与)

 

…まあ、史実は超えられた。

 

そしてヨーロッパリーグへ。第1節はフェイエノールトとの試合。

f:id:tommy______m:20190218001855j:plain

 

酒井宏樹がアーセナルに移籍していた気がするが、酒井高徳はフェイエノールトに移籍していたらしい。そして、チェルシーとの一戦でデビューか。

f:id:tommy______m:20190218001900j:plain

 

スタメン。ローテーションした意味とはなんだったんだろうか。哲学。

f:id:tommy______m:20190218001938j:plain

 

ちゃんとヨーロッパリーグ仕様の演出になっているのが良い。

f:id:tommy______m:20190218001958j:plain

f:id:tommy______m:20190218002003j:plain

プレミアリーグのカーディフ戦からは、ベンダーがザッパコスタに変わっただけ。

ジョルジーニョも、カンテも、ウィリアン (ペドロ) もスタメン落ち。代わり映えしないローテーションとはなんなのか。哲学だ。

f:id:tommy______m:20190218002017j:plain

f:id:tommy______m:20190218001943j:plain

 

そしてフェイエノールトは酒井高徳が予想通りスタメンに。

f:id:tommy______m:20190218002206j:plain

f:id:tommy______m:20190218002211j:plain

 

キックオフ。プレミアリーグとヨーロッパリーグで、同じピッチでもなんとなく雰囲気が違う。

f:id:tommy______m:20190218002216j:plain

 

そして先制したのはフェイエノールト。

中盤を2試合連続で控えメンバーにして、あっさり先制され、もはやギャグでしかない。

 

しかし、アザールがいればどうとでもなる。

アザールの中央へのパスを、モラタが受けて、相手ディフェンダーを引きつけながら、空いたモーゼスにワンタッチで流す。そのままモーゼスが2試合連続ゴールを決めて、まず同点には追いつく。

f:id:tommy______m:20190218002222j:plain

 

そして勝ち越される。

なんならもう1点とられた。

 

前半のモラタはモーゼスに1アシストしたのみ。
「視野の広さ、正確さ、安定感。パスのすべてをとっても完璧だ!」とべた褒めするサッリ監督。

f:id:tommy______m:20190218002012j:plain

f:id:tommy______m:20190218002007j:plain

 

後半12分、ファン・ヒンケルとジョルジーニョを交代。

ここ最近、ゲーム内でのファン・ヒンケルへのヘイトがやばい。プレシーズンも、PKを2発連続で、左にコロコロ気味に蹴って枠を外し (結果的に2度目の失敗はそれが響いて0-1で負けた)、流れの中でも、パスはできないわ、それゆえにドリブルしようとしたらあっさりボールを奪われるわ…明らかにサッリ・ボールの心臓を託せるレベルじゃない。FIFAのAIによる愛人起用と言われても仕方ない。

f:id:tommy______m:20190218002320j:plain

 

その後ドリンクウォーターをカンテに変える、いつも通りの後手後手采配。

 

しかし、この男がいる。

カウンターからこのゴール。

 

f:id:tommy______m:20190218002324j:plain

  

しかし最後はフェイエノールトに駄目押しの4点目を喰らい、完全に切れたところでモラタの交代を要請。
ティモ・ヴェルナーがここでチェルシーデビュー。

f:id:tommy______m:20190218002337j:plain

 

今日も今日とて「パスがいい」と「パスの精度が悪い」が混在するパラレルワールド。 
9.1評価なのか9.0評価なのかはっきりしてほしい。

f:id:tommy______m:20190218002201j:plain

f:id:tommy______m:20190218002333j:plain

f:id:tommy______m:20190218002328j:plain

 

結局ヨーロッパリーグ初戦は、2-4のひどい敗戦。

f:id:tommy______m:20190218002408j:plain

 

最後は相変わらずの支離滅裂3-4-3をやっている。左サイドバックのアロンソを3バックの真ん中に落とし、右サイド専門のはずのザッパコスタを中盤の左に持ってきて、コバチッチが右側のサイドハーフに入っている。何がしたいのか。もう意味がわからない。

f:id:tommy______m:20190218002413j:plain

結局、スペイン代表で活躍しても、プレミアリーグで多少ゴールを決めても…
最大の敵は、何がしたいのかわからないまま黒星だけをよこしてくる、このFIFAの無能AIなのかもしれない。苦笑

 

ちょっと最後のせいで後味がだいぶ悪くなってしまったけど、次回はカップ戦からのスタートでごわす。

 

FIFA 19 - PS4

FIFA 19 - PS4