Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

ハーパーとマチャドどっちもいたらブルージェイズでもプレーオフ出れる説

前回がこんなことを検証していたので、そのスピンオフ企画的に。

www.tommyball.jp

 

やったことは、ぜひ当該エントリーをご覧いただきたいのだが、ナショナルズからフィリーズに移籍したブライス・ハーパーと、ドジャースからパドレスに移籍したマニー・マチャドだけを、MLB 18 The Showで移籍させて、移籍前後を比較してみた。結果はこんな感じ。

  • フィリーズ: 85.4勝→94.6勝
  • パドレス: 64.0勝→71.8勝
  • ハーパー: WAR平均4.8→4.1
  • マチャド: WAR平均5.1→6.9

 

…で、だ。

この間、ブルージェイズも当然10回試行しているのだけど、この間の勝利数は…

78勝, 66勝, 71勝, 65勝, 64勝, 74勝, 72勝, 81勝, 69勝, 70勝

平均71勝。
最終版のロースターでは、シーズン開始時に在籍していた主力選手を多く放出しており、チームは弱体化。
そんなこともあり、シーズン中もプレーオフ争いから早々脱落し、数多くの選手を放出しているので、まあしょうがないフシもあるのだけど…

 

そんなブルージェイズ、最終版のロースターでは、総合22位、ミート24位、パワー13位、投手21位、守備15位、スピード26位

f:id:tommy______m:20190222194802j:plain

 

ハーパーとマチャドを加入させる。トゥロがショートにいるため、マチャドをサードに移動させる。能力ややアップ。

f:id:tommy______m:20190305213221j:plain

 

22位だった総合能力は、18位までアップ
ミート24位→19位、パワー13位→3位、守備15位→5位と、一気にアップ。
「勝ち越して終わってほしい」という今シーズンの目標も、プレーオフ進出に上方修正。

f:id:tommy______m:20190305213228j:plain

 

スタメンを見ると、ハーパー、マチャドの強力な3番・4番コンビ。

f:id:tommy______m:20190305213232j:plain

 

総合能力は18位だが、4月は19勝10敗と好調な出だし

f:id:tommy______m:20190305213240j:plain

 

5月は5割近くで、少し停滞したものの33勝23敗。

f:id:tommy______m:20190305213315j:plain

 

そのまま6月まで進んで52勝30敗。

f:id:tommy______m:20190305213310j:plain

 

ワイルドカード圏内にいるが、地区優勝も狙える位置にいる。

f:id:tommy______m:20190305213319j:plain

f:id:tommy______m:20190305213251j:plain

 

…のにこのタイミングで守護神のケン・ジャイルズを放出。

f:id:tommy______m:20190305213324j:plain

あとは、ジェイス・ピーターソンをトレードで獲得したりもしていた。
…しかしジャスティン・スモークを放出したり。何がしたいのかよくわかんない

 

7月は11勝13敗と負け越して、63勝43敗。

f:id:tommy______m:20190305213346j:plain

 

8月は15勝13敗。78勝56敗。勝ち越しは少なくとも目前だ。

f:id:tommy______m:20190305213340j:plain

 

…しかし、地区優勝争いからは大きく離されてしまった。それでも、ワイルドカードはかなり近づいているか。

f:id:tommy______m:20190305213356j:plain

f:id:tommy______m:20190305213400j:plain

 

…しかし9月は12勝16敗。

 

 

それでも、90勝をあげたので、何とかワイルドカードには滑り込めた。

f:id:tommy______m:20190305213411j:plain

f:id:tommy______m:20190305213423j:plain

f:id:tommy______m:20190305213432j:plain


結果的にはレッドソックスとのワイルドカード・ゲームで敗退したが、ハーパー・マチャドがいたらプレーオフ進出は可能…ということだろう。


…じゃあ、選手放出をしていない開幕ロースターではどうだろう。

最終版ロースター+ハーパー・マチャドでは、総合18位、ミート19位、パワー3位、投手21位、守備5位、スピード28位だったが、開幕時ロースターでは、総合13位、ミート19位、パワー4位、投手17位、守備15位、スピード30位。

f:id:tommy______m:20190222194757j:plain

 

チームトップの能力がジョッシュ・ドナルドソン、ロバート・オスーナがいるのが切ない。

しかし、ハーパー・マチャドを加えると、90近い選手が2人→4人と、倍増。

f:id:tommy______m:20190305213446j:plain

 

総合は13位→7位、ミート19位→14位、パワー4位→1位、守備15位→10位。よく見たら、「契約期間中にワールドシリーズ進出」が目標らしい。

f:id:tommy______m:20190305213451j:plain

 

スタメンは、ハーパー→ドナルドソン→マチャド→スモークという破壊力抜群な打線。ソラーテ入れるくらいならトゥロかモラレスをDHで入れればいいのに…

f:id:tommy______m:20190305213455j:plain

 

…いや86勝かーーーーいwwwwww
4ゲーム差でワイルドカードを逃す形になったので、やっぱり90勝しないとワイルドカードは厳しいのかな。

f:id:tommy______m:20190305213517j:plain

f:id:tommy______m:20190305213523j:plain

f:id:tommy______m:20190305213528j:plain

 

しかし、ドナルドソン、マチャド、ハーパー、マーティンがWARトップ20入り。
ドナルドソンは特に、WAR7.6とMVP級の活躍だった…今年の結果を考えたら、夢のようだ。

f:id:tommy______m:20190305213541j:plainf:id:tommy______m:20190305213557j:plainf:id:tommy______m:20190305213552j:plainf:id:tommy______m:20190305213545j:plain

 

…ということで、最終版ロースター+マチャド・ハーパーでは90勝でワイルドカード進出、開幕版ロースター+マチャド・ハーパーでは86勝でプレーオフを逃すという形になった。

 

結論:スターが多すぎるとかえってダメ

 

 

MLB The Show 18 (輸入版:北米) - PS4

MLB The Show 18 (輸入版:北米) - PS4