Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

関西での3日間のオープン戦を振り返る

昨日、巨人戦とのもう一試合にも行ったのだが、4番・メネセスが4安打、5番・吉田正尚が先制タイムリー。オリックスが大勝していた。(錯覚)

 

さて、関西に巨人がやってくるということで、自分自身も2試合観戦に行き、その印象も含めて記事にまとめていたのだが、3試合が終わったところで、総括編と行きたいと思う。

 

  • 先発ローテーション
    → 小林以外と組んだ菅野はどうなる?
    昨日まとめたところでは、大エース・菅野は、炭谷銀仁朗と組んだ楽天戦は2回2失点 (自責点1)、小林と組んだヤクルト戦では3回無失点だった。金曜日の先発が濃厚だが、小林は侍JAPANで不在の中、誰と組み、どれだけの数字が残るか見ものだ。
    …こう書いた翌日、金曜日に菅野は打たれたのであった…4回6失点という、まさかまさかの、菅野らしくない数字が並んだ。
    これで「スガギン」こと菅野⇔炭谷のバッテリーは、2試合で6回8失点防御率10.5という、不安しか残らない数字になった。特に、2巡目で捕まったあたりが気になる。前回登板もパーフェクトだった、菅野という日本一の投手が、ここまで打たれるのは理由があるはず。炭谷が、まだ菅野の活かし方を見出しきれていないのか?相性以外に、この明確な差を説明する要素が、今のところは見出せない。
    大城-菅野のバッテリーでもある程度結果は出るだろう。炭谷-菅野はもう少し時間がかかると思うが…とはいえ、菅野先発時は小林で行くことこそが、巨人の優勝への最短経路だと思わされた。


    → メルセデス・今村は大丈夫か?
    昨年すい星のごとく現れたCC・メルセデスはヤクルト戦で3回4失点、ローテ候補に名乗りを上げた今村信貴は、ここまで2回2失点→3回2失点と不調。田口も侍に招集されたとはいえ、昨年のことを考えると、ローテ入りは確実とは言えない。菅野・山口がローテーション入り濃厚な中、残りは4枠。メルセデスがダメならヤングマンがローテーション入りするだろうが、この3人の少なくとも誰かが、ローテーション入りに前向きになれるピッチングをしてくれないと、先発ローテーションが厳しい状況になるのではないだろうか。大阪で頭一つ抜け出せるような投球を期待したい。
    メルセデスが土曜日は先発。最初2イニングは被安打1で無失点で切り抜け、その後は再三ピンチを招いたものの、結局5回を被安打7ながらもなんとか無失点
    前回が3回4失点だったことを考えると、より長いイニングで粘りを見せられたのは好材料。今年もそこそこの活躍はしてくれるのではないだろうか。
    一方で、小林と組んで3回無失点、炭谷と組んで3回4失点のあと、大城と組んで5回1失点というのは、炭谷にとってはまたも逆風が吹く結果となったのだが、今日はその炭谷と今村のバッテリー。
    実は、ここでまとめていたのだが、今村のキャッチャー別成績を見ると、炭谷銀仁朗と組んだ時は2試合とも無失点。キャッチャーが小林・阿部に代わったタイミングで2試合とも2失点するという、炭谷からしたら現時点で相性がいいと期待できる数少ない選手だった。
    その今村は、初回こそフォアボールから、そして3回はビヤヌエバのエラーもありピンチを招いたものの、5回を被安打3無失点の好投。キャッチャー別防御率でも、向かい風となっていた炭谷からすると、まずは今村をうまくリードできたことで、一歩前進だろう。
    今村とメルセデス・菅野、どこが異なるのだろうか…というのは断言できないが、まあ現時点では炭谷-今村バッテリーは結果を出せていることは文句ないだろう。
    いずれにせよ、ローテーション候補の2人が、好投をしたことは大きな収穫で、その中でも、キャッチャーの組み合わせが少しずつ見えてきたのも良い兆候だと思う。


    → 野上のローテ入りはあり得るか?
    炭谷と組んだ楽天戦は2回1失点、小林と組んだヤクルト戦は3回1失点。今のところは5回で防御率3.60。昨年はローテーション落ちからの敗戦処理・ロングリリーフという扱いだったが、今年はローテーション返り咲きなるか。そのためにも大事な大阪でのピッチングになるだろう。
    日曜日に、大阪ではなく二軍で投げていたようだが、5回を無失点。この時期に二軍だとローテーション争いでは出遅れている感じもするが、その他ローテーション候補の結果次第では、普通に開幕ローテーション入りも見えているのではないだろうか。
    ちなむと今日は2軍でヤングマンが4回1失点と好投。クックがコケた場合、先発ローテに2枚助っ人選手を入れて、ローテーションから何人かブルペンに配置転換…という策も考えられるのではないか。



  • ブルペン
    → 大江・坂本工・桜井の若手トリオ、開幕一軍入りなるか?
    ここまで3人とも無失点。特に坂本工宜は、2試合ともイニングをまたいで無失点という出来の良さ。大阪でも登板機会があるだろう3人は、どこまでアピールできるのか。
    大江は、土曜日のオリックス戦の7回に登板すると、武田健吾をファールフライに、山足達也を空振り三振に抑えるなど、1回無失点。キャンプの練習試合から無失点記録…どころか一人のランナーも許しておらず、あと1人でひとり完全試合まで来ているらしい。
    坂本工宜は、同じ土曜日の試合に、メルセデスに次ぐ2番手として、6回に登板。その名前がコールされると、レフトスタンドからは「おー」という声が。白崎を内野ゴロ、西野をゲッツーに抑え、1回を被安打1の無失点に抑えた。
    ただでさえ吉田正尚不在のオリックスは昨日と違って控えメンバー中心だったとはいえ、坂本→大江の無失点リレーは、開幕に希望を持たせるものであった。
    桜井は、金曜日・日曜日と2試合に登場。フォアボールこそ出したものの、見事に無失点に抑え、オープン戦3試合で無失点となった。ただ、日曜日は、6番・木浪にスリーベースを打たれ、ついにオープン戦初失点。とはいえ、ここまで4試合で防御率2.25は、開幕一軍も十分に射程圏内だろう。
    この3人、開幕一軍はほぼ当確、坂本・大江は特に勝ちパターン候補にも入っているのではないだろうか。開幕から勝ちパターンに入るかどうかは、原監督の方針次第でもあるが、このままいけば、かつての風神・雷神のような活躍も期待できるのでは…と前向きになりつつある。


    → 吉川光夫・クックで勝ちパターンは出来上がるのか?
    そして、吉川光夫が2試合とも無失点。守護神候補のライアン・クックも、ヤクルト戦で1回を3人7球でぴしゃりとしめた。マシソンが出遅れている今、勝ちパターンに最も近いのはこの2人じゃないだろうか。というか、この2人が厳しいとなると、今年の巨人は一気に厳しくなる。オープン戦で、ファンを安心させる投球をお願いしたい。
    吉川光夫・クックとも、土曜日に2軍戦に登板し、吉川光夫は1回無失点、クックは1回1失点。吉川光夫は、オープン戦でも抑えており、よさそうには見えるが、勝ちパターンについてはまだ何とも言えない状況か。
    上記の通り、桜井・大江・坂本工宜が、彼らを押しのけて勝ちパターンに入っていても何一つ驚かない。
    土曜日に1回をしっかり無失点に抑えた戸根千明、今日は6回・7回をしっかりと無失点に抑えた宮國。そして現在2試合3イニング無失点の中川は、金曜はイニングまたぎをこなしながら2回を無失点に抑え、その日の記事で「唯一の収穫」と書いたのだが、日曜日もソツなく無失点に抑えた。思ったよりもブルペンがよさそうだ



  • 捕手
    → 小林不在。炭谷の巻き返し、大城のアピールは?
    昨日まとめた通り、ここまでの5試合は小林誠司が一番多くマスクをかぶって (21イニング) いる。次いでマスクをかぶっている炭谷は、キャッチャー時防御率や打撃成績など、厳しい数字が並んでいる。小林不在の中、おそらく炭谷・大城がほとんどのマスクをかぶるだろうが、アピールできるのはどちらか。この2人なら、昨年バッテリーを組んでいるうえに打撃力もある大城に分があるようにも思うが、こんなことを書かれているくらいだから、原監督は相当炭谷に期待しているのだろう。当然、さっさと巨人の投手と組むのに慣れてもらって、監督の期待に応えてもらわないと困るのだが…
    少なくとも金曜日の試合は炭谷銀仁朗にとってはこの上ない逆風の試合となった。メルセデスの3回4失点もなかなかに衝撃だったが、毎年沢村賞クラスの数字を残している選手で、先週も別の捕手と組んで3回をパーフェクトに抑えた日本のエース・菅野と組んで4回6失点というのは、使う側にも、ファンにも悪印象だ。
    打撃面では、ようやく初ヒットが出たものの、9回はゲッツーで試合終了。盗塁阻止率は今日3回中1回を刺して4割だが、リードが全く結果につながっておらず、かつ打率が.111。これでは内海哲也もファンも泣く。
    しかし、土曜日は大城がフル出場。炭谷と組んで苦しんだメルセデスが5回1失点としっかり抑え、坂本工・大江もしっかり無失点。相手打線も、主力をだいぶ温存していたとはいえ、守備面についても問題なさそうに見えた。
    「個人的には、小林・大城の併用を中心にした捕手起用でいいのではないか?と思わせるくらい、この2試合の2人には内容の差があったと思う。」と書いたのだが、上記の通り、今日は炭谷が今村を5回無失点、その後宮國を2回無失点へとリードしており、守備面では汚名返上か。
    しかし、大城は土曜日には初回からのタイムリーを含めて猛打賞を達成。一方の炭谷は今日は併殺打と内野ゴロ。2打席目は、バウンドもあってランナーを返す最低限の内野ゴロにはなったが、力のない打球も多く、小林誠司のほうが打撃に期待できるのではないかと思うくらいの内容が続いている。
    打撃面だけをとったら、小林・大城の併用が最もチームの勝率を高めると思うが、原監督の決断やいかに。


    → 大阪でもキャッチャー・阿部は見れるのか?
    21イニングを守った小林の次に、マスクをかぶったのは14イニングの炭谷。大城が6イニングだが、3イニングだけマスクをかぶった阿部慎之助は、キャッチャーで出場中にホームランを打つなど、さすがの存在感を発揮している。満身創痍なのは誰もが承知だが、出てくるだけで球場の雰囲気を変えられる男だ。大黒柱 (であってほしい) 小林がいない3連戦、巨人の切り札としてキャッチャー・阿部は出てくるのだろうか。代打・DHでは今一つリズムをつかめていないのか、4打数ノーヒットなだけに、ここはキャッチャーでいいところを見せてほしい。
    土曜日、そして日曜日の後半は、若手を多く出す方針だったこともあるだろうが、阿部慎之助は結局出場せず。これが体調に関する何かの暗示でないとよいが



  • 内野 (コーナー)
    → ビヤヌエバが倒れるとナカジだけでは不安!どうなるクリスチャン
    中島裕之はここまで出塁率こそ.308だが、11打数2安打の.181。クリスチャン・ビヤヌエバも、15打数3安打で出塁率は.250の長打なし。岡本和真も昨年は143試合出場だったゆえに、故障離脱はそこまで心配していないが、万が一が起きると一気に地獄になってしまう。また、ビヤヌエバが使えないとなると一気に打線も厳しくなってしまうのではないだろうか。一塁・中島ではちょっと物足りない。そろそろ打ちたいところ。
    中島裕…もとい宏之は、金曜日は最後の打席でようやくヒットが出て、4打数1安打。土曜日は終盤に代打で登場し、しっかりタイムリーを放ったが、2打席目はあっさり空振り三振。今日は1打席目凡退も、2打席目はクリーンヒット。それなりに快音が響いていたと思うが…少しずつ状態が上がってきているのはよいことだが、彼がフル出場するようではチームとしては厳しいのは間違いない。
    一方のビヤヌエバは、金曜日は、ボテボテの内野安打も含めて3打数2安打でフォアボール1つ。土曜日は中島同様途中出場で、最初の打席こそフォアボールだったが、2打席目の変化球にあっさり三振した打席を見ると、シーズン入ってからあっさり攻略されそうで不安というのは正直ある。そして今日は3タコで、最後は落ちる球にバットが回り三振。ちょっと本当に不安になってきた
    オープン戦での打率は.227、出塁率は.320とそこそこながら、長打も全く出ておらず、これでは外国人枠を食う中島である。



  • 内野 (センターライン)
    → 田中俊太!山本泰寛!がんばれ!
    吉川尚が15打数4安打と、ほとんどセカンドに固定されている中、田中俊太は6打数1安打。フォアボール1個選んでいる分、出塁率は俊太のほうが.286で上回っているのだが…山本泰寛は3打数ノーヒットでフォアボールのみの出塁率2割。尚輝不在となるこの3日間でどこまでアピールし、セカンド争いを盛り立てられるか。
    田中俊太は、金曜日は2打数ノーヒットながら2つのフォアボール。4打席で21球を投げさせるなど、丸とは異なる、「日本らしい」スタイルで、2番打者としての役割は果たせたと感じる。
    そして土曜日は文句なしで俊太の日だった。最初の打席こそ凡退したものの6球を投げさせ、リードオフマンとしては十分な働き。そして2打席目は初球を叩き、快足を飛ばしてスリーベース。そしてそこから押し出しを含む2つのフォアボール
    今日の甲子園では、京セラでの粘りが今一つ見られなかった印象だが、それでもしっかりヒットを1本放ち、ここまでオープン戦では打率.214、出塁率は.421と、リードオフマンとしては文句なし。守備でもいい動きを見せるなど、吉川尚輝不在の間のアピールは大成功だった。
    山本泰寛は、土曜日にに5打数2安打。特に2打席目・3打席目は10球、5打席目は12球投げさせるなど、5打席で37球 (平均7.4球/打席) 投げさせた粘りは評価に値するし、山崎福・比嘉からヒットを打っているのは大きいはず。
    今日は坂本に代わり、途中から2番・ショートで出場。最初の打席は初球を打ってライトフライだったが、2打席目は、らしさを見せて9球粘って10球目でフォアボール。守備ではエラーこそあったが、打席での粘りは、スタメンで使いたくなるものを見せてくれたといえるだろう。
    土曜日にも書いた内容だが、個人的には、吉川大幾の活躍が光った印象。フォアボールは置いておいても、タイムリーとスリーベースで2打数2安打。背番号の通り、寺内崇幸のようなスーパーサブ的活躍を期待されているはずだが、「それ以上」の何かを期待させる内容だった。



  • 外野 (両翼)
    → 陽岱鋼復帰か?
    広島には帯同しなかった陽だが、大阪には合流。おそらく、下位打線・ライトでのスタメンが濃厚だろう。個人的には、ライトは若手選手を使い、センター・ライトの控えとして構えていてくれたほうがいいかな?と思ったりもする。打線だけなら、若手を使いながら戦えるチームだと思うので。松原重信石川の誰かに開幕スタメンを掴み取ってほしい!…と、思ったりもするのだが、FA戦士の意地を見せられるか。同じFA戦士の丸にセンターを譲ったままでは終われない。
    8打数5安打と絶好調だったところからの、復帰戦となった金曜日が4打数ノーヒット。追う展開での併殺もあったり、9回は初球で凡退もあったりで、数字以上の印象の悪さ。
    そして土曜日は途中出場で2打席立ち、まさかまさかの2つの併殺打。特に、2打席目は、ランナー1・3塁のところで内野ゴロゲッツー。0アウトだったから得点こそ入ったものの、スタンドは何しに来たの…という雰囲気だった。2日で6打席、3つの併殺打。.625の打率も.357まで落ちていたのだが…
    今日は2打数2安打。特に最初の打席は、西勇輝の変化球をうまく拾い、センター前に落とし、チーム初安打となった。この「打つ日は固め打ちするけど打てない日はとことん使えない」ダイカンガチャが今年はどう出るだろうか…


    → ゲレーロ復活なるか
    ここまでは13打数ながら3割を打ち、長打はツーベース1本にとどまっているものの、練習試合では3ランを放つなど、昨年までの「ソローロ」とは少しずつ違う姿を見せているように見える。彼がいるのといないのでは、打線の厚み、選手層の厚みが大きく変わってくる。昨年息切れした5月以降が勝負になるが、岡本不在となるこの3連戦では、4番としての出番もあるのではないだろうか。そろそろホームランにも期待だ。
    金曜日はフォアボールが一個あったものの、3打数ノーヒット。初回には、坂本の先頭打者ホームラン、丸のヒットのあとの「さあ畳みかけるぞ!」という空気を台無しにするゲッツーもあり、今日は「彼の日」ではなかった。
    土曜日は今日は3番・DHでスタメンだった亀井を2打席で下げ、3打席目からゲレーロが代打で出場。そのまま、3番・DHに入ったが…三振→内野ゴロ→内野ゴロエラー→ポップフライ。3打席目の打球こそ強烈で、シフト次第ではヒットになっていたかもしれないが、それ以外は中身が伴っていたとは言えない打席だったと思う。去年から背番号以外で何が変わったの?と揶揄されてもおかしくない内容だった。
    …そのまま大阪で無安打で終わるのかと思いきや、今日は9回に代打で出場し、そのまま変化球をたたいてホームラン。ただし安定のソローロ。去年も比較的甲子園で打っていた印象があるため、本当に何が変わったの?という気持ちだが、まあ一本出ただけでも良しとしよう。
    ただ、この2試合、石川慎吾が猛アピール。土曜日に6番レフトで先発すると、最初の打席こそデッドボールだったが、そこからツーベースを含めマルチ安打。今日は8番DHで先発し、先制タイムリー。結果的には2試合で7打数3安打の.429。それ以上に、いい場面での一打が光った印象。一気に外野争いが混沌とし始めた印象だ。
    亀井は、昨日こそ先制のきっかけとなるツーベースを打ったが、それ以外にヒットはなく、3試合で7打数1安打。
    松原は昨日もあまり印象はよくなく、初回、俊太が6球投げさせた後に初球をあっさり凡退するなど、内野ゴロが4つ。最後の打席は、2アウトでスタートを切っていた俊太が二三塁間で挟まれており、当たり的には内野安打になっていたかもしれないが…打撃も (俊太の後だからかもしれないが) 淡泊に見えた。
    そして今日も内野ゴロが2つ。ここまでオープン戦ヒットがいまだになく、何より2試合とも外野に打球が飛ばなかったのはさすがに気になる。
    立岡は昨日、最初の打席でデッドボールから盗塁を決め、エラーに漬け込み三塁に進み、そのまま吉川大のタイムリーで生還。2打席目のフォアボールを含めて印象はよかったのだが、3打席立ったところで交代。数字上は1打数ノーヒットとなった。今日はヒットが飛び出し、うれしいオープン戦初安打となったが、ここまで8打数1安打の.125では少し厳しいか。



  • 打線
    → 1番坂本・3番丸を試す…?

    ずっと前から主張していた2番・丸がオープン戦では試されており、個人的にはホクホク顔なのだが、オーソドックスな1番・坂本、3番・丸も試すという。さて、どちらのほうが得点力は上がるのだろうか。吉川尚輝が1番で打てるのであれば、2番・丸を続けてほしいと思うのだが…  

    1番坂本・3番丸を試した金曜日。
    1番坂本は先頭打者ホームラン含めてマルチ安打。オープン戦ここまで打てていなかったものの、4打席で24球を投げさせるという理想的なリードオフマンとしての活躍に。3番・丸も、チャンスでの凡退こそあったがさすがのマルチ安打。抜群の選球眼を生かし、彼も4打席で20球投げさせた。2番・俊太を含めて、3人に回るたびに合わせて16球投げさせていた…という粘り強さはかなり評価すべき数字だと思う。
    …も、よかったのはそこまでで、4番以降はビヤヌエバを除けばだいぶ淡泊だった印象がある。特に、7番・陽は4打席でわずか8球。これでヒットを打っていればまだいいものの、4タコで8球しか投げさせないのは、さすがに下位打線とはいえ困る。勝負強さとつながりを欠いた打線で、正直坂本・丸をどこに置こうがそこまで関係ない、それ以前の問題だなあと思ってしまった。
    そして土曜日は主力を下げていたため、下位打線候補の選手が多く出場する結果となったが、印象としては、5番ビヤヌエバ、6番ゲレーロが不安7番陽ではなく石川慎吾を期待したい、と、そんな印象。
    今日は1番田中俊太、2番坂本、3番丸、4番ビヤヌエバ…というオーダーを組んだが、今一つ成功したとは言えないだろう。少なくとも、映像を見れば見るほど、ビヤヌエバを上位打線に置くのが不安になってくる。
    打線は今後、もう少し数字を見ながら考察したいが、岡本の後というのは1年間苦しむ可能性がある気がしてならない。

 

 

巨 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1

オ 0 0 3 3 1 0 0 0 X 7

勝: 小林 (1勝0敗0S)

負: 菅野 (0勝2敗0S)

本塁打: 坂本勇1号 (巨人)、西浦1号・T-岡田1号 (オリックス)

 

2 2 1 0 1 0 2 2 0 10

オ 0 0 1 0 0 0 2 0 0 3

勝: メルセデス (1勝1敗0S)

負: ディクソン (0勝1敗0S)

 

0 0 0 0 2 0 0 0 1 3

神 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1

勝: 今村 (1勝0敗0S)

負: 馬場 (0勝1敗0S)

S: 桜井 (0勝0敗1S)

本塁打: ゲレーロ1号 (巨人) 

 

明日はFIPとかその辺も計算してみようかなと思ってたり。