Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

イチロー引退

 

ついにこの時が来た。

王さんも、長嶋さんも、どんなアスリートも最後の一瞬がやってくるのは変わらないけど。

 

平成生まれの野球好きにとっては、いや、昭和末期生まれの人たちにとっても、「好きなチームの枠を超えて」、全国民が一体となって応援できる、文字通りのスーパースターは、彼か、松井秀喜が、最初だったのかもしれない。

 

成し遂げた偉業、数々のハイライト…

数えきればキリがない。

 

海を渡り、異国の地で安打を積み重ねるその姿は、日本人の希望であり、アメリカの地でも、「日本人野手は成功しないのでは」という疑念を払拭するものであった。

 

そのイチローも、歳には勝てなかった。

全盛期なら反応で打てていたはずの球に反応できず見逃し。

当たりも力がないものが、少し増えた気がする。

「レーザービーム」も、ストライク送球ではあるが、以前のようなまっすぐピューン、という球ではなくなってしまった。

 

それでも、イチローはヒーローだった。

打席に立てば、観客が総立ちで「イチロー」コール。ボール球や牽制には、球場全体がブーイング。誰もがイチローのヒットを見たがっていた。

守備でライトにつくだけでも歓声が上がる。

 

アメリカ人も多かった東京ドームで、ここまで球場全体をひとつにした男は、少なくともこのシリーズではいなかった。

イチローは、その実力で、国籍に関係なく、全ての野球ファンを虜にしたのだなあ、と思わされた、東京ドームでの試合だった。

 

一旦守備につき、監督がそこから交代を告げ、イチローが下がる。

この間が、選手がファンからスタンディングオベーションを受け、チームメイトやコーチ、監督と抱擁して下がる、「最後の花道」になる。そのシーンは、昨日、今日と、2回見られた。

 

昨日の4回の裏にうっすらと勘付いた人もいるだろう。

(特にESPNやメジャーリーグ公式は「そんな雰囲気」だった)

そして、少なくとも今日の交代は、試合中に「イチローが第一線を退く」という速報や、「試合後の会見」というキーワードで、「それ」をより深く確信させる、そんな雰囲気だった。

 

あれだけ右に左にヒットを量産し、強肩俊足で光り続けていたイチローの、最後の姿は、全盛期を知っている人からすると、寂しいものがあった。

それでも、イチローは僕らのヒーローなんだと思う。

 

そして、そのヒーローにも「最後」がやってきたことは、悲しいことではあるけれども、その瞬間が、日本であったこと、そして、僭越ながら自分もその中にいれたこと、きっと一生の思い出になるのだろう。

 

セイバーメトリクス、データ野球全盛の今、積み上げたヒットの数は、もしかしたら価値が下がる数字なのかもしれない。

それでも、イチローなら、きっとフライボール全盛、データ全盛の今の野球にも適応し、レジェンドになってくれるだろう。

間違い無く、そう思わせるだけの選手だった。

 

ありがとう、イチロー。