Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

[観戦メモ]3/23, 24 巨人vs.ロッテ@東京ドーム

そんなわけで帰省もそろそろ終わりなのですがこのタイミングで今年3・4試合目のオープン戦へ。

(日ハムアスレチックス戦はオープン戦にはカウントしないスタイル)

 

ジャイアンツのファンクラブ特典の内野自由席チケットをアップグレードしてプレミアムラウンジ行きたかったのだけど、開場30分前には両日とも売り切れてるという地獄。

まあ結果的に無難にライトと内野で見たので、席の感想は置いておいて、試合の感想を、Twitterの自分のツイートを時系列で遡りつつ、つらつら書き述べていきまする。

 

3/23 巨人 5 - 8 ロッテ

…結果的にボルシンガーは4回途中無失点で降板。後続の高野が被弾したため1失点こそついたが、ほぼベストメンバーの打線で、ボルシンガーや千賀を打てなかったという事実はちょっと重たい。

 

あと、これはロッテ側の感想だが、レアードとバルガス加入・加藤翔平の好調・藤原恭大加入などで、ロッテの打線がかなり厚みを増しているように思う。

出塁率の高い平沢大河も、ショートは藤岡が復帰し、加藤翔平の好調もあり、ベンチスタート。

特に、ショート→セカンド→サードと2年連続コンバートも乗り越えチームを支え続けた人気者・鈴木大地のベンチスタートは、ファンにとってはショッキングでもあるが、マリーンズがチームとして強くなった裏返しとも言えるはず。

代打で出てきた清田は2ランホームラン。代走に荻野貴司もいる。岡大海もセンターを守れる。

 

菅野が3回1失点の後、登場したのは上原。しかし、あっさり先頭の中村奨吾にツーベース、井上にタイムリー。2軍では好調そうに見えたのだが…今年もSandstormを、祈るような気持ちで手拍子するのは嫌だ。早めの立て直しが期待される。

 

この日の丸はノーヒット。特に、得点圏で3打数0安打 (だったはず)。昨年も打率3割台に対して得点圏が.280台と沈んでいた。個人的にはやっぱり2番丸のほうがいいと思うんだけど、このまま2番坂本3番丸でいくのだろう。

 

そして上原の交代とともに、途中から出てきた炭谷は2打席立ち、それなりに当たりの良い外野フライ。関西では力のない内野ゴロが多かった印象だけに、まあ同じ凡退でも、期待の持てる内容だった。

 

しかしこの日1番のショックは吉川光夫の大崩れだろう。

ここまでオープン戦無失点、被安打なしと絶好調だった吉川光夫が、1イニングで被安打5本、被本塁打2本と別人のような内容。

過去エントリーでも「勝ちパターンはほぼ確定では?」と期待していただけに、そのイメージが大きく崩れる結果となった。

 

中島がその吉川光夫被弾後に送球エラー。あくまでこの人は代打だろう。

 

ヒット→デッドボール→ヒットであっさりノーアウト満塁とされ、犠牲フライで1点追加。そこから2連続三振を奪ったものの、ソフトバンク戦に続く荒れ方には不安を覚える。

 

最終回はエラー→デッドボール→ヒットで巨人もノーアウト満塁のチャンスを作るも、丸が浅い外野フライで凡退、岡本は内野ゴロで併殺、そのまま試合終了となった。

まあ、2つ目のツイートの通りだ。丸→坂本なら…とどうしても思ってしまう。

 

 

3/24 巨人 6 - 4 ロッテ

2日目は、若干暴走に見えたが、吉川尚輝が快速飛ばして三塁打。タイミングは際どかったがまあ積極的な走塁はいいことだ。

で、その後、丸のピッチャーゴロで、タイミングを伺いながら、吉川尚輝がファーストに投げた瞬間にホームへ突入。そのまま得点となった。

好走塁で1点をもぎ取るのは、1〜2年前の各駅停車打線からは想像もつかない。

 

間違いなくこの週末のMVP。陽岱鋼が2日間で3本目のホームラン。どうした。ゲレーロが乗り移ったか。

石川慎吾がアピールを続けてきた中でちょっと気の毒ではあるが、オープン戦5HR、関西での併殺マシーンから最後に立て直してきた陽岱鋼が開幕スタメンでほぼ間違い無いだろう。懸念は、あっさりとガス欠して併殺マシーンに戻ることくらいか…

 

 

そういえば打率=出塁率という。

田中俊太の出塁率を見た後だと寂しいものがあるのだけど、まあ今日の活躍的には、打ってくれればまあそれはそれでよし、という印象。

 

 

ここまで好調だった坂本工宜まで失点。最後の最後でブルペンが雲行き怪しいのは怖い。怖すぎる。

 

乱打戦になりかけたけど、終盤は (途中でキャッチャーも変わったが) 立て直したし、何より、結果的には勝てばいいのでこれはこれでいいのかなと思った。大城の打撃力は、西武のキャッチャー・森のように、大きな価値を作れると思う。

 

ここまで投手陣がドームで乱れると、ドームに何かあったのかな、と思わざるを得なかっただけ。

 

俊太のヒットから、ビヤヌエバも初HR。サード争いがハイレベルになってきた。

 

そして坂本も荒れていた中で、宮國が2回無失点。奮闘した。

 

しかし中村はこの2日間、よく打った。

 

坂本のセンターへの当たりを好捕するファインプレー。

 

丸にも初HR。

 

吉川尚輝のファインプレーも飛び出した。好守に巧打、結果で見せつけた1日だった。

 

…クックだった。

 

 

まあ細かいことはまた明日以降。

 

今週はもう少し巨人のオープン戦を考察してみようかな。あとは他球団の状況も少し整理してみたい。