Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

プロ野球ド派手に順位予想 〜セ・リーグ編〜

今日はセ・リーグ編。

 

1. 巨人

IN

  • ライアン・クック (SEA)
  • 岩隈久志 (SEA)
  • 丸佳浩 (広島)
  • 炭谷銀仁朗 (西武)
  • 中島宏之 (オリックス)
  • クリスチャン・ビヤヌエバ (SD)
  • 山下亜文 (ソフトバンク育成)
  • イスラエル・モタ (WSH傘下)
  • レイミン・ラモス (TB傘下)
  • ドラフト1位: 高橋 優貴 (八戸学院大)
  • ドラフト2位: 増田 陸 (明秀学園日立)
  • ドラフト3位: 直江 大輔 (松商学園)
  • ドラフト4位: 横川 凱 (大阪桐蔭)
  • ドラフト5位:  松井 義弥 (折尾愛真)
  • ドラフト6位: 戸郷 翔征 (聖心ウルスラ学園)

 

OUT

  • 長野久義 (広島移籍)
  • 内海哲也 (西武移籍)
  • 橋本到 (楽天移籍)
  • 杉内俊哉 (引退)
  • 山口鉄也 (引退)
  • 西村健太朗 (引退)
  • 脇谷亮太 (引退)
  • アルキメデス・カミネロ (退団)
  • 篠原慎平 (戦力外)
  • 廖任磊 (戦力外)
  • 河野元貴 (戦力外)
  • ケーシー・マギー (退団)
  • 寺内崇幸 (引退)
  • 中井大介 (戦力外)
  • 辻東倫 (戦力外)

 

先発投手: 8/10

中継ぎ投手: 7/10

上位打線: 9/10

下位打線: 8/10

守備力: 8/10

選手層: 9/10

 

昨年ドングリの背比べになりかけていた外野に、丸佳浩がやってきた。丸・坂本・岡本の並びは、リーグでも屈指ではないだろうか。青木→山田→バレンタインにも負けない破壊力だと思う。

昨年苦しんだ右の代打に、中島宏之もやってきた。石川慎吾など若手の突き上げもある。

長野久義が人的補償で流出し、炭谷で内海を持っていかれたのは一生の誤算だと思うが、それでも、クックやビヤヌエバなど、メジャーの実績もある選手の補強で、かなり有意義なオフシーズンだったといえるだろう。

何より、百戦錬磨の名将・原辰徳が帰ってきた。モチベーターでもある原監督の効果もあったか、昨年苦しんだ、元本塁打王・ゲレーロも今年はやる気だ。そういう意味でも、原監督の復帰が最大の補強かもしれない。

日本のエース・菅野智之を中心に、ローテーションもハイレベルな争いが続く。リリーフこそ不安要素ではあるが、大江竜聖など期待の若手もいる。

で、問題は、それで広島に勝てるのか、だ。正直わからないが、戦力差は間違いなく縮まった。名称の力でなんとかなる、という願望もあるが、常勝軍団復活への期待もこめて、1位と予想しよう。

 

 

2. 広島

IN

  • 長野久義 (巨人)
  • 菊池保則 (楽天)
  • カイル・レグナルト (NYM傘下)
  • ケーシー・ローレンス (SEA)
  • ドラフト1位: 小園 海斗 (報徳学園)
  • ドラフト2位: 島内 颯太郎 (九州共立大)
  • ドラフト3位: 林 晃汰 (智弁和歌山)
  • ドラフト4位: 中神 拓都 (市岐阜商)
  • ドラフト5位: 田中 法彦 (菰野)
  • ドラフト6位: 正随 優弥 (亜大)
  • ドラフト7位: 羽月 隆太郎 (神村学園)

 

OUT

  • 丸佳浩 (巨人)
  • 福井優也 (楽天)
  • 新井貴浩 (引退)
  • 天谷宗一郎 (引退)
  • ジェイ・ジャクソン (MIL傘下)
  • レオネル・カンポス (退団)
  • ブラッド・エルドレッド (退団)

 

先発投手: 8/10

中継ぎ投手: 8/10

上位打線: 8/10

下位打線: 8/10

守備力: 9/10

選手層: 9/10

 

3番・センター。MVP。丸佳浩が抜けた穴がどう埋まるかどうかだけがポイントだと思う。センターは当初の噂通り野間、3番にはレフトで西川龍馬が入るのが濃厚らしい。どうせ、いい選手は出てくるチームだ。

上位打線は、田中→菊池というのは変わらないはずだが、昨年は2人とも苦しんだのもまた事実。昨年のような状態が今年も続けば、巨人に抜かれるリスクは十分にあるだろう。

先発投手は、毎年エースが変わっているのは気がかりだが、中継ぎにせよ打線にせよ、毎年安定しており、そこまで心配することでもないだろう。前述の通り、1位、2位は正直願望も入れている。

唯一付け入る隙があるとすれば、新井さん・エルドレッドという、長年チームを支えた選手がチームを去ったことが、多少影響するかもしれない程度か。少なくとも優勝争いは接戦になるはずだ。

 

 

3. 横浜DeNA

IN

  • 中井大介 (巨人)
  • 古村徹 (BC富山)
  • ドラフト1位: 上茶谷 大河 (東洋大)
  • ドラフト2位: 伊藤 裕季也 (立正大)
  • ドラフト3位: 大貫 晋一 (新日鉄住金鹿島)
  • ドラフト4位: 勝又 温史 (日大鶴ケ丘)
  • ドラフト5位: 益子 京右 (青藍泰斗)
  • ドラフト6位: 知野 直人 (BC新潟)

 

OUT

  • G後藤武敏 (引退)
  • 加賀繁 (引退)
  • 須田幸太 (戦力外)
  • ジョー・ウィーランド (自由契約)
  • 田中浩康 (引退)
  • 荒波翔 (戦力外)


 

先発投手: 7/10

中継ぎ投手: 7/10

上位打線: 9/10

下位打線: 5/10

守備力: 8/10

選手層: 8/10

 

昨年4位ながら、目立った補強は中井大介くらい。とはいえ、昨年は今永の不振や濱口の離脱など、自慢の左腕王国が威力を発揮できなかったのもまた事実。

ブルペンも、パットンや山崎康晃が控えており、他にも年間60〜70登板はこなせる選手が多く控える。

ソト→宮崎→筒香→ロペスと続く2〜5番は破壊力抜群だ。外野争いもレベルが高く、数年前主力だった梶谷隆幸が、スタメンの座が怪しいレベル。

とはいえ、捕手とショートの打撃力はさみしいものがあったりする。

正直、読みづらいところではあるのだが…

 

 

4. 東京ヤクルト

IN

  • 五十嵐亮太 (ソフトバンク)
  • アルバート・スアレス (ARI傘下)
  • スコット・マクガフ (COL傘下)
  • 高梨裕稔 (日本ハム)
  • 太田賢吾 (日本ハム)
  • 寺原隼人 (ソフトバンク)
  • ドラフト1位: 清水 昇 (国学院大)
  • ドラフト2位: 中山 翔太 (法大)
  • ドラフト3位: 市川 悠太 (明徳義塾)
  • ドラフト4位: 浜田 太貴 (明豊)
  • ドラフト5位: 坂本 光士郎 (新日鉄住金広畑)
  • ドラフト6位: 鈴木 裕太 (日本文理)
  • ドラフト7位: 久保 拓真 (九州共立大)
  • ドラフト8位: 吉田 大成 (明治安田生命)

 

OUT

  • 秋吉亮 (日本ハム移籍)
  • 谷内亮太 (日本ハム移籍)
  • 松岡健一 (引退)
  • 山本哲哉 (引退)
  • 由規 (楽天移籍)
  • ジェイソン・ウルキデス (自由契約)
  • マット・カラシティー (自由契約)
  • 成瀬善久 (オリックス)
  • 久古健太郎 (引退)
  • 古野正人 (引退)
  • 大松尚逸 (戦力外)
  • 武内晋一 (引退)
  • 鵜久森淳志 (引退)
  • 比屋根渉 (戦力外)

 

先発投手: 7/10

中継ぎ投手: 8/10

上位打線: 10/10

下位打線: 7/10

守備力: 8/10

選手層: 8/10

 

打線の破壊力でいえば、リーグトップクラスだろう。坂口智隆、青木宣親は、ともに3割10本近く期待できる選手だし、その後ろにはトリプルスリーと最強スラッガーが控える。下手したら山賊打線よりも、1〜4番の並びは強いかもしれない。

その後は雄平が5番・ライトの可能性が高いが、1シーズン通して出られるか。また、6番に入るであろう村上がどこまでやれるか (数字が落ちてくると川端慎吾の出番かもしれないが)。この辺がポイントになりそうか。

投手陣では、マイナーから助っ人を補強し、寺原隼人とともに、かつて豪腕で鳴らした五十嵐亮太も帰ってきた。

しかし、先発投手は昨年唯一ブキャナンが10勝で二桁。そのブキャナンも11敗で負け越した。エース・小川がフルシーズン戦えるのは大きいが、3番手以降、誰が入るのか。濃厚なのは原樹理だろうが、昨年も中継ぎだった時期があるる中で、年間通して安定したピッチングができるか。

中継ぎは、昨年近藤一樹や、石山本願寺こと石山泰稚がブレイクしたが、それを繰り返せるか。特に、年をある程度重ねてからブレイクした近藤は、反動が来るリスクもあるように思う。近藤が数字を落とし、風張、中尾が数字を伸ばさないとなると厳しい。

パ・リーグのチームでよく見た、打線は飛び抜けているが投手陣が未確定要素多目なチーム、のような気がする。昨年の揺り戻しが来ないか心配だ。

 

 

5. 阪神

IN

  • ジェフリー・マルテ (LAA)
  • オネルキ・ガルシア (中日)
  • 西勇輝 (オリックス)
  • ピアース・ジョンソン (SF)
  • ドラフト1位: 近本 光司 (大阪ガス)
  • ドラフト2位: 小幡 竜平 (延岡学園)
  • ドラフト3位: 木浪 聖也 (ホンダ)
  • ドラフト4位: 斎藤 友貴哉 (ホンダ)
  • ドラフト5位: 川原 陸 (創成館)
  • ドラフト6位: 湯浅 京己 (BC富山)

 

OUT

  • 竹安大知 (オリックス移籍)
  • 西岡剛 (戦力外)
  • 今成亮太 (引退)
  • マルコス・マテオ (自由契約)
  • ディエゴ・モレノ (自由契約)
  • ウィリン・ロサリオ (自由契約)

 

先発投手: 7/10

中継ぎ投手: 8/10

上位打線: 7/10

下位打線: 6/10

守備力: 8/10

選手層: 7/10

 

昨年はまさかの最下位。恵まれた投手陣と絶望的な打線、という中で最下位に落ちた印象がある。

先発ローテーションは、2桁勝利こそメッセンジャーただ1人だが、岩貞祐太や秋山拓巳など、実力者はいた。そこに、オリックスのエース・西勇輝と、中日のエース・ガルシアが加わるわけだ。ガルシアは、2年目の今年、研究される可能性もあるが、西に関しては、ある程度今年も計算できるだろう。枚数は揃った。あとは藤浪が復活すれば文句はないのだが、6中継ぎが強力なだけに、まあ多少はなんとかなるだろう。

昨年62試合で防御率2.68の桑原、55試合で防御率2.85 32セーブのマテo…ドリス、45試合で防御率2.56、ブルペン転向で復活したノウミサン、そして53試合で防御率2.31だった藤川球児。ここ数年安定して結果を出している選手も多く、今年も阪神はブルペンのチームになるような気がしている。

問題は打線、特に長打力なはずなのだが、補強はマルテのみ。昨年途中加入のナバーロも保険としているはずだが、去年のロサリオ次第の状況と何も変わっていないような気がする。強いて言えば大山悠輔がブレイクのきっかけは掴んだ印象ではあるが…どちらかというと、昨年までのロッテのような戦いぶりになるのだろうか。

とはいえ、上位争いに殴りこむには、打線の破壊力が気になったのでこの順位。大山の覚醒、マルテがバースの再来になる…等が重なれば、一気にCS本拠地開催くらいまで上がっても驚かない。

 

 

6. 中日

IN

  • エンリー・ロメロ (KC)
  • ドラフト1位: 根尾 昂 (大阪桐蔭)
  • ドラフト2位: 梅津 晃大 (東洋大)
  • ドラフト3位: 勝野 昌慶 (三菱重工名古屋)
  • ドラフト4位: 石橋 康太 (関東第一)
  • ドラフト5位: 垣越 建伸 (山梨学院)
  • ドラフト6位: 滝野 要 (大商大)

 

OUT

  • 岩瀬仁紀 (引退)
  • 荒木雅博 (引退)
  • 浅尾拓也 (引退)
  • 野本圭 (引退)
  • 工藤隆人 (引退)
  • ディロン・ジー (引退)
  • オネルキ・ガルシア (阪神移籍)
  • 若松駿太 (戦力外)
  • 谷哲也 (戦力外)

 

先発投手: 6/10

中継ぎ投手: 6/10

上位打線: 8/10

下位打線: 6/10

守備力: 8/10

選手層: 7/10

 

岩瀬、荒木、浅尾ら黄金期のベテランが抜け、ドラフト1番の注目でもあった、根尾昂が加入した。若返りを一気に進める一年になるだろう。

昨年のローテーションで唯一規定投球回に到達し、防御率2.99、チーム唯一の二桁となる13勝と、奮闘したガルシアが阪神に移籍。残った100イニング以上を投げた投手で、防御率3点台は吉見一起ただ1人。また、ガルシアを除くと、笠原と松坂の6勝がチームトップ。その松坂も、キャンプ中、ファンに腕を引っ張られた影響で離脱中。ロメロがガルシアレベルで活躍したとしても、台所事情はかなり厳しい。

リリーフは、42試合で防御率2.08の佐藤優、26試合で防御率2.30のロドリゲスに期待がかかる。ルーキーイヤーから50試合登板を達成した鈴木博志が数字を伸ばせば、勝ちパターンは見えてくるか。しかし、それ以外は、昨年は防御率4点台や、5点台と振るわず。復活に期待がかかる選手も多いが…

野手は悪くない、というか、平田良介の覚醒もあり、大島、平田、アルモンテ、ビシエドが並ぶ上位打線は、リーグでも戦えるレベルだろう。問題は、そのあと、打力がガクンと下がるところなのだが…竜の未来こと高橋周平の覚醒にそろそろ期待したい。

とはいえ、正直、下位打線や投手陣の陣容は、現時点ではAクラスを予想するには厳しい気がする。