Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

九州3連戦・ソフトバンク4連戦の旅

楽しい時間って一瞬で終わるよね。

よりによって旅行中に嫌な夢を見てしまったのだけど… 

 

Game 3 4/6 ソフトバンク - 千葉ロッテ (ヤフオクドーム)

まあ「野球旅人日記」って謳うくらいだから、1試合見てハイおわり…っていうわけにはいかないよね。

ということで2試合目。九州在住の友人とともに… 

f:id:tommy______m:20190406234932j:image

ででん。黒い集団の一角に入ってきました。

え、もちろんユニフォーム持ってるよ?黒いやつ。去年も京セラのビジター行ってたしね。あ、去年のシリーズ書き上げなきゃ。

ちなむと友人は「黒木の背番号だから54番がいい」といってレアードのユニフォームTシャツをお買い上げ。

 

最近のロッテは、センター以外はほとんど固定。そのセンターも、左のミランダ相手だったので、岡大海かなあ、でも打ててないしそろそろ荻野貴司くるかなあ…とか思ってたら藤原がスタメンだった。

 

その藤原は、1打席目は逃げる球にくるくる、あっさりと三振してしまう。
「あーっ」というため息が漏れる…その間もなく加藤翔平のあたりが目の前に飛んでくる。

外野は越えそうだ。もしかして、入るのか。いや、入ってほしい。

絶好調・翔平の今季第3号は、右打席では5年ぶりとなるホームラン。ロッテが今日も初回に先制する。

石川・ボルシンガーが早々離脱したロッテの先発は二木。2017年、チームが絶不調のときに、マリンスタジアムで見たホークス戦で好投していた印象があるのだが、こちらも2番・今宮にホームランを食らう。

しかし、お互い2回は立て直し、3回表。再び、先頭は藤原だが、三振してしまう。

そして、先ほどホームランの加藤翔平…が、またホームラン。どうしたロッテ打線。

ベースを一周し、翔平コールが響き、中村奨吾が打席に立ち、応援歌がかか…った、まさにその瞬間に、ライトに強烈な打球が飛ぶ。

加藤翔平の2打席連続ホームランも強烈だったが、ここにきて2者連続のホームラン。312打席で9ホームランというのがキャリアベストだった中村奨吾が、40打席で5本塁打。加藤翔平も、2017年の5ホーマーがキャリアハイだが、この時点ですでに4本。マリンガン打線爆誕と言いたくなるような状況だ。

これでミランダが乱れたか、角中にあっさりとフォアボールを与えると、レアードも6貫目となるホームラン

鈴木大地がセカンドフライに終わるも、ミランダは完全に崩れてしまったか、2者連続フォアボールのあと、藤岡にもヒットを許す。

そして、打者一巡して藤原。満塁で迎えた3打席目は、今日最初のいい打球。ライト上林が追いかけ、スライディングキャッチを試みる…も、ボールはそのグラブからポロリ。

藤原恭大、プロ初打点となるタイムリーヒット。これで一気に7-1とし、ミランダをKOした。

 

大量援護をもらった二木は、釜元豪にプロ初安打を許したものの、そこから崩れることなく、3回を無失点で切り抜ける。

4回こそロッテがチャンスを作ったものの、無得点に終わると、そこからは4回裏から5回裏まで3者凡退が続く。

6回表、ロッテはチャンスを作るけど決めきれず、一方で6回裏にはソフトバンクが柳田のタイムリーで1点を返し、7-2と追い上げる。それでも、二木はその1点のみに抑え、とりあえずは6回2失点。

ラッキーセブンは、ランナーを出したがまた無得点に終わったマリーンズ打線。その裏、ピッチャーが酒居に代わったところで、二木のクオリティスタートが確定。ロッテは今季8試合目にして、ようやく初のクオリティスタートということになった。酒居は上林にホームランを許すものの、そこから立て直し、8回は三者凡退に抑えた。

4点差で迎えた9回、表の攻撃は無得点に終わったマリーンズ、守護神・益田を投入。先頭・松田にヒットを許したが、後続を断ち、7-3でマリーンズがカード勝ち越しを決めた。

結局、3回の表はホームラン祭りで盛り上がったが、それ以外はチャンステーマが鳴ることもなく、淡々と過ぎていった、そんな感じがする。笑

でも勝てばいいのだ。勝てば。

f:id:tommy______m:20190406234936j:image

ヒーローインタビューは、2打席連続弾の翔平。今年こそ、外野の世代交代が進むのかなあ。もうでも翔平も28歳かあ…

しっかりと2次会に参加して、天神でもつ鍋を友人と食べてから帰るのであった。平和。 

 

 

Game 4 4/7 ソフトバンク - 千葉ロッテ (ヤフオクドーム)

まあ「野球旅人日記」って謳うくらいだから、2試合見てハイおわり…っていうわけにはいかないよね…(既視感

ということで、観れる試合は全部見る。楽しみ方がいろいろあるのが野球観戦なのだ。

はいということでホークスの外野デビュー。 いやあのねお前どっちファンだよって言われると思うけどどっちも好きですよ、はい。そりゃ関東出身だからロッテや西武はよく行くけど、九州に来たからにはソフトバンクの応援もしたいし…パリーグは本当に分け隔てなく好きですので。

f:id:tommy______m:20190407182358j:image

試合前のイベントだったり、球場内の雰囲気も含めて、一番「エンターテイメント」感があるのは、ヤフオクドームかもしれない。

 

ちなむと初めてなので、後ろのほうでひっそりと応援しようと思ってたのだけど、センター寄りの一番後ろの席だった。

見てくださいホークスビジョンがめっちゃ大きい。

f:id:tommy______m:20190407182347j:image

今日はソフトバンク・高橋礼とロッテ・有吉の投げ合い。前回先発の内容を見ていると、だいぶソフトバンク有利な感じもするが…それ言っちゃったら過去2試合もそうか。

その高橋礼が、ロッテ打線を3者凡退で抑える。千賀・ミランダとも、初回にホームランを打たれていたことも考えると、かなりいい流れを呼び込めたといっていいだろう。

 

今宮がセンター前ヒットで出塁すると、柳田が逆方向に強烈なホームラン。バケモノのようなスイングでバケモノのような軌道の打球を放つから本当にこの人はすごい…

逆に、ソフトバンクが、初回本塁打をお見舞いする。

先制点をとったロッテがここ2試合勝っており、初めて先制されたロッテだが、2回は各中のヒットから攻撃を展開できず、無得点。熱男から始まるソフトバンクの2回の裏も、3者凡退に終わってしまったが。

3回、高橋礼がロッテを3者凡退に切ると、9番・釜元がヒットで出塁。
牧原がセーフティー気味にバントをして、釜元を進めると、柳田のフォアボールから、デスパイネにアーチが飛び出す。わっしょいわっしょい。

そしてホームラン後の「いいぞ、いいぞ、デスパイネ」のコールをやりきる間もなく、内川にもホームランが飛び出した。フライボールレボリューション。

ここで点を取られると、もう少し競った展開になる可能性が高くなるが、高橋礼が4回も3者凡退にスパッと切る。

高橋礼は、5回には、連続デッドボールで嫌な空気となるが、無失点で切り抜ける。
6回には、加藤翔平のツーベースから、中村の内野ゴロが進塁打となり、4番・角中のあたりはセンターへ。
柳田の守備範囲…に見えたが、前にチャージしてきたギータがポロリ。まさかのタイムリーエラー。
しかし、そこで崩れなかったのが幸い。レアードを歩かせたが、鈴木大地を抑え、最少失点で切り抜けた。

高橋は7回を3者凡退で切り抜け、7回114球自責点0のHQS。8回はモイネロが無失点に抑える。

有吉をKOしたソフトバンク打線だったが、変わった田中靖洋、東條の前に無得点に終わっていた。

前半に畳みかけて、後半に何もしない。四千〇身の漫才みたいになっていたが、東條の3イニング目。先頭は松田。右中間にホームラン。

動画を撮ろうか迷ったんだけど、自分でやりたかったので、ホークスファンで「熱男~!」。やりたかった。初日に熱男が熱男してしまったので、無理かと思っていたが、よりによってライトでできるなんて感無量である。

そして上林にもホームラン。甲斐キャノンは三振だったが、釜元豪にもホームラン。
プロ初安打、そしてプロ初HRを現地で見届けることができた。これを機に一気にレギュラーまで行ってほしいものである。

そして、今宮のヒットから、柳田の代走で出ていた福田秀平にもホームラン

1イニング4ホーマーという猛攻で試合を決めた。
f:id:tommy______m:20190407182354j:image

赤の多さよ。

9回は、2日前に延長戦で打たれている奥村がしっかりと抑え、11-1で試合終了。

結果的に、ロッテが2試合やってきた戦いぶりを、そのままソフトバンクがお返しした。そんな感じの3試合目だった。

 

勝った時のエンターテイメントも欠かさない。

f:id:tommy______m:20190407182351j:image

 

最後はドームの屋根を開放して。
f:id:tommy______m:20190407182402j:image

やっぱり、野球を観に行った時に、ホームチームが勝つときの雰囲気というのは、何にも代えがたいものがあるなあと思った。あと、まだ春休みなのかな?ちびっ子系のイベントが多かった、そんな印象がある。この辺もホークスの方針なのかもしれない。

 

いずれにせよ、試合そのものだけでなく、球場に行くまでの道のりや、試合外のイベントなど、工夫がいろいろ凝らされており、総じて楽しい3試合だった。
3試合行くと、「今日もこのイベントやってるのか…」とかあるんだけどね。それはそれでいいんだ。

 

 

所感

  • レアード加入や、ホームランラグーン設置の影響もあるのだろうけど、ロッテの突然のホームラン増加で、打線はかなり脅威に。しかし、札幌ドームで30本前後だったレアードがどこまで打てるかを含め、これがどこまで続くのかが見もの。
  • 種市がナイスリリーフをした初戦のロッテを除けば、先発が崩れたほうが負けているので、やっぱりローテーションの層がそのままペナントの差になるなあ。と。一方で、ミランダを引きずりおろしたり、千賀・岩下の投げ合いでもかなり競ったのは、先発投手から早めに点を取ったことが大きくて、その裏には、狙い球を絞ったりという工夫があったはず。この辺の駆け引きはやっぱり深い。
  • 外野いった感想としては、ロッテファンの声量はやっぱりすごい。
    逆にソフトバンクファンは、ライトスタンドの端でもコールが聞こえないくらい。ただメガホンダンスは覚えたら楽しいと思う。
  • 結論:野球はいいぞ。旅行はいいぞ。

 

 

おまけ ~ 福岡の美食たち2019編 ~

かの有名な一蘭の本社。中州にあるのだけど、1階が「屋台」というか普通のラーメン屋テイストの店舗で、2階が個室チックなブースで食べるスタイル。1階でいただいたが、おいしすぎて替え玉2杯いってしまった。 

f:id:tommy______m:20190406234925j:image

 

その翌日、その一蘭本社の近くにある焼き肉屋「利花苑」にて。このボリュームで1,800円なのでコスパよい。
f:id:tommy______m:20190406234921j:image

www.rikaen.com

 

 

あと天神で友人と食べたもつ鍋「一藤」。これにいろいろついて2,500円のコースがあってコスパよかった。

f:id:tommy______m:20190406234929j:image

www.ichifuji-f.jp

 

 

 

さらにおまけ 

福岡城跡にいったら桜がきれいでした(こなみかん

そのうちカメラで撮った写真も上げる。そのうち。

f:id:tommy______m:20190407182454j:image
f:id:tommy______m:20190407182449j:image