Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

戦いは続く 〜巨人@阪神3連戦 Game 2〜

そういえば日曜日は情報処理技術者試験だった。申し込み忘れてた…意識ひっく…

まあ、巨人戦があるからとりあえずしょうがない。 

 

Game 7 4/20 阪神-巨人 (甲子園)

3連戦の真ん中。今日も今日とて外野席…なのだが…

友人と2人分のレフトビジター席がとれず。

チケットサイトで買った席は…レフトビジター…「の、隣」。
残念。焦って買ったばかりに「隣」を見落としてしまった。通路側だったのが救い。

40番台の列。階段の後ろのほうだった。昨日に比べたら、やっぱりグラウンドは遠いが、眺めはまあ今日も悪くない。

f:id:tommy______m:20190420184005j:image

 

ヤングマンと岩貞の投げ合いで試合が始まる。

昨日も言っているが、メッセンジャーの勤続疲労や、4回4失点 (自責3) → 5回6失点と荒れ気味な岩貞相手に勝てないと優勝は厳しいのではないかと思う。そのためにも、負けられない試合であった。

 

…が、初回は先頭・坂本の、ライト前にポトリと落ちるヒットもあったが、梅野の盗塁阻止もあり、3人で初回が終わる。

一方のヤングマンは、先頭・近本に内野安打を許すと、返球のスキに近本が二塁へ。焦ったヤングマンが早急ミスで、ノーアウト3塁の大ピンチをいきなり招く。

2番・糸原がいい当たりを放つも、ファースト岡本の真正面に飛ぶライナー。

下手したら4番・大山より怖い3番・糸井が打席に入る。
セカンドは定位置、ショート・サードは前進という守備隊形だが、ヤングマンが糸井を2ストライクに追い込むと、セカンド・山本も前進する。
2-2の5球目に手を出した糸井のあたりは、その前進した山本の前へ。
結果的にはこの好判断もあり、4番・大山もサードゴロを抑えたヤングマンが、0アウト3塁を耐え忍んだ。

昨日も、良さげなメッセンジャー、ヒヤヒヤな菅野という構図だったが、今日もその焼き直しのような展開。

 

そして2回。

岩貞が岡本を抑えるものの、ゲレーロ相手に制球を乱しフォアボール。今日は6番・ライトでスタメンの石川慎吾が打席に向かう。
オープン戦の好調もあり、開幕スタメンを期待していたが、オープン戦最後に陽がホームランを連発し、開幕スタメンを奪い取った。そんな中で、開幕カードでは代打の1打席のみになるなど、悲運もあったが…
スタメンの機会も少し出てきたが、いまだにヒットなし。昨日はライト守備に不慣れな印象も与えてしまい、そろそろ打たないと…という空気。

そんな「追い込まれた」ダイナマイトシンゴの豪快なスイングで、左中間に強烈な打球が飛ぶ。
今シーズン初ヒットは、初回の嫌な流れをぶっ飛ばす、豪快なホームランになった。

 

阪神としては、追いつきたい2回の裏だが、5番・福留、6番・中谷があっさり凡退。3球で2アウトという、笑えない状況。

7番・梅野がフォアボールで出たものの、8番・木浪のところでなぜか盗塁を試みる。案の定アウト。

 

しかし、岩貞が3回はあっさりと3者凡退で、立て直す。

阪神は、8番・木浪が出塁すると、9番はピッチャーの岩貞。当然バントする状況。1アウト2塁になろうが、1点に抑えればまだリードしている状況である。

…が、バントする予定の岩貞に、まさかのフォアボール。

阪神からしたら「ごっつぁんです!」と大声で言いたくなる状況だろう。1番・近本で、改めて送りバントを試みる。

外野から見ていたらオールセーフにも見えたが、ここは1塁アウト。

しかし、1アウト2,3塁から、1打席目も得点圏でファーストライナーの糸原。
ここはボテボテのピッチャーゴロ。ヤングマンが冷静に三塁に送り、木浪が挟殺される。

そして、2アウト1,3塁となったが、3番・糸井には3-0の大ピンチ。

しかしここから3球連続ストライク。最後は見逃し三振。 

 

岩貞が完全に立て直したこともあり、4回表はまさかのクリーンアップが3者凡退。

しかし、ヤングマンも、ボール先行だったり、ランナーを出すものの無失点で抑える。

 

5回は、第1打席でホームランの石川慎吾にヒットが出るが、続く山本がゲッツー。炭谷のヒットもあったのだが…ちょっともったいない攻撃になってしまった。

その裏をヤングマンが3者凡退に抑えると、6回は岩貞・ヤングマンとも、フォアボールのランナーを一人出したものの、4人で抑えて、投手戦の流れに。

完全に立て直した岩貞でどこまでいくのか。
「巨人の勝ちパターンは大丈夫なのか」など、いろいろ不安要素がある中で、ヤングマンはどこまで引っ張るのか。
「どちらが先に降板するか?」という緊張感のある展開になる。

 

お互いにラッキーセブンは、3者凡退。

しかし、ここで矢野監督が動く。8回はジョンソンを投入。
正直、8番→9番→1番という打順だったので、岩貞でもよかったと思うのだが、9球で3者凡退に抑える。

 

一方で、8番・9番とも代打を出すかも?と思った巨人だが、ここは炭谷、ヤングマンのバッテリーがそのまま8回も守備に向かう。

ちなむと、このタイミングになると、やっぱり勝ちパターンの投入が濃厚になるのだが…

ちょっとむかついた。いや広島戦打たれたけど、それまでは無失点で4セーブしてるからな?

 

8回の裏もマウンドに上がったヤングマンは、2アウトをテンポよくとるものの、2番・糸原にフォアボール。この時点で117球。打席は3番・糸井。

正直ヒヤヒヤしたが、ここはライトフライ。

いやでもマジで見えなかった。野手の反応見るしかない。

 

9回はマテオ…じゃなくてドリスが登板。

 

マテ…ドリスから丸が今日初のヒットを打ったが、ビヤヌエバがショート真正面のゲッツー。岡本もヒットを打ったが走塁死。9回はヤングマンでいくのか。クックで行くのか。

 

そういえば、丸の「ま!る!」のコールの時に〇ポーズしてる人がちらほらいた。いいね。

 

そして、ブルペンカーの出てくる門が開いた。これはクックだ。

さっき文句を言ったじーちゃんは、「あ~終わった」という表情をしている。だったらなぜビジター席にいる。変わってくれ。

 

そのクックが、大山にヒットを打たれると、じーちゃんも「はい福留の同点ツーラン」とか言い出すので僕のイライラも爆発しそうだったが、続く福留をゲッツーに仕留め、中谷も坂本の正面のショートゴロ。 

f:id:tommy______m:20190420184013j:image

結局、ダイナマイトシンゴの2ランを、ヤングマン→クックの助っ投リレーで守り切った。

2次会はしれっとビジター席に混じらせてもらった。今日はチャンスといえるチャンスが少なかったのでチャンステーマメドレーもあってよかった。しかしオレンジが鮮やかだ。

f:id:tommy______m:20190420184026j:image

 

試合後阪神電車が混雑していたからマック…もといマクドで時間潰してたら思ったよりも食べてしまい胃もたれを起こしている。つらい。

 

とりあえず、大事な大事な3試合目が近づいてきた。