Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

平成最後なんだって 〜巨人@阪神3連戦 Game 3〜

中村奨吾が練習中に10針縫う怪我をしたらしい。

それなのに代打で出ちゃうから、アスリートは本当にタフなんだなと思う。

清水将海コーチ共々、早く万全な状態まで回復されることを祈ります。

 

関係ないけどこないだの福岡旅行で、しょーごさんのカッコいい写真が撮れたから見てって↓↓↓

f:id:tommy______m:20190421174854j:image

f:id:tommy______m:20190421174859j:image
f:id:tommy______m:20190421174836j:image
f:id:tommy______m:20190421174831j:image
f:id:tommy______m:20190421174842j:image

f:id:tommy______m:20190421174836j:image

 

詳しくはこの記事見てってくれよな!!!次回の全国野球行脚は5月に北海道の予定やで!!!(ステマ

www.tommyball.jp

 

で、本題はこっち。

 

Game 8 4/22 阪神-巨人 (甲子園)

まあそんなこんなで金・土・日と皆勤してしまった。いいことじゃん。たぶん。まあライフワークみたいなもんだし。

あんまり元号とか気にしてなかったけど、「平成最後の伝統の一戦」らしい。

f:id:tommy______m:20190421172821j:image

最終日の席はまさかの前10列以内。

めっちゃ前。

甲子園で、こんなに前なこと初めてなんだけど。

f:id:tommy______m:20190421172829j:image

ほら。試合してる感じがあるでしょ?

しかし今日は西が良かった。HQS→完封→HQSで、トータル23回4失点。ここまで完全にエースらしい投球をしているのだが、今日も初回のフォアボール以外は危なげないピッチング。

 

一方の巨人はメルセデス。いきなり内野安打を許してしまうが、けん制で誘い出してアウトにする。結果的に、3人で切り抜けた。

 

で、ここまでの2試合は、2回に巨人が先制点を奪っているわけだが…

その2回。亀井が粘りながらも空振り三振。それでも8球投げさせた。大城のヒットもあったのだが、ここは続けず。

もう、ここまできたら、とにかく西相手には粘って、球数かさんできたところでパーンといくくらいしかないのではないだろうか。というかそれくらい西がいいなという印象。

でも本当にこれ。この3試合で思ったのは亀井さんのチームバッティング力が高い

 

そして2回裏のメルセデスはフォアボールを出すもののそれだけで抑えると、3回表には西勇輝が3者凡退でお返しする。

 

3回裏。1アウトで、西勇輝が打席に向かう。メルセデス相手に粘る西。最後はライト前にポトリ。

…も、亀井がここは鬼の送球で、ライトゴロ。

 

矢野監督がリクエストをする。映像的には際どい。

 

後の打席でこんな表示が生まれた。ちょっとパワーワード感ある。f:id:tommy______m:20190421172833j:image

うん。巨人からしたら、ラッキーなところもある判定だったかも。

 

そして1番に戻った近本がヒットを打つ。ちょっとメルセデスが不安になる展開。

 

 

…いやまた盗塁失敗するのかよ。

完全に流れを自ら手放しに行ったプレーに見えた。

 

その後の4回。ビヤヌエバのクリーンヒットから始まると、岡本のあたりはショートの前へ。

 

「やばい。ゲッツーだ。」

 

レフトスタンドの巨人ファンが息を飲んだが、あたりが思ったよりも弱い。セカンドが際どそうだ。

ショート木浪は、それでもセカンドに投げる。セーフ。

そして糸原の送球が大きく逸れて、阪神ベンチへ。

オールセーフ、0アウト2,3塁。

 

…しかし、長い間のあと、なぜかビヤヌエバがホームイン。いやなんでだよ!!点入るからいいけど!!!

スタンドのオレンジの集団も、わけがわからないまま、とりあえずタオルを回す。よくわかんない。

 

こういうことだったようだ。

 

いや、それ以前に、単純に「ファースト送ってワンアウト取れたじゃん!」という気もするのだけど、Twitterのフォロワーさんによると、イレギュラーしていたようだ。この辺は正直、レフトスタンドからだと選手と被って見づらいのだけど、不遇ではあるよね…経験とかもありそうだけど。

 

しかし巨人もこの1点にとどまる。0アウト2塁からフライ×2→三振で無得点。巨人打線が決め切れなかったというよりは、やはり西勇輝が絶好調というべきか。

 

その裏。阪神としてはここで追いつき、逆転までいきたいところだけど…

糸原のヒット、糸井が凡退した後、メルセデスがまさかの大山にデッドボール。
起き上がれない大山。 

なんとか立ち上がり、1塁に向かう大山。これには巨人ファンも拍手 (していた…と思いたい)。

そして、首位打者・梅野が打席に向かう。

 

いやここでゲッツー打つんかーーーーい

 

完全に流れを手放してしまった。なんかこういうの多くない?

 

5回表は西が巨人の8・9・1を3者凡退に抑える。

そして、5回裏には陽川に今季初ヒット。ライト方向への長打。

 

…が、8番・木浪のあたりはピッチャー正面へ。
ここで陽川が飛び出しており、メルセデスがサードに投げて、挟殺。

 

西は6回表も3者凡退。完全に乗ってきた印象。
一方のメルセデスは、近本に9球、糸原には3球でヒット、糸井には8球、大山には6球…と、一気に粘られる。しかも、2アウト1,2塁というピンチ。

ここは梅野を内野ゴロに抑え、メルセデスも1-0のリードを守る。
しかし、この時点で99球。

 

8回中川、9回クックはある程度安心してみてられるが、7回を任せられる投手がいないように感じる。
なんとか7回を投げ切ってほしいのだが…少なくとももう少し援護が欲しい。
そんなラッキーセブン。

 

亀井が倒れるも、ゲレーロが三塁線を破るツーベース。

ヒットなんて久しぶりじゃね??(4回表の先頭ぶりでした)

西の球数も増えてきた。一気に突き放すチャンス。

 

…大城がファールフライに倒れるものの、打席には山本。

金曜日も、終盤、追加点の欲しいところで貴重なタイムリーを放っているが…

 

その山本のあたりが高く上がる。

左中間、真っ二つ。

思わず感情しかないこのツイートをしてしまったよね。笑

結果的には、この1点だけだったけど、1-0と2-0では大きく違う。

最後はメルセデスが打席に立ち、糸原としてはギリギリだったがセカンドゴロ。

 

メルセデスも100球に到達したところ。なんとかチャンスを作りたい7回裏だったが…

6番中谷が2球で凡退、7番陽川は3球で空振り三振、8番木浪は4球で凡退。まさかの9球で凡退してしまった。

メルセデスは結局7回108球。もう少し粘ってればリリーフを引っ張り出せたと思うのだけど…最後の淡泊な攻撃は間違いなくメルセデスを助けたなあと。

 

そして8回には阪神がジョンソンを投入。

そのジョンソンから、坂本が流し打ちのヒット。

すると、丸がまさかのセーフティーバント。ラインぎりぎりに決まる。

レフトスタンドも湧き上がる。

…が。

まあ、終盤の似たような場面にビヤヌエバがゲッツーというのも見ているし、0アウト1,2塁よりも、1アウト2,3塁のほうが、得点期待値高いから、わかるんだけどね…ここは決めてほしかったなあ。

 

ちょっと嫌な流れだったが、8回の男・中川が見事3者凡退で抑える。これは大きかったなあ。

 

すると、9回。前のイニングに代打で出てきた上本がエラーをしてしまう。続く重信も、今シーズン最初のヒットが飛び出す。

またもチャンステーマで応援席が湧き上がるが、まさかのけん制死。

https://twitter.com/tommy_m_sp/status/111986893sik8655916032

…うん。

牽制死があったものの、重信の盗塁に対して梅野の悪送球、そしてドリスのワイルドピッチで重信がホームイン。3-0。これは文字通りの自滅としかいうしかないだろう。

 

さすがに3点差でクックなら安心できると思うが、3番・糸井が今日最初のヒット。

しかし、大山が凡退した後、梅野が今日2度目のゲッツーで試合終了。

いや、梅野が打席立った時、スタンドもうっすら「そういう空気」だったけどさ、まさか注文通りのピッチャーゴロゲッツーが来るなんて思わなかったよね…


f:id:tommy______m:20190421172825j:image

と、いうことで、今期最初の甲子園は3タテ。チームとしても、阪神戦は開幕6連勝
中の人個人としても、今年も巨人戦は連勝スタート。去年は現地観戦は開幕6連勝とかしたんだっけ…覚えてないけど…
とりあえず、3日連続で言っていたように、1番勝ちたい今日の試合を勝てたので満足度は高い。

内容としては、「巨人が勝った」というより、阪神の自滅の色が強く、理想ではなかったけど…こういう相手のミスにも漬け込めるのが強いチームだもんね。

てか8段ってやっぱすげえなあ。めっちゃいい眺め。