Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

巨人14カード目 めも

最初に打線大爆発して歓喜してたら、あっさりと反動がきて、結局負け越した、ヤクルト戦。

 

 

投手

5/14

髙橋優貴 (QS)

防御率1.50 (通算1.98) 投球回6 球数103 打者22 被安3 被本1 三振4 四球1 死球0 失点1 自責1

アダメス

防御率54.00 (通算5.40) 投球回1/3 球数15 打者3 被安1 被本0 三振0 四球1 死球0 失点2 自責2

戸根千明

防御率27.00 (通算0.90) 投球回1/3 球数23 打者5 被安2 被本0 三振1 四球2 死球0 失点1 自責1

田原誠次

防御率0.00 (通算4.05) 投球回1 1/3 球数16 打者5 被安0 被本0 三振1 四球1 死球0 失点0 自責0

高木京介

防御率0.00 (通算1.69) 投球回1 球数13 打者3 被安0 被本0 三振2 四球0 死球0 失点0 自責0

5/15

菅野智之

防御率11.81 (通算4.36) 投球回5 2/3 球数127 打者31 被安11 被本4 三振4 四球2 死球0 失点10 自責7

田口麗斗

防御率6.75 (通算4.32) 投球回1 1/3 球数31 打者7 被安3 被本1 三振3 四球0 死球0 失点1 自責1

野上亮磨

防御率0.00 (通算3.38) 投球回1 球数26 打者7 被安2 被本0 三振2 四球1 死球0 失点2 自責0

アダメス

防御率0.00 (通算4.15) 投球回1 球数20 打者6 被安2 被本0 三振0 四球1 死球0 失点0 自責0

 

野手

重信慎之介

5/14 → 1番・レフト

  1. (1裏先頭) レフトへのスリーベース (1球)
  2. (2裏1アウト1塁) センターへのツーベース (4球)
  3. (4裏2アウトランナーなし) 空振りの三振 (4球)
  4. (7裏先頭) 外角のカーブを打つもレフトフライ (3球)
  5. (9裏1アウトランナーなし) 低めのスプリットに空振り三振 (3球)  

5/15 → 代打から1番・レフト

  1. (4裏2アウト1塁) 外角のフォークを打つもショートゴロ (3球)
  2. (7裏0アウト1塁) ライトへのヒット (2球)

坂本勇人

5/14 → 2番・ショート

  1. (1裏0アウト3塁) 外角の変化球を打つもサードライナー (1球)
  2. (2裏1アウト2,3塁) 空振りの三振 (6球)
  3. (5裏先頭) つまった打球はピッチャーへの平凡なゴロ (1球)
  4. (7裏1アウトランナーなし) ワンバウンドした球に空振り、三振を喫する (4球)
  5. (9裏2アウトランナーなし) 内角のストレートを打つもセカンドフライ (1球)

5/15 → 2番・ショート

  1. (1裏1アウトランナーなし) センターへのヒット (6球)
  2. (3裏0アウトランナーなし) 内角のストレートを見送りフォアボールを選ぶ (6球)
  3. (5裏先頭) 高めの真っ直ぐを打つもライトフライ (2球) 
  4. (7裏0アウト1,3塁) 空振りの三振 (5球)
  5. (8裏2アウト1,2塁) ピッチャー・ジョンソンのワイルドピッチでランナー2,3塁。坂本は10球粘るも外角低めの変化球に空振り三振 (11球) 

丸佳浩

5/14 → 3番・センター

  1. (1裏1アウト3塁) 2-1からライトへのタイムリーツーベースで巨人先制! 巨1-0神 (4球)
  2. (2裏2アウト2,3塁) ランナー2,3塁から外角のツーシームを打つもサードゴロ (1球)
  3. (5裏1アウトランナーなし) ライトへのヒット (2球)
  4. (7裏2アウトランナーなし) 153キロの真っ直ぐを見送りフォアボール (7球)

5/15 → 3番・センター

  1. (1裏1アウト1塁) ど真ん中のツーシームを打つもキャッチャーゴロ (5球)
  2. (3裏0アウト1塁) 外角の変化球を打つもセカンドゴロ (3球)
  3. (5裏1アウトランナーなし) 見逃し三振 (4球)
  4. (7裏1アウト1,3塁) 0-1から左中間への3ランホームラン 巨7-11神 (2球)
  5. (9裏先頭) 外角のスプリットを打つもファーストゴロ (3球)

岡本和真

5/14 → 4番・ファースト

  1. (1裏1アウト2塁) 2-2からセンターへのタイムリーヒット 巨2-0神 (5球)
  2. (3裏先頭) 外角のスライダーを打つもセカンドゴロ (3球)
  3. (5裏1アウト1塁) 内角のツーシームを打つもレフトフライ (3球)
  4. (7裏2アウト1塁) ワンバウンドした球を空振り三振 (4球) 

5/15 → 4番・サード

  1. (1裏2アウト1塁) 低めのフォークを打つもショートゴロ (4球)
  2. (3裏1アウト1塁) 内角のスライダーを打つもサードライナー (3球)
  3. (5裏2アウトランナーなし) 空振りの三振 (5球)
  4. (7裏1アウトランナーなし) 低めの落ちる球を打つもピッチャーゴロ (2球)
  5. (9裏1アウトランナーなし) サードゴロ (2球)

亀井善行

5/14 → 5番・ライト

  1. (1裏1アウト1塁) 外角の変化球に見逃し三振 (7球)
  2. (3裏1アウトランナーなし) 内角低めの球を打つもファーストライナー (6球)
  3. (5裏2アウト1塁) センターへのヒット (5球)
  4. (8裏先頭) 高めのストレートを打つもショートフライ (2球) 

5/15 → 代打

  1. (8裏1アウト1,2塁) 1-2からタイムリーヒット 巨8-13神 (6球)

大城卓三

5/14 → 6番・キャッチャー

  1. (1裏2アウト1塁) サード・大山のファンブルにより出塁 (3球)
  2. (3裏2アウトランナーなし) 内角のストレートを見送りフォアボール (7球)
  3. (5裏2アウト1,3塁) 外角のツーシームを打つもショートゴロ (5球) 

5/15 → 代打から8番・キャッチャー

  1. (6裏2アウト2塁) 内角の真っ直ぐを打つもショートフライ (5球)
  2. (8裏1アウト1塁) ライトへのヒット (2球)

田中俊太

5/14 → 7番・サード

  1. (1裏2アウト1,2塁) 2-2から空振りの三振 (5球)
  2. (3裏2アウト1塁) 外角のスライダーを打つもショートゴロ (3球)
  3. (6裏先頭) 外角低めのツーシームを打つもショートライナー (4球)
  4. (8裏1アウト1塁) 高めのボール球につられて空振り三振 (3球) 

山本泰寛

5/14 → 8番・セカンド

  1. (2裏先頭) 外角のツーシームを打つもセカンドゴロ (3球)
  2. (4裏先頭) 内角の真っ直ぐを打つもセカンドゴロ (4球)
  3. (6裏1アウトランナーなし) 外角のスライダーを打つもピッチャーゴロ (6球)
  4. (8裏2アウト1塁) 高めのボール球につられて空振り三振 (5球) 

5/15 → 7番・セカンド

  1. (2裏0アウト1,2塁) 低めの落ちる球を打つもサードゴロ (4球)
  2. (4裏0アウト1,2塁) ランナー1,2塁からライトへのヒット (5球)
  3. (6裏1アウト1塁) 空振り三振に倒れるもスタートを切っていた一塁走者中島が盗塁成功 (7球)
  4. (8裏1アウトランナーなし) センターへのヒット (2球)

マルティネス

5/14 → 代打

  1. (6裏2アウトランナーなし) 外角の落ちる球に空振り三振 (4球)

立岡宗一郎

5/14 → 代打

  1. (8裏1アウトランナーなし) 150キロのストレートを見送りフォアボール (6球)

阿部慎之助

5/14 → 代打

  1. (9裏先頭) 空振りの三振 (3球)

5/15 → 代打

  1. (8裏1アウト1,2塁) 153キロのストレートを打つもセンターフライ (1球)

石川慎吾

5/15 → 1番・レフト

  1. (1裏先頭) 低めのフォークを打つもサードゴロ (3球)
  2. (3裏先頭) 2-2からレフトスタンドへのホームラン 巨2-5神 (6球)

陽岱鋼

5/15 → 5番・ライト

  1. (2裏先頭) センターへのヒット (4球)
  2. (3裏1アウト1塁) 一塁走者の丸が盗塁を試みるもアウトでチェンジ →
    (4裏先頭) ライトへのヒット (4球)
  3. (6裏先頭) 空振りの三振 (4球)
  4. (7裏2アウトランナーなし) 高めのストレートを打つもセンターフライ (1球)
  5. (9裏2アウトランナーなし) ワンバウンドした球を空振り三振 (6球)

中島宏之

5/15 → 6番・ファースト

  1. (2裏0アウト1塁) レフトへのヒット (7球)
  2. (4裏0アウト1塁) レフトへのヒット (3球) 
  3. (6裏1アウトランナーなし) 一度もバットを振ることなくストレートのフォアボールを選ぶ (4球)
  4. (8裏先頭) ピッチャーゴロ (5球) 

小林誠司

5/15 → 8番・キャッチャー

  1. (2裏1アウト1,3塁) サードゴロの間に巨人1点をあげる 巨1-5神 (4球)
  2. (4裏0アウト満塁) ダブルプレーの間に一人ランナーがかえり巨人1点をあげる 巨3-5神 (1球) 

増田大輝

5/15 → 代打

  1. (7裏先頭) 内角の真っ直ぐを見送りフォアボール (6球)

高橋優貴

5/14 → 9番・ピッチャー

  1. (2裏1アウトランナーなし) サードへボテボテの内野安打 (2球)
  2. (4裏1アウトランナーなし) 外角の真っ直ぐを打つもサードゴロ (4球)  

菅野智之

5/15 → 9番・ピッチャー

  1. (2裏2アウト2塁) 外角の真っ直ぐを打つもピッチャーライナー (1球) 
  2. (4裏2アウト3塁) 2-2からショートへのタイムリー内野安打 巨4-5神 (6球)

 

所感

  • 阪神戦。それだけで絶対に負けたくないのだが、初戦は中継ぎの崩壊2戦目はエースの崩壊という最悪の負け方をしてしまった。それだけでだいぶ精神的にくるものがある。