Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

巨人15カード目 めも

最後の負け方がちょっと嫌なものだったとはいえ、とりあえずカード勝ち越しできたことにまずは安堵。

前半戦で戦力の見極めさえできて、8月・9月に勝負をかける体制ができれば、極論今は5割+αでいいと思う。

 

 

投手

5/17

ヤングマン

防御率1.80 (通算4.15) 投球回5 0/3 球数86 打者22 被安3 被本0 三振6 四球3 死球1 失点1 自責1

高木京介 H

防御率0.00 (通算1.64) 投球回1/3 球数5 打者1 被安0 被本0 三振1 四球0 死球0 失点0 自責0

アダメス H

防御率0.00 (通算3.60) 投球回2/3 球数8 打者2 被安0 被本0 三振1 四球0 死球0 失点0 自責0

戸根千明 H

防御率0.00 (通算0.82) 投球回1 球数13 打者4 被安1 被本0 三振1 四球0 死球0 失点0 自責0

中川皓太 H

防御率0.00 投球回1 球数20 打者5 被安1 被本0 三振1 四球1 死球0 失点0 自責0

澤村拓一 S

防御率0.00 (通算9.00) 投球回1 球数11 打者3 被安0 被本0 三振1 四球0 死球0 失点0 自責0

5/18

メルセデス 〇 (HQS)

防御率0.00 (通算2.44) 投球回7 球数112 打者27 被安5 被本0 三振2 四球1 死球0 失点0 自責0

中川皓太

防御率9.00 (通算0.50) 投球回1 球数21 打者6 被安2 被本0 三振1 四球1 死球0 失点1 自責1

澤村拓一

防御率0.00 (通算7.20) 投球回1 球数15 打者5 被安2 被本0 三振0 四球0 死球0 失点0 自責0

5/19

山口俊

防御率6.75 (通算2.92) 投球回5 1/3 球数112 打者27 被安10 被本0 三振6 四球1 死球1 失点4 自責4

高木京介

防御率0.00 (通算1.54) 投球回2/3 球数10 打者3 被安1 被本0 三振1 四球0 死球0 失点0 自責0

アダメス

防御率0.00 (通算3.00) 投球回1 球数10 打者4 被安1 被本0 三振0 四球0 死球0 失点0 自責0

戸根千明

防御率13.50 (通算1.54) 投球回2/3 球数20 打者5 被安2 被本0 三振1 四球1 死球0 失点1 自責1

田原誠次

防御率0.00 (通算3.86) 投球回1/3 球数3 打者1 被安0 被本0 三振0 四球0 死球0 失点0 自責0

 

 

野手

山本泰寛

5/17 → 1番・セカンド

  1. (1表先頭) ワンバウンドした球に空振り三振 (3球)
  2. (3表2アウト2塁) つまった打球はショートゴロ (3球)
  3. (6表0アウト1塁) 内角の真っ直ぐを見送りフォアボール (7球)
  4. (7表2アウト1塁) ど真ん中のストレートを打つもセカンドゴロ (4球)

5/18 → 1番・セカンド

  1. (1表先頭) ボテボテのショートゴロ (3球)
  2. (3表先頭) 死球を受ける (4球)
  3. (4表1アウト3塁) 外角のスライダーを打つもショートゴロ。3塁走者田中俊が走塁死 (2球)
  4. (6表2アウト1,2塁) 外角のスライダーを打つもライトフライ (6球) 
  5. (9表1アウト1塁) センターへのヒット (2球)

5/19 → 1番・セカンド

  1. (1表先頭) センターへのツーベース (5球)
  2. (2表2アウトランナーなし) 内角の落ちる球を打つもサードライナー (4球)
  3. (4表2アウトランナーなし) 内角のカーブを打つもセカンドライナー (6球)
  4. (7表1アウトランナーなし) ライトへの二塁打 (3球)

 

坂本勇人

5/17 → 2番・ショート

  1. (1表1アウトランナーなし) 外角のストレートを見送りフォアボール (5球)
  2. (4表先頭) 内角のフォークを打つもレフトフライ (3球)
  3. (6表0アウト1,2塁) 低めの真っ直ぐを打つもセカンドライナー (1球)
  4. (8表先頭) 外角のストレートに見逃し三振 (6球)

5/18 → 2番・ショート

  1. (1表1アウトランナーなし) 一度もバットを振ることなくフォアボールを選ぶ (5球)
  2. (3表0アウト1塁) 粘りを見せて8球目にフォアボール (8球)
  3. (4表2アウト1塁) ファウルフライを遠藤(右)がつかんでバッターアウト (2球)
  4. (7表先頭) 外角のストレートを打つもセカンドライナー (1球) 

5/19 → 2番・ショート

  1. (1表0アウト2塁) ランナー2塁からセンターへのタイムリーヒットで巨人先制! 中0-1巨 (1球)
  2. (3表先頭) 一度もバットを振ることなく見逃し三振 (4球)
  3. (5表先頭) 外角のスライダーを打つもショートゴロ (3球)
  4. (7表1アウト2塁) 155キロのストレートを打つもセンターフライ (6球)
  5. (9表1アウトランナーなし) ライトへのヒット (3球)

 

丸佳浩

5/17 → 3番・センター

  1. (1表1アウト1塁) 低めのストレートを打つも4-6-3のダブルプレー (1球)
  2. (4表1アウトランナーなし) 高めのつり球に空振り三振 (3球)
  3. (6表1アウトランナー1,2塁) ライトへのヒット (2球)
  4. (8表1アウトランナーなし) 空振りの三振 (3球)

5/18 → 3番・センター

  1. (1表1アウト1塁) 一塁走者の坂本勇人が盗塁成功でランナー2塁。丸は内角のストレートに空振り三振 (5球)
  2. (3表0アウト1,2塁) 3-2からライトへタイムリーツーベース! 中0-3巨 (6球)
  3. (5表先頭) 内角のスライダーに空振り三振 (4球)
  4. (7表1アウトランナーなし) ど真ん中のスライダーを打つもセンターフライ (2球)
  5. (9表2アウト2,3塁) 内角の真っ直ぐを打つもピッチャーゴロ (5球) 

5/19 → 3番・センター

  1. (1表0アウト1塁) 高めの真っ直ぐに空振り三振 (4球)
  2. (3表1アウトランナーなし) 一度もバットを振ることなくフォアボール (5球)
  3. (5表1アウトランナーなし) 外角のストレートを見送り四球を選ぶ (6球)
  4. (7表2アウト3塁) 敬遠ぎみのフォアボールで歩かされる (4球)
  5. (9表1アウト1塁) ライトへのヒット (5球) 

  

岡本和真

5/17 → 4番・サード

  1. (2表先頭) 外角の変化球を打つもサードゴロ (1球)
  2. (4表2アウトランナーなし) 一度もバットを振ることなくストレートのフォアボールを選ぶ (4球)
  3. (6表1アウト満塁) 1-1からレフトへのタイムリーツーベースで巨人先制! 中0-2巨 (3球)
  4. (8表2アウトランナーなし) ワンバウンドした球に空振り三振 (4球)

5/18 → 4番・ファースト

  1. (1表2アウト2塁) 一打先制の場面で外角のスライダーを打つもセンターフライ (1球) 
  2. (3表0アウト2,3塁) センターへのタイムリーヒット 中0-4巨 (1球)
  3. (5表1アウトランナーなし) 空振りの三振 (5球)
  4. (7表2アウトランナーなし) 外角の真っ直ぐを打つもセンターフライ (2球)

5/19 → 4番・ファースト

  1. (1表1アウト1塁) 一塁走者の坂本勇人が盗塁成功でランナー2塁。岡本は内角の真っ直ぐを打つもセカンドフライ (2球)
  2. (3表1アウト1塁) ピッチャー清水の暴投でランナー2塁。岡本は高めのストレートを打つもライトフライ (5球)
  3. (5表1アウト1塁) 一塁走者丸が盗塁失敗で2アウトランナーなし。岡本は低めのスライダーをレフトへ打ってヒット (5球)
  4. (7表2アウト1,3塁) ランナー1,3塁の1-1からレフトへのタイムリーヒット 中4-3巨 (3球)
  5. (9表1アウト1,3塁) 外角の変化球を打つも4-6-3のダブルプレー (1球)

 

亀井善行

5/17 → 5番・ライト

  1. (2表1アウトランナーなし) 高めのストレートを打つもファーストゴロ (4球)
  2. (4表2アウト1塁) 外角の真っ直ぐを打つもピッチャーゴロ (3球)
  3. (6表1アウト2,3塁) ファーストゴロの間に巨人1点をあげる 中0-3巨 (6球) 

5/18 → 5番・ライト

  1. (2表先頭) レフトへの二塁打 (5球)
  2. (3表0アウト1,3塁) 1-1から併殺打の間に一人ランナーがかえり巨人1点をあげる 中0-5巨 (3球)
  3. (5表2アウトランナーなし) 外角のストレートを打つもレフトフライ (2球) 

5/19 → 5番・ライト

  1. (1表2アウト2塁) ピッチャー清水のワイルドピッチでランナー3塁。亀井は2-1からレフトへタイムリーツーベース! 中0-2巨 (4球)
  2. (3表2アウト3塁) 敬遠ぎみのフォアボールで歩かされる (4球)
  3. (5表2アウト1塁) 外角のストレートを打つもセカンドゴロ (2球)
  4. (7表2アウト1,2塁) 一打同点の場面で外角のフォークを打つもライトフライ (6球)

 

ゲレーロ

5/17 → 6番・レフト

  1. (2表2アウトランナーなし) 内角のストレートを打つもライトフライ (5球)
  2. (5表先頭) 低めのストレートを打つもライトフライ (1球)
  3. (6表2アウト3塁) 内角のストレートを打つもショートゴロ (2球)

5/18 → 6番・レフト

  1. (2表0アウト2塁) 1-0から左中間への2ランホームランで巨人先制! 中0-2巨 (2球)
  2. (3表2アウトランナーなし) 外角の変化球を見送りフォアボールを選ぶ (6球)
  3. (6表先頭) 外角の変化球を打つもサードゴロ (2球)
  4. (8表1アウトランナーなし) 内角の変化球を打つもショートゴロ (4球)

5/19 → 6番・レフト

  1. (1表2アウト2塁) 外角のスライダーを見送り四球 (7球)
  2. (3表2アウト1,3塁) 一塁走者亀井が盗塁成功でランナー2,3塁。ゲレーロは敬遠ぎみのフォアボールで歩かされる (4球)
  3. (6表先頭) 内角のストレートを打つもセンターフライ (4球)
  4. (8表先頭) 内角のチェンジアップに空振り三振 (5球)

 

中島宏之

5/17 → 7番・ファースト

  1. (3表先頭) 空振りの三振 (3球)
  2. (5表1アウトランナーなし) 高めのストレートを打つもセンターフライ (5球)
  3. (7表先頭) ワンバウンドした球に空振り三振 (6球)

5/19 → 代打

  1. (8表2アウトランナーなし) 低めのチェンジアップを打つもセカンドゴロ (4球)

 

炭谷銀仁朗

5/17 → 8番・キャッチャー

  1. (3表1アウトランナーなし) センターへのヒット (4球)
  2. (5表2アウトランナーなし) ど真ん中のスライダーを打つもセカンドフライ (1球)
  3. (7表1アウトランナーなし) 外角のスライダーに空振り三振 (4球)
  4. (9表2アウト2塁) 0-1からレフトへタイムリーツーベース! 中1-4巨 (2球)

 

田中俊太

5/17 → 代打から9番・サード

  1. (7表2アウトランナーなし) 外角のストレートを見送りフォアボールを選ぶ (6球)
  2. (9表2アウト2塁) 内角のストレートを打つもセカンドゴロ (4球)

5/18 → 8番・サード

  1. (2表1アウトランナーなし) 外角低めにズバっと決まり見逃し三振 (7球)
  2. (4表先頭) ツーベース (2球)
  3. (6表1アウト1塁) ライトへのヒット (4球)
  4. (9表先頭) レフトへのヒット (6球)

5/19 → 7番・サード

  1. (1表2アウト1,2塁) 低めのストレートを打つもレフトフライ (2球)
  2. (3表2アウト満塁) ランナーフルベースから外角のフォークを打つもセカンドゴロ (1球)
  3. (6表1アウトランナーなし) 外角のスプリットを打つもセカンドゴロ (4球)

 

陽岱鋼

5/17 → 代打から5番・ライト

  1. (9表先頭) 外角のストレートを打つもサードゴロ (6球)

5/18 → 代打から5番・ライト

  1. (8表先頭) 見逃し三振 (6球)

 

重信慎之介

5/17 → 途中出場で6番・レフト

  1. (9表1アウトランナーなし) センターへのヒット (5球)

5/18 → 途中出場から9番・レフト

  1. (9表0アウト1塁) 高めのスライダーを打つもライトフライ (2球)

5/19 → 代打

  1. (7表先頭) 156キロのストレートを打つもセカンドゴロ (4球)

 

石川慎吾

5/17 → 代打

  1. (9表1アウト1塁) つまった打球はサードゴロ (5球)

5/19 → 代打

  1. (8表1アウトランナーなし) 155キロのストレートを打つもライトフライ (4球)

 

大城卓三

5/18 → 7番・キャッチャー

  1. (2表0アウトランナーなし) 外角のチェンジアップを打つもショートゴロ (5球)
  2. (3表2アウト1塁) 低めのスライダーを打つもライトフライ (4球)
  3. (6表1アウトランナーなし) レフトへのヒット (5球)
  4. (8表2アウトランナーなし) 内角の変化球に空振り三振 (5球)

5/19 → 代打

  1. (9表先頭) 1-0からスタンド上段に飛び込むホームランを放つ 中5-4巨 (2球)

  

増田大輝

5/18 → 途中出場から2番・ショート

  1. (9表1アウト1,2塁) ボテボテのサードゴロ (5球)

 

小林誠司

5/19 → 8番・キャッチャー

  1. (2表先頭) 内角のストレートを打つもライトフライ (2球)
  2. (4表先頭) 内角のストレートに見逃し三振 (5球)
  3. (6表2アウトランナーなし) 空振りの三振 (3球)

 

阿部慎之助

5/19 → 代打

  1. (9表0アウトランナーなし) 内角のカットボールを打つもファーストゴロ (5球)

 

ヤングマン

5/17 → 9番・ピッチャー

  1. (3表1アウト1塁) 見事送りバントを決める (2球)
  2. (6表先頭) ライトへのヒット (1球)     

 

メルセデス

5/18 → 9番・ピッチャー

  1. (2表2アウトランナーなし) 内角の真っ直ぐに見逃し三振 (5球)
  2. (4表0アウト2塁) 見事送りバントを成功させる (3球)
  3. (6表1アウト1,2塁) 内角のストレートに見逃し三振 (3球)

 

山口俊

5/19 → 9番・ピッチャー

  1. (2表1アウトランナーなし) 外角のカーブを打つもピッチャーゴロ (4球)
  2. (4表1アウトランナーなし) 外角のストレートに見逃し三振 (4球)

 

所感

  • 打線は中盤にようやく先制した初戦も含めて3試合とも先制。いずれも4点、5点だったので、まあ良くも悪くも安定していた。
    最低限試合を作ったヤングマン、HQSで余裕のある勝利を呼び込んだメルセデス、調子を崩し気味の山口、それぞれの差がそのまま出た、そんな試合か。
  • もはやメルセデスエースなんじゃね。