Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

京セラドーム久々な気がする

…一か月ぶりだった

 

久しぶりな気がするのはなんでだろう。広島や名古屋の反動だろうか。

外野席も久しぶりな気がする

 

ちなむと明日も土日も行く。

 

 

Game 27 オリックス - ロッテ (京セラドーム)

f:id:tommy______m:20190703213705j:image

 

 

そんなわけで仕事のせいで絶対にプレイボールには間に合わない問題。

荻野貴司の初球ホームランを見れるわけもなく…

 

広島戦で好投した荒西と、最近不調感がすごいボルシンガーの投げ合いだったので、不安この上なかった (オリックス側に行こうかどうか迷ったくらい) のだが、
ボルシンガーは3者凡退で初回を切り抜ける。というか危うく1回の裏も見逃すところだったじゃん…

 

5番・清田、6番・井上、7番・香月…!?前回観に行ったときの打順と大きく違うじゃないか!

ハイライトも最近追えてないしなあ…つらい。

 

そして2回の裏。初スタメンのモヤ。えげつない当たりがライトスタンドに飛んでいく。移籍後初打席でホームラン

 

3回の表に向けて、モヤが守備に就いたところで、スタンドからは、今日一番の歓声が上がる。

 

しかし、その歓声は、間もなく悲鳴に変わる。

田村・藤岡が連打で早々と0アウト1,3塁のチャンスを作ると、
先頭打者HRの荻野貴司が、今度はライトに大きな当たり。
ライト・中川が滑り込むが取れず。
レフトからは犠牲フライのように見えたがタイムリー。

すると、中村奨吾・清田にタイムリーが飛び出し、早くも5-1でロッテが主導権をガッツリ握る。

清田のタイムリーのところで、オリックスは荒西を諦める。

 

そして、変わった吉田一将から、香月一也がライトにドカンと一発

プロ初ホームランらしい。これで3人が還り、一気に7点を挙げるビッグイニング。

そりゃあ、節目のホームランは誰が打ったって現地で見てて感動するものだ。
いつか「香月の初ホームラン現地で見たんだぜ!」と自慢できる選手になってほしい。

 

それにしても、前半にたたみかけるなと言いたくなるくらいの猛攻だった。

f:id:tommy______m:20190703213712j:image

 

3回には福田周平のツーベースなんてのもあったが、無失点で切り抜ける。

 

すると、4回には2アウトから鈴木大地のフォアボール、そして一気に3連打で2点を加えると、とどめはこれ。

今日誕生日だった井上晴哉の、ホームランより珍しいスリーベースで2点が入り、これで12-1と一気に試合が決した。

そういえば去年も井上の誕生日にロッテ戦見てたらしい。昨年は「ハッピーバースデー」のトランペットのところで特大アーチをぶち込んだのが記憶を駆け巡った。今年はスリーベース。誕生日にしっかり結果を出せるあたり、完全にロッテの主力として欠かせない選手だなあと思う。

www.tommyball.jp

 

そんな井上のタイムリーをとどめにして、投手交代。

ブラック企業大賞とれるんじゃないか?山崎福也…いつも投げてる気がする。

 

12-1で4回裏。オリックスは3番・大城からの攻撃。

その大城がツーベースを放つと、続く吉田がタイムリーであっさりと1点を返す。今日はロッテ側で見ているとはいえ、同い年コンビの活躍は見ていてうれしい

まあ、正直、こういう展開だから、多少点を取られても、100球~110球くらいで6~7回は食ってほしいというのが正直なところじゃないだろうか。

 

そしてボルシンガーは2アウトをとったものの、後藤駿太にもヒットを打たれ、ピンチを招いたが、切り抜ける。12-2。

ここまでのアウトは、フライ6つ、三振2つ、ゴロ4つ。確かにちょっとゴロPのイメージとは違うかも…

 

5回も抑えた福也さんが6回もマウンドに上がる。

が、結果的には5回・6回も被安打1に抑えて、無失点で切り抜ける。

 

すると、6回裏、打線がボルシンガーを漸く (?) とらえる。

ランナーをためて駿太のタイムリー。そして、若月への代打・マレーロもタイムリーで続く。

 

ああ~やっぱり捕らえられたか~と思ってたけどどうも怪我?をしての降板らしい。

なおここから西村凌にもタイムリーが出て、最大11点差あったのが、6点差になる。

まあ、それでも、「この回あと1~2点で抑えればまだいける」くらいのメンタルで見れるのが楽なんだけど。

 

しっかし、点差の割に安心してみてられないのは、先頭打者出しすぎ問題。

  1. センターフライ
  2. セカンドゴロ 
  3. ファウルフライ
  4. ツーベース
  5. ヒット
  6. 内野安打
  7. フォアボール
  8. ヒット
  9. フォアボール

いや先頭マジで出しすぎ…

 

まあ勝ったからいいけどさあ…

f:id:tommy______m:20190703213700j:image

 

まあオリックスもチャンスはあったんだけど、この点差だったこともあってちょっと厳しかったなあと。

 

ロッテは打線爆発でなんとか勝ったけど、投手はちょっと不安になるよなあ。という展開だった。
そんな中で初登板の東妻はダブルプレーもあり9回を3人で抑えたのでナイスピッチングだったなあと。

初といえば、香月一也の初ホームラン、三家和真にもプロ初ヒットが出て、東妻の初登板と合わせて、「初尽くし」の1日となった。わーい。

 

 

というか巨人の京セラ主催試合も近い

f:id:tommy______m:20190703213708j:image

ナイツ全開じゃん…笑