Tommyball

コンセプトは「スポーツ×○○」。スポーツに関連するいろいろなものを書いていきます。

パワプロ2018・2019で見る読売ジャイアンツ ④ 外野手編

昨日のシリーズの続き。

第1回が先発投手編で、今回は救援投手編。

www.tommyball.jp

www.tommyball.jp

投手陣は苦しかった。大補強のあった内野陣はどうだろうか。

 

 

外野手

#9 亀井善行 

f:id:tommy______m:20190719150018j:plain

巧打★☆☆☆☆ (ミートE (48))

強打★★★☆☆ (パワーC (63))

走力★★★★★ (走力B (70) + 盗塁C + 走塁C)

強肩★★★★★ (肩力A (80) + 送球B)

守備★★★★☆ (守備力C (61) + 捕球D (51))

かつては怪我に苦しみ続けたベテランも、ここ数年は怪我と無縁の日々を過ごし、今年も規定打席到達ペース。阿部慎之助と並んで、ここぞの場面で一番ファンを期待させられる選手であると同時に、36歳になっても走攻守すべてで衰えを見せないプレーを魅せる。代打○、チャンスAにサヨナラ男と、ここぞの場面で試合を決める能力が、実際につけられている。余談だが初球○とハイボールヒッター持ち。

とはいえ、これまでの故障歴から、ケガしにくさFがついており、あまりスタメンで起用し続けるのもリスキー。かつ、ベテランであることを考慮して定期的に休ませたいし、対左投手Gと明らかに能力が左右で変わることを考えたら、対左投手時にベンチスタートというのが一番理にかなっている。

中の人的理想の起用法: 右投手時ライト + 代打

(参考: アップデート前の能力)

f:id:tommy______m:20190731012826j:plain


 

 

#8 丸佳浩

f:id:tommy______m:20190719150023j:plain

巧打★★★☆☆ (ミートB (70) + 三振)

強打★★★★★ (パワーA (80))

走力★★★★☆ (走力B (70) + 走塁B)

強肩★★★☆☆ (肩力D (59) + 送球C)

守備★★★★☆ (守備力A (80) + 捕球D (51))

今シーズンの補強の目玉にして、プロ野球界でもトップ3に入れる外野手。広角打法で左右に長打を量産し、固め打ちで打ち出したら止まらない。

初球〇 + 選球眼なので、初球からストライクを取りに行くと痛打され、かといってコースを攻めると見極められる。投手からしたらこの上なく嫌な存在だろう。

「2ストライクでもヤマを張るタイプ」だけに、三振持ちはご愛嬌だが、それを差し引いてもAとBの多さに恐れ入る。また、亀井・陽と、ケガしにくさFの多い外野陣の中で、ケガしにくさBと、体の強さも抜群。しかも、外野陣では数少ない対左投手C持ち。

圧倒的な選球眼でチャンスメイクもできるが、チャンスFを考えると、どちらかというと1・2番で使いたい。

中の人的理想の起用法: 2番・センター

(参考: アップデート前の能力)

f:id:tommy______m:20190731012830j:plain 

 

#2 陽岱鋼

f:id:tommy______m:20190719150006j:plain

巧打★☆☆☆☆ (ミートD (54) + 三振)

強打★★★☆☆ (パワーC (69))

走力★★★★☆ (走力B (72) + 盗塁F + 走塁B)

強肩★★☆☆☆ (肩力C (60) + 送球E)

守備★★★☆☆ (守備力C (66) + 捕球D (55))

ファインプレーや、ここぞの一打で、華のあるプレーを見せる台湾の英雄広角打法で左右に長打を飛ばし塁に出ればかく乱で相手の調子を乱す

調子極端はパワプロでも現実でも一緒で、絶好調時はまさに打ち出の小槌だが、調子を落とすと三振や内野ゴロ、ポップフライが続く。今年はとりわけ、主にランナー1塁で芸術のように内野手の正面にゴロを打つため、ちょっとギャンブル要素のある選手。日ハム時代は1番・センターのイメージがあったが、どちらかというと、下位打線であっと言わせる一打に期待する方がいいかも。アップデートで打撃能力が少しアップ (ミート+3, パワー+2)。

巨人に来てからは毎年のように離脱しており、ケガしにくさFもあって、固定するのは不安。右打者ながら対左投手Fを持っているが、どうせ亀井善行も対左投手Gなので、2人の2プラトン起用がいいか。

中の人的理想の起用法: 対左投手時に6〜7番・ライト

(参考: アップデート前の能力)

f:id:tommy______m:20190731012846j:plain 

 

#44 アレックス・ゲレーロ

f:id:tommy______m:20190719150011j:plain

巧打★★☆☆☆ (ミートD (57) + 三振)

強打★★★★★ (パワーB (78) + パワーヒッター)

走力★☆☆☆☆ (走力E (48))

強肩★★★★☆ (肩力B (77) + 送球E)

守備★☆☆☆☆ (守備力E (48) + 捕球E (44))

三塁適正が外れた。まあ中日で本塁打王を獲った来日1年目も、守備の評価は高くなかったし…

チャンスEではあるが、ミートD・パワーBの打力はやっぱり魅力。しかもアップデートでミートが+14というおまけつき。今年の巨人は右中間に守備力の高い選手を置けるため、守備Eもあれば、レフトなら全然ありだろう。初球○のイメージは正直あんまりない。

まあ、ここまでは打率も.220を下回るなど、今後のアップデートで、能力は落ちるのだろうが…

中の人的理想の起用法: 6〜7番・レフト

(参考: アップデート前の能力)

f:id:tommy______m:20190731012842j:plain 

 

#39 立岡宗一郎

f:id:tommy______m:20190719150014j:plain

巧打☆☆☆☆☆ (ミートF (32))

強打☆☆☆☆☆ (パワーF (33))

走力★★★★★ (走力B (70) + 盗塁C + 内野安打〇)

強肩★★★☆☆ (肩力C (67))

守備★☆☆☆☆ (守備力D (55) + 捕球F (35))

2015年に規定打席までは至らなかったものの367打席で.304をマークし、ブレイクした…のが嘘のように、そこからは脇腹の故障をきっかけに打率が急降下。能力だけ見たら、完全に代走要員になっている。チャンスCなどはたしかに魅力的な能力ではあるのだが…ケガしにくさEなのにヘッドスライディング持ちという。

守備固めで使うにはちょっと心もとない守備能力ではあるか…

中の人的理想の起用法: 代走要員 

(参考: アップデート前の能力)

f:id:tommy______m:20190731013137j:plain

 

 

#36 石川慎吾

f:id:tommy______m:20190719150037j:plain

巧打★☆☆☆☆ (ミートE (42))

強打★☆☆☆☆ (パワーE (47))

走力★★★☆☆ (走力C (66))

強肩★★★☆☆ (肩力C (66) + 送球E)

守備★☆☆☆☆ (守備力E (45) + 捕球F (39))

「豪快スイングで お前が打線の起爆剤」という不適切な歌詞の応援歌や、ダイナマイトシンゴという愛称とは裏腹に、走力・肩が高く評価されている。しかも豪快スイングで思い切り引っ張るというよりは、流し打ちという。期待と査定に乖離を感じる。それでもアップデートでミートが+4されているのだ。

対左投手Bなので、陽が対左投手Fであることを考えても、対左投手時にライトで起用、ということはありえるが、ライトで使うには守備力が不安ではある。それに対左投手Fの陽岱鋼 (ミートD・パワーC) との差がひっくり返るかというと…

数年後に、まずはレフトで使えるように、打力をあげるのがいい気がする。

中の人的理想の起用法: 打力を育成

(参考: アップデート前の能力)

f:id:tommy______m:20190731013103j:plain 

 

#67 和田恋

f:id:tommy______m:20190719150042j:plain

巧打☆☆☆☆☆ (ミートF (30) + 三振)

強打★★★☆☆ (パワーC (60))

走力★☆☆☆☆ (走力E (47))

強肩★★★☆☆ (肩力B (74) + 送球E)

守備☆☆☆☆☆ (守備力E (40) + 捕球F (28) + エラー)

肩Bが勿体ないが、外野はある程度メンツが揃っていることを考えると、パワーを鍛えて一塁で使うのがいいか。岡本をサードにおけるため、ビヤヌエバのぶんの外国人枠を投手に使えるのは大きいが、一軍でレギュラーを託すにはもう少しミートも欲しいところ。まあ、パワーはあるが走力はそこまで…という選手の、併殺持ちは仕方ない。

史実では楽天に移籍したが、巨人に残すとしても、もう少し育成…ということになるだろう。

中の人的理想の起用法: 打撃を中心に育成

(参考: アップデート前の能力)

f:id:tommy______m:20190731013055j:plain
 

 

#43 重信慎之介

f:id:tommy______m:20190719150046j:plain

巧打★☆☆☆☆ (ミートE (47))

強打★☆☆☆☆ (パワーE (40))

走力★★★★★ (走力S (90) + 盗塁E + 走塁B)

強肩★★☆☆☆ (肩力C (64) + 送球F)

守備★☆☆☆☆ (守備力E (45) + 捕球F (32))

走力Sはやっぱり魅力。しかも走塁B持ち。おまけにチャンスC。打力がつけば1番・2番で使える。史実では限られた打席数である程度打てているように思うのだが…

守備はちょっと心もとない。今後2〜3年のセンターは丸・陽で安泰と考えると、レフトでいいからスタメンで使えるように…というのであれば、まずはミートをあげるのが最優先になるだろう。

あとは、亀井・陽に続いて対左投手F。レギュラー固定にはこの辺の克服も必要だ。

中の人的理想の起用法: 代走・時折スタメン

(参考: アップデート前の能力)

f:id:tommy______m:20190731012853j:plain 

 

#59 松原聖弥

f:id:tommy______m:20190719150050j:plain

巧打☆☆☆☆☆ (ミートF (36))

強打☆☆☆☆☆ (パワーF (29))

走力★★★★★ (走力A (84) + 走塁A)

強肩★★★☆☆ (肩力C (63))

守備★★☆☆☆ (守備力C (60) + 捕球F (33)) 

育成から支配下登録された俊足の外野手。打撃センスも評価が高いはずだが、一軍レベルではまだアピールしきれていない。

走力Aかつ走塁A、肩・守備ともにCと、身体能力は抜群。捕球Fであるがゆえに守備固め要員とはいかない気もするので、まずは捕球をDくらいまで上げて、一軍で守備要員として使いながら、打力を上げていく、という形になるだろうか。

中の人的理想の起用法: 捕球から育成

(参考: アップデート前の能力)

f:id:tommy______m:20190731013051j:plain 

 

#66 村上海斗

f:id:tommy______m:20190719150055j:plain

巧打☆☆☆☆☆ (ミートG (16) + 三振)

強打★☆☆☆☆ (パワーE (49))

走力★★★☆☆ (走力C (68))

強肩★★★☆☆ (肩力C (60))

守備★★☆☆☆ (守備力E (44) + 捕球E (42)) 

こちらも走力C・肩Cと高い身体能力を誇る、大卒2年目の外野手。とはいえ、松原聖弥に比べると、パワー・捕球以外は劣っており、ちょっと厳しい。まずはミートをGから、最低限Eくらいまであげるのがいいだろうか。

中の人的理想の起用法: ミートから育成

(参考: アップデート前の能力)

f:id:tommy______m:20190731013142j:plain 

 

PS4:プロ野球スピリッツ2019 【店舗限定早期購入特典】海外移籍選手先行入手DLC 配信

PS4:プロ野球スピリッツ2019 【店舗限定早期購入特典】海外移籍選手先行入手DLC 配信

 
PSV:プロ野球スピリッツ2019 【店舗限定早期購入特典】海外移籍選手先行入手DLC 配信

PSV:プロ野球スピリッツ2019 【店舗限定早期購入特典】海外移籍選手先行入手DLC 配信